在宅ワーク,記事作成サービス,副業

Yahooアカウントでログイン
2022/4/6(水)をもちまして、
Yahoo!JAPANログインの連携機能を停止いたしました。
現在、Yahoo!JAPANログインを
お使いの方は、こちらより、パスワードをご発行ください。

サグーライティングについて

ランキング

»  ランキングの続きを見る

新着ニュース

»  新着ニュースをもっと見る

フリーナンス
サグーライティング投稿マニュアル

想定読者

想定読者というのは「作成した記事を読んでもらいたい相手」のことです。指定がないこともありますが、指定がある場合にはそれを意識して記事を書くようにしましょう。
ただし、想定読者以外の人が読めないようなものにする必要はありません。飽くまでも想定読者を“中心に考える”という意味になります。
よくある想定読者の例をご紹介します。

1. テーマやキーワードに興味がある人

この指定があった場合には、テーマやキーワードがどんな人に興味を持たれやすいのかを想定して記事を作成します。例えばテーマが「高校受験」であれば、中学2年~3年生くらいの男女、その保護者(40代~50代)などを想定して書くとよいでしょう。想定が難しい場合には、Q&Aサイトなどでテーマを検索してみて、どのようなプロフィールの人が質問しているのかをチェックしてみるという方法もあります。

2. テーマやキーワードについての初心者

想定読者に「初心者」と書かれている場合には、全く知識のない人でもわかるような書き方をする工夫が必要です。あまり専門用語を使用せず、使用する場合には解説を入れるなどして、誰にでもわかるような内容を心がけましょう。

3. 年代・性別など(例:20代~40代・女性など)

年代や性別など細かい指定がある場合には、まず自分自身や周囲にいる人を当てはめて考えてみるとよいでしょう。ちょうど指定通りの人が周りにいない場合には、インターネット上で条件に当てはまる人物がどのようなことに興味を持っているのかを軽く調べてみます。性別の指定が女性であれば柔らかい書き方を、男性であれば簡潔な書き方をといった形で、ある程度のイメージを作っておくと便利です。