サグーワークスオンライン記事発注で理想の記事をつくるコツ

オンライン発注では、基本的にお客様自身で発注内容を記載していただいております。
依頼時の記入内容によって出来上がりの記事が大きく変化いたしますので、発注内容の書き方についてポイントをご紹介いたします。

1、ライターに勘違いをさせないコツ

~ 依頼したかった内容と違う記事ができてしまうことを防ぐために ~
「何を」を明確に伝える

サグーワークスのライターは、人によって知識の幅が異なります。web上で調べることは可能ですので、「何を」を伝えることがポイントとなります。

具体的な”モノ”や"サイト"を提示する

似た製品が存在して判別がつきづらい時や、特定の前提知識が必要な時は、商品をピンポイントで示したり参考サイトを提示すると勘違いを防ぐことができます。

例)×在宅で稼げるライティングサービス ⇒ 〇サグーワークス(https://works.sagooo.com/)

2、ライターに”より”正確にイメージを伝えるコツ

~ 作成したい記事をより正確につくるために ~
どんな記事を届けて、どんな影響を与えたいのかを伝える

作成したい記事のイメージをライターが確実につかめるよう、以下の記入項目を特に意識してください。

記事の概要

記事タイプ

記事タイプは、ライターが大まかに記事の内容を把握する際に見られます。選択肢の中からもっとも当てはまる記事タイプを選択してください。

※ 特定のものを説明する記事でも、感想や意見を含めてよいものは「コラム」に分類されます。

記事の内容

記事の内容には、記事の全体像及び目的を記入します。どんな記事によってどんな影響を与えたいかを、ライターがイメージしやすいようにご記入ください。 記事のゴールを示すことにより、執筆とチェックにおいて方向性が間違っていないか確認することができます。※記事ごとに指定が異なる場合は、「個別の指定事項」にご記入ください。

例)×ライター向けのコラム ⇒ 〇新人ライターが執筆のコツを理解でき、クライアントの要望を記事に反映した記事を書けるようになる

記事のテイスト

目線

目線とは、記事を書く人の立ち位置を示します。

  • 第三者(客観的)目線:用語の説明文のような、主観を入れたくない場合に使用します。
  • 主観目線:体験談を書いたり、感想やおススメを含めた記事を作りたい時に使用します。
  • その他(自由記述):「学生を応援する講師の目線で」など、特殊な目線を設定する場合に使用します。
例文

特定の形式でコンテンツを作成したい場合、例文を使ってイメージを伝えることができます。段落構成やルールとして形式を伝えづらい時に使うことで、認識の祖語が発生しづらくなります。

簡単設定

細かく設定

➀ 記事ごとの指定事項

記事ごとの指定を行う際に使用します。記事の構成や含めたい内容などはこちらにご記入ください。また、特定の商品やサービスの紹介を作成する場合は、この指定事項欄に名称やURLを指定することによって認識の祖語を防ぐことができます。

➁参考テーマ(細かく指定時のみ)

参考テーマは、タイトルを指定しない場合に記入することができます。記事ごとに細かく内容を指定しない場合、参考テーマを使用することをお勧めします。 専属依頼以外の場合は複数のライターが記事を執筆するため、記事ごとに指定がない場合は同じような内容の記事ができあがってしまうことがあります。参考テーマで記事ごとに変化をつけることで、記事内容の重複を防ぐことができます。

例)在宅ワークをおススメする記事の場合
 ⇒参考テーマ:「在宅ワークとは」「在宅ワークのメリット」「在宅ワークの種類」

③キーワード

キーワードは記事中で必ず使用するように設定されます。キーワードだけでは内容が伝わりづらい時もあるため、参考テーマや個別の指定事項で補足することをお勧めします。

例)「20代」「美容」というキーワード指定のみの場合、キーワードを含んでいれば以下3パターンのいずれも承認となります。

A:美容に敏感な20代におすすめの化粧品の紹介
B:20代男性に人気の美容に良い食べ物の紹介
C:20代の美容の悩みについて

3、間延びや、詰め込み過ぎの記事を防ぐコツ

~ 自然な文章を作成するために ~
文字数の枠に収まるか・少なすぎないかを意識する

発注時に設定した文字数の範囲を守って記事を執筆することになります。執筆が難しい状況にならないように注意すると、より自然な文章が出来上がります。 迷った場合は、文字数上限を大きめに設定することをお勧めします。※お見積り時にサポートさせていただきます。

記事の構成

記事タイトルとキーワード

記事タイトルの設定にて「ライターが執筆時に作成」を指定した場合、タイトルに含めるキーワードを詳細設定にて指定することができます。 キーワードを複数設定した場合、文字数制限によって自然なタイトルが作成できないことがあるため、キーワードを設定する場合は文字数の上限に余裕を持たせて設定してください。

例)指定キーワード「コンテンツマーケティング(12文字)」「メリット(4文字)」「デメリット(5文字)」合計21文字 文字数設定「5文字~25文字」⇒コンテンツマーケティングのメリットとデメリットとは(25文字)

段落数の設定

段落数の設定で重要なことは、文字数と内容の濃さのバランスです。特に、細かく内容を指定する場合は、文字数に対して内容が多すぎないかを一度ご確認ください。

例)文字数が内容に対して明らかに足りない⇒文字数を増やすか内容を削る
コンテンツマーケティングの基本的な手法と、実際どのような手順で進めていくのかを紹介する
300文字

例)文字数が内容に対して多すぎる⇒文字数を減らすか内容の幅を広げる
 コンテンツマーケティングを継続する必要性を解説する
5000文字

関連ページ