System check

サグーワークスのシステムチェック

長年、SEOを中心としたWebコンサルティングを提供するウィルゲートが自社開発した独自のシステムチェックツールで人の目ではチェックしきれない部分もチェックした上で安価・高品質の高い記事を納品します。

システムチェックでわかること

  • 1、データベース重複チェック

    過去サグーワークスで執筆されたテキストと重複(コピペ)がないか、データベースとの重複率を計測・確認した上でご納品するので、webに掲載される前のコンテンツの使い回しを防ぎます。

  • 2、投稿制限

    執筆ルールをシステムで制限をすることで、ルールの漏れを防いで納品します。

    制限設定が可能なシステムとしては下記のとおりです。
    ・固定のタイトルや見出し
    ・記事全体の文字数
    ・タイトルや見出し、段落ごとの文字数
    ・段落数
    ・キーワードの使用回数
    ・使用禁止キーワード
    ・NGライターの設定
    など

  • 3、web重複チェック

    Web上に存在するテキストとの重複チェック(コピペチェック)することで文章の無断盗用や似たような記事の投稿がないかを確認し、オリジナリティのある記事の納品を実現します。 一定の重複率を超えたものを検出し、検出結果は目視チェック者がわかりやすいように表示し、容易に判定できるようなシステムになっています。

コピペチェックの重要性

著作権侵害

コンテンツを作った人の思想や感情を含んだもの、表現したものを著作物といい、これを無断で盗作・盗用することは著作権侵害という犯罪になります。

著作権の侵害は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金、著作者人格権、実演家人格権の侵害などは、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金などが定めれれています。 法人などが著作権等(著作者人格権を除く)を侵害した場合は、3億円以下の罰金となります。

【引用:プロモニスタ】
https://promonista.com/google-algorithm/#_Toc435798897

Googleペナルティ

GoogleはWebサイトの評価、検索順位を決める際にコンテンツの質を非常に重要視するアルゴリズムを取っています。内容が薄かったり、無断でどこかから複製、転載しているようなコンテンツがある場合、Googleは低品質なコンテンツを保持するサイトとして評価を下げ、時にはGoogleペナルティを受けてしまう可能性もあります。

一度Googleから低評価やペナルティを受けてしまうと、検索結果に表示されにくくなったり、もとの順位に戻すのに非常に多くの時間と労力が必要になってしまいます。

専属のディレクターが担当!

オーダーメイドプラン

ディレクターがご要望をしっかりとヒアリングし、ご希望にあった記事プランをご提案します。記事の内容を相談しながら仕様を固めていきたい方に向いています。 さまざまなパターンに対応でき、品質の高い記事が期待できます。

すべてwebで完結!

オンライン発注プラン

web上で募集したい記事の情報やキーワードなどを入力し、そのままご発注いただけるプランです。記事のルールや仕様、キーワードなど固まっている方に向いています。 すべてweb上で完結するため、素早く記事が手に入ります。