具体例で分かる!ライティングにおける内容の「薄い」と「濃い」文章の違い

具体例で分かる!WEBライティングにおける内容の「薄い」と「濃い」文章の違い

クライアントはWebライターに「内容の濃い」文章を望んでいます。読者の時間を割くに値する内容がなければ、Web記事が拡散しにくいからです。しかし、経験の浅いライターにとって「内容が濃い」という意味が分からず、悪気のないまま「内容が薄い」文章を書いてしまうケースもあります。内容が薄い文章は非承認を受ける可能性も高く、早急に改善する必要があります。

ここでは、具体例を挙げながら内容の濃い文章について考えていきましょう。

表現が曖昧な文章は「内容が薄い」と思われがち

日常会話でよく知らない話題が出ると「〇〇でしょうね」と曖昧な返事をしてしまうことは多いでしょう。
文章においても、無意識のうちに知らないジャンルへの言及はぼかしてしまいがちです。結果、読者から「このライターはテーマに詳しくないな」とバレてしまうような、内容が薄い記事が完成するのです。

「北欧家具は素敵です。たいへん人気があり、注目されています」という文章を読むと、具体性がなく、内容が薄いのが分かるでしょう。

一方で「北欧家具は自然色を貴重にした外観と、実用性を重視したデザインで世界中から人気があります」という文章を読めば、比較的「内容が濃く」なっているのが分かります。

主張の根拠を深く追求し、具体的に論旨を展開させることで、「内容の濃い」文章はできると覚えておきましょう。

分かりきった事実を書いた文章は「内容が薄い」

読者は新たな知識を求めてWeb記事を読んでいます。そのようななかで、誰もが知っている常識が混ざっていたら「わざわざ読まなくても知ってるよ」と反感を抱いてしまうでしょう。
内容の薄い文章の特徴として、書く必要もないような当たり前の知識にボリュームが割かれているという点が挙げられます。

「この世には男と女がいます。男と女は結婚し、家族を形成します」といった一般常識が連なっている文章には魅力を感じにくいでしょう。

逆に、あまり知られていない視点が追加されると「内容が濃い」文章だと思われやすくなります。
「結婚といえば男女間で行われるものという固定観念がありますが、近年では同性婚も認められるようになってきています」

「内容が濃い」文章のためには、知る人の少ない情報を加えるようにしましょう。

「内容が濃い」文章とは「役に立つ」文章のこと

貴重な情報を提供しているつもりなのに、なぜか「内容が薄い」と指摘されてしまうライターもいます。それは、文章が「役に立たない」内容だからかもしれません。

記事を読んで生活に役立てたいと思っている読者は多く、いくら貴重な情報でも実践しにくい内容では、興味を引かれないのです。

「就職面接では志望動機や自己PRに多くの時間が割かれます。そして、面接官は志望者の企業への適性を審査しています」という文章は、確かに就職面接の内容を紹介しているものの、実践的なアドバイスがないのであまり役立たないでしょう。

「就職面接では志望動機や自己PRについて質問されるので、事前に自己分析をして回答を準備しておく必要があります。具体的には~」という風に、読者が知りたがっている情報を中心に書くと「内容が濃く」なっていきます。

出典元を示すことで「内容は濃く」なる

ライターの自由な意見が必要とされない記事は予想以上に多いです。Webライターの資質として事実をリサーチしたうえで、役に立つ教訓を導き出すスキルが求められています。主観に偏った意見は「内容が薄い」と思われてしまうでしょう。

「残業代の未払いはあちこちで問題になっています。企業が莫大な未払い金を返済要求されるケースもあります。労働者は残業代の未払いに声を挙げましょう」と書かれていても、説得力が乏しく、内容が詰まっていないのが分かります。
読者は何が知りたくてこの記事を読んでいるのか、という視点を常に持って執筆をするといいでしょう。

「大手運輸会社での残業代未払い金がさらに拡大していることが分かりました。残業代の未払いを巡る争いは社会問題となっていますが、労働者側にとって有利な事例となるでしょう。参照URL: http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1706/21/news128.html

このように、参照元をはっきりとさえ、事実を根拠に論理を述べれば記事の「内容は濃く」なります。

▼内容の濃い文章作りが出来るようになるには、様々なジャンルの記事を書いてみるといいです。
サグーワークスには幅広いジャンルの案件募集があるのでお勧めですよ。
468_60

こぶたのまとめ

「内容が濃い」文章を書くには

  • 具体的に書く
  • 当たり前のことを書かない
  • 役立つ情報を加える
  • 参照元情報を記載する

 
 
「内容が濃い」記事を書けるようになると受注が増え、ライターとしての成功につながります。

この記事をシェアする

ページトップへ戻る