知らないと恥ずかしい!間違った意味で使われやすい言葉まとめ

知らないと恥ずかしい!間違った意味で使われやすい言葉まとめ

▼日本語を正しく使ってWebライティングでお金稼ぎ!
468_60

Webライターに必要なスキルのひとつに語彙力があります。語彙力を高めることは文章の幅を広げ、ライターとしての文章力を上げるのに役立ちます。しかし、知的に見せようとして使った言葉が、実は間違った使い方だったらどうでしょう。

普通の人ならちょっと恥ずかしい、で済むかもしれませんが、Webライターの場合は間違った文章がいつまでも証拠としてネット上に残ってしまうため、知らなかったでは済みませんよね。

そこで今回は、Webライターなら知っておきたい間違えやすい言葉について説明します。

全く逆の意味になってしまう言葉の間違い

例えば、「おもむろに」という言葉は漢字で書くと「徐に」となり、本来の意味は「落ち着いてゆっくりと行動するさま」となっています。ところが、「不意に」という意味として勘違いしている人が非常に多く、間違って使われることが多い言葉です。
例文を以下に挙げると、

おじいちゃんがおもむろに立ち上がった

〇「おじいちゃんがゆっくりと落ち着いた様子で立ち上がった」
×「おじいちゃんが突然立ち上がった」

このように、ちょっとした間違いが文章全体のイメージをガラリと変えてしまうこともあるので気をつけましょう。

1人で「爆笑」は間違い?

「爆笑」とは、大勢の人が一斉に笑う様子を表したものです。そのため、ひとりで大笑いしたときに「爆笑した」というのは間違っていると指摘されることもあります。

ただし、辞書によっては、爆笑の本来の意味は「ふきだすように大きく笑うこと」であり、笑う人数は関係ないと記載されているものもあります。
実際に、古い文芸作品でもひとりで大笑いしている様子を「爆笑」と表現している人もいるため、あながち完全なる間違いとも言い切れません。

また、ひとりまたは数人がワッと笑うことの意で用いられると補説を入れている辞書も増えています。
このように、専門家のうちでも意見の分かれる言葉は、誤解をさけるためになるべく使わないようにするか、元々の意味として認知されているものを使うことも大切です。

鳥肌が立つはどんなときに使う言葉?

「鳥肌が立つ」というのは、寒い時や恐怖で皮膚に鳥肌が現れることを指した言葉です。ぞっとする、不快だ、という意味で使われ、不快感を表す言葉のひとつです。ところが、「感動して鳥肌が立った」「興奮して鳥肌が立った」というように良い意味として使う人も増えています。しかし、これは明確な間違いです。

似たような言葉として「寒気立つ(そうけだつ)」や「身震いする」などもありますが、いずれも恐怖やおぞましさ、寒さといった不快感を表す言葉であり、良い意味ではありません。感動を表す言葉は表現法も豊富です。
似たような感覚を表現したいならば「震えた」「ぞくぞくした」「しびれた」という表現を使ってみてはいかがでしょうか。

間違った意味で使われやすい言葉

他にも、間違った意味で使われやすい言葉には以下のようなものがあります。

破天荒

〇誰も成し得なかったことをする
×大胆不敵な様子

姑息な

〇一時しのぎ
×卑怯な

失笑

〇思わず笑いだす
×馬鹿にして笑う・あきれる

敷居が高い

〇相手に負い目がありその人の家に行きにくい
×高級すぎて入りにくい

話のさわり

〇話の要点
×話の最初

悪びれる

〇恥ずかしがる、卑屈になる
×虚勢を張る

確信犯

〇正しいことだと思い込んで犯罪を犯す
×悪いことだとわかっていて犯罪を犯す

普段の会話のなかに出てくる言葉でも、意外と間違った認識で使っている人は多いのではないでしょうか。しっかり意味を理解して、文中で違った意味として使用しないように心がけたいですね。

間違った言い方をされやすい言葉

次に、意味ではなく言い間違いが多い言葉も紹介します。Webライターが文中で使うことも多い言葉なのでチェックしてみましょう。

声を荒げる
〇声をあららげる
×声をあらげる
〇押しも押されもせぬ
×押しも押されぬ
〇足をすくう
×足元をすくう
〇触手を伸ばす
×食指を伸ばす
〇上には上がある
×上には上がいる
〇采配を振る
×采配を振るう
〇愛嬌を振りまく
×愛想を振りまく
〇熱に浮かされる
×熱にうなされる

普段、当たり前のように使っていた言葉が実は間違っていた、というのはよくある話です。こうした間違いを防ぐためにも「あれっ?」と思ったら辞書を引くことを習慣にしてみましょう。

テレビのニュース版番組でアナウンサーが話している言葉に違和感を覚えた場合は特に、自分が間違った使い方をしているかもしれませんよ。

▼サグーワークスでたくさん記事を書いて文章力を上げていきましょう
詳細と無料会員登録はこちらから
468_60

こぶたのまとめ

  • 間違った意味で使われる言葉に注意する
  • 間違った言い方をしていないかチェックする
  • 新聞やニュース番組などを参考にして、日頃から正しい日本語に触れる機会を持とう

 

この記事をシェアする

ページトップへ戻る