孤独な専業主婦にこそおすすめ!webライターなら社会とつながる

孤独な専業主婦にこそおすすめ!webライターなら社会とつながる

専業主婦は忙しい上、社会に出る機会が少ないため、他人とあまりつながる機会はないかもしれません。パートなどで外に働きに出る方法もありますが、まだ子供が小さかったり介護があったり、外に出る体力に自信がない人もいるでしょう。

そんな人には「webライターの仕事」がおすすめです。webライターは在宅で行う仕事ゆえに他人と会う機会は少ないですが、ネットでさまざまな情報を得たり、編集者と連絡を取ったりする機会も多く、社会とつながるきっかけにもなります。

在宅ワークだけど、社会とのつながりが得られる仕事

webライターの仕事は、いろいろなテーマを記事に仕上げていく仕事です。主婦が得意とする料理や家事の記事もあったり、不動産やクレジットカードといった専門分野もあったりします。すべてにおいて言えるのは「入念な下調べ」をして記事を書くことです。例えば、主婦が得意な「掃除」の記事であっても、重曹で落とせる汚れは油汚れのほうが効果的といった細かい情報を調べて書く必要があります。こうした入念な下調べは普段の生活ではあまり行うことは少ないでしょう。

webライターの仕事は、自分の知らなかった知識をたくさん取り入れることができます。それは今まで自分が興味のなかったことも知るきっかけになり、今何がトレンドなのか、社会で起きている問題はどのようなものかなど、多くの社会的知識を得られることができます。直接人と会うことは少ない仕事ですが、多くの情報を常に取り入れ、社会とのつながりを感じられる仕事です。

編集者とのコミュニケーションもあります

webライターの仕事は、在宅で好きな時に好きなだけできるメリットがあります。しかしその一方で、家にこもって1人でひたすらパソコンをたたくイメージもあるかもしれません。確かに誰とも話さず、誰とも会わないときもあります。

ただ、単価の高い仕事になると難しい記事を任されることも多く、編集者との打ち合わせが必要になることがあります。チャットワークを介したメールが多いですが、時には電話で話すこともあります。編集者と連絡を取り合うことは仕事を任されている責任感も出ますし、仕事仲間としてのつながりを実感することもできます。webライターの仕事は慣れてきた頃から多くの人と連絡をすることが増えるため、孤独を感じることはまずないでしょう。

直接他のライターに会う機会も!

サグーワークスでは、年に数回「オフ会」が開催されています。開催内容によってはプラチナライター限定だったり、人数が限られたりしていますが、オフ会の多くは希望すれば参加できることが多いです。これはサグーワークスに限らず、多くのソーシャルサイトでも行われているようです。

普段メールでしか会話していない編集者の方と会えたり、同じwebライターの仕事をしている人と知り合いになれたりする絶好のチャンスです。いつもは1人で仕事をしていても、オフ会に参加することで同じような環境で仕事をしている人とつながることもできるでしょう。また他のライターと知り合って仕事の情報を共有することにより、さらなるスキルアップへつなげることができます。

web上で他人とのつながりを感じることも

webライターの仕事は、自分の書いた記事がネット上で多くの人に読まれるものです。サグーワークスでは、書いた記事がどこに掲載されているのか分からないこともありますが、プラチナ案件で書いた記事は指定されたサイトに載っていることも多く、たくさんの人に読まれていることを実感することもできます。

書いている間は1人で作業を続けるため、孤独を感じることもあるかもしれません。しかし、自分の書いた記事が広くたくさんの人に読まれていることが分かれば、他人とのつながりを実感するとともに、仕事のやりがいを感じることもできます。

こぶたのまとめ

  • webライターの仕事は社会的知識を学べて、社会とのつながりを感じることができる
  • 編集者とコミュニケーションを図ることが多い
  • オフ会で他のライターと出会う機会もある
  • web上で他人とのつながりを感じることもできる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・9人 / いいえ・・・1人
  • Webライターは書いている間は孤独を感じるというのが共感できました。また自分の書いた記事がネット上に多くの人々に読まれるというのはライターとしてはうれしい限りであり、読んでくれる人がいればそれがやりがいを感じるということで、この仕事は素晴らしいなと再認識しました。
  • 主婦がWEBライターをするメリットがよくわかりました。私は現在、子育て中の主婦ですが、確かに関わることのある人々は家族や子供のお友達のママなど限られてています。WEBライターとしてお仕事をすれば、今の自分とは触れ合うことのできなかった世界を知ることができ、やりがいも感じられると思います。子育ては楽しいですが、それも子供達が大きくなるまでのことですし、それが自分のすべてではありません。その後の自分の人生のためにも、他の世界とのつながりを持っておくことは大事なことだと思いました。
  • 子育てが落ち着いてからサグーワークスを始めたので、孤独を感じることもありましたが、これからライターを続けていく上で、どのように社会と繋がっていくのかが勉強になりました。他のライターさんとの交流もあるようなので、孤独感もなくなりライターを続けていくのが楽しみです。
  • 私自身、サグーライティングを始めたことで、普段は自分から調べないような分野の事も検索するようになり、知らなかった知識が得られていると実感しています。他にも、専業主婦が社会と繋がるツールとして活用できているという点で共感出来ると思いました。
  • 主に主婦を対象にした記事だったため、男性のわたしに直接当てはまるというわけではありませんでした。またわたしもWEBライティングをしていますが、自分の知らない分野に手を出すことに難しさを感じています。ある程度の知識がある分野しか依頼を受けていません。新たなジャンルに目を向けることにも挑戦したいという思いになりました。
  • 専業主婦になりライターのお仕事を始めました。確かにライターは人と直接的に関わるお仕事ではないですが、ネット上で社会的知識に触れたり新しい情報を習得することができています。このままライターのお仕事を続けて、自分の書いた案件の記事をたくさんの人に目を通してもらう機会を作ることで、他人との繋がりも実感したいなと思いました。
  • ライターは、黙々とパソコンに向かって仕事をするもの、というイメージがありました。しかし、確かに下調べは入念にしないと書けないし、編集者さんともやり取りをするんだと、びっくりしました。新しい知識を得ることができるし、編集者の方や他のライターの人とも話す機会があるので楽しそうだと思いました。
  • webライターのお仕事は、多くの社会的知識を得られるお仕事なのだなと思いました。編集者の方や、他のライターさんともコミュニケーションを取れる場面がたくさんあるので、人や社会とも繋がれる素敵なお仕事だということがわかりました。
  • 孤独を嫌う人もいれば好む人もいます。ただ、webライターという仕事は自宅で一人黙々と作業をするだけではなく、人とのつながりがあってコミュニケーションを取り合いながら進めていくものなのだと知りました。一つの作品を作り上げるためには色んな人との共同作業で成し得ているということが伝わってくる記事でした。
  • 働く=出勤するというイメージでしたが、家にいながら仕事ができて社会と繋がれるというのは新鮮だと感じました。WEBライターはライフスタイルや家庭環境が変わったとしても続けていくことができ、また、人との繋がりも生まれる仕事なので、新しい働き方として多くの方に知ってほしいと思いました。
ページトップへ戻る