文章力の高さとは?必要とされるライターになるために!

文章力の高さとは?必要とされるライターになるために!

プラチナライターのみならず、webライターとして活動していくためには、高い文章力が求められます。高い文章力と聞くと、著明な作家が書いた独自の表現や、評論家が書く理路整然としたものといったイメージを浮かべる人もいるかもしれません。しかし、良いコラムといわれるものには、あまり独自性や芸術性はなく、読みやすい、わかりやすい文章が多いように思われます。それは、どういうことなのか?具体的に、文章力の高さとその要素について考えていきましょう。

基本的な日本語が使いこなせるか?

私たちは、普段から会話で何気なく日本語を使っています。しかし、いざ文章にしたためるとなると、途端にどのように書いていいのかわからなくなるという人も少なくないでしょう。それは、会話では言葉以外での情報が、イメージの穴埋めをしてくれるからです。文章では、言葉のみで相手に伝えなければなりません。そのため、最低限のルールに沿った言葉遣いをしないと、相手に上手く伝わらないという事態になります。

なかでも、webライターとして気をつけたいポイントは、わかりやすさです。わかりやすい文章を書くためには、主語と述語がはっきりしていることが挙げられます。例えば、「このプリンは甘い」であれば、主語がプリンで甘いが述語です。この程度の短さであれば瞬時に理解できますが、「大きな机の上のプリンは私のもので甘い」となると、少し理解に戸惑いが出てくることでしょう。それは、主語と述語が文の中に埋もれてしまい、わかりづらくなっている点にあります。

また、大きいのがプリンなのか机なのかもわかりづらくなっています。ちなみに後者も、主語はプリンで術後は甘いです。言葉の順番や組立て方ひとつで解釈が変わってしまうのが文章です。わかりやすくするためには、何通りも解釈の余地がない、すっきりした言葉を使う必要があります。

適切な文の長さと段落分けがわかりやすい文章をつくる!

わかりやすい文章を書くためには、適切な1文の長さを知っておくと良いでしょう。具体的には、1文あたり50文字前後が適当とされています。1文が長すぎると、主語と述語が離れすぎてどれとどれが対応しているのかわかりにくくなってしまうのです。

例えば、

兄はプロ野球が好きで応援に行くことが多くて、夢中になっていた兄は私を誘って一緒に野球を始めたが、私のほうがうまかったのでいじけてしまった

これは、1文に情報が詰め込まれすぎて内容がわかりにくくなっています。このような場合では、意味のかたまりごとに区切ると読みやすい文に早変わりします。

兄はプロ野球が好きで、よく応援に行っていた。夢中になっていた兄は私を誘って一緒に野球を始めた。しかし、私のほうがうまかったので、兄はいじけてしまった

このように短く区切れば、パッと見て理解できる文章になります。段落でも同様に、ある内容に沿ってまとめることでわかりやすい文章になります。

どれだけ人を惹きつけられる?キャッチ―かつ新鮮なキーワードを!

適切な言葉遣いや文の書き方は、webライターとして活動していくうえで必要不可欠な要素です。しかし、それだけでは文章力の高いライターとして需要を勝ち取ることは難しいでしょう。わかりやすい文章が書けるようになったうえで、そこからさらに上を目指そうと思えば、人を惹きつける言葉のセンスを磨くことが重要です。

ある情報をまとめてそっくりそのまま記事をつくるというのであれば、ほとんどコピー機の印刷と変わらないでしょう。ちらばった内容を、ある目的に沿って統一して魅力的な文に昇華できるかどうか。高い文章力とはそのようなクリエイティブな側面も持ち合わせているように思います。そのためには、タイトルや小見出しにこだわる必要があります。パッとみて、「なんだこれ?」「読んでみようかな」と興味を引くのは、タイトルや小見出しの魅力によりけりです。「~について」「~の方法」など工夫の少ない言葉を使うのではなく、少しひねった言葉遣いをしても良いでしょう。

例えば、「彼氏ができるための5つの方法」というタイトル。少し味気ないように感じませんか?これをちょっと工夫すると、「ポイントはたった5つ!驚きの彼氏ゲット法とは!?」少し順番を変えたり言い回しを変えたりするだけで、同じような意味でも伝わり方は変わるものです。

やっぱりこれが大事!情報の信頼性

魅力的な言葉を使ってわかりやすい文章をつくれるということが、高い文章力の要素といえます。しかし、それだけでは良い記事は仕上がりません。最終的に重要なのは、記事の内容が信頼できるものかどうかです。とりあえず読んでみたものの、内容はどうにもうさんくさいものばかりで、からっきし信用できないというような判断をされてしまうと、ライターは仕事を失ってしまいます。

いかにオシャレな文章で表面だけ取り繕っても、内容のない文章はどれだけ飾っても必要とされないでしょう。特に医療や法律系の記事を書く際には、専門用語のひとつひとつの理解を徹底的にしておく必要があります。webで公開された根拠のない記事を参考にしたために、健康被害が出てしまった例も過去にあります。記事の信頼性は、ライターとしての生命線といって良いでしょう。確かな根拠を得るために、情報収集や確認作業などを怠らないという姿勢が大事です。情報の信頼性を高めることが、文章力の高さを保証しています。

こぶたのまとめ

  • わかりやすい言葉を使える
  • 文の長さや段落分けが適切
  • キャッチーかつ新鮮な言葉を使える
  • 情報に信頼性がある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中