初心者必見!サグーワークスが求めるプラチナライターの文章力の高さとは?

▼サグーワークスにまだ登録していない方はこちらから無料会員登録をしてください☆
468_60

ライターの仕事で生活するためには、まとまった収入を得る必要がでてきます。しかし、現実は厳しく、1文字あたり0.2~0.3円の案件や、それ以下の案件も少なくありません。もし、「目標:1万円」を掲げても、ゴールを果てしなく遠く感じる人もいるでしょう。

そんななか、おすすめしたいのがサグーワークスのプラチナライターです。プラチナライターのみを対象にしたプラチナ案件は、高単価案件が一般的です。中には1文字1円以上の案件もあります。そのため、効率よく収入を得たい人にとっては魅力的な存在ではないでしょうか。

ただし、プラチナライターになるためには、質の良い記事を書く必要がでてきます。ここでは、サグーワークスが求めるプラチナライターの文章力の高さについて、自身の体験も含めてまとめました。

求められるのは難解な文章ではない

まず、結論からお話しましょう。プラチナライターに求められるのは、博士論文のような難解な文章ではないということです。もちろん、記事を書くときに読者層を意識することは不可欠です。

たとえば、医療福祉関係やIT関係など、専門職の人が対象のときは、専門用語を駆使しながらレベルの高い記事に仕上げる必要があります。しかし、多くの場合、対象となる読者は不特定多数の人です。そのため、誰が読んでも理解できる、わかりやすい内容にすることが大切なポイントになります。

ところが、難解な内容を噛み砕き、わかりやすくまとめるのは並大抵のことではありません。文字数が少なくなるほど、対象の絞り込みや内容の要約が大変です。また、簡単に書こうとすればするほど難しくなるのです。

子どもを含めた学習の場でみんなが理解するためには、子どもにわかるように説明する必要がありますよね。記事を書くときも同じではないでしょうか。ちなみに、サグーワークスでは中学生が理解できるくらいの文章力が求められます。しかし、実際に書いてみると思った以上に難しいことがわかります。

書き方のポイントを押さえよう

文章を書くときは、全体の流れがスムーズなことが大切なポイントといえます。そのためには一文ずつの構成が重要です。主語と述語の関係がはっきりわかるように意識しましょう。また、主語と述語の距離が近いほうがわかりやすい文章になります。そのうえで、文章を飾らないでシンプルにまとめることをおすすめします。

一文が長すぎると読む側が疲れます。たとえば、「読点(、)」を入れずにノンストップの文を目にすると、何が言いたいのかわかりにくいです。しかし、読点で区切りすぎるとスムーズな流れが止まってしまいます。

一方、一文が短すぎるのもよくありません。文章としてまとめるためにも、ある程度の長さが必要になります。体言止めも入れながら、文章の構成を工夫しましょう。記事の種類によって、文章の書き方が変わってきます。

一つの例を挙げると、説明文では対象商品やサービスの説明に徹することがポイント。一方、コラムを書くときは読者にわかりやすい形で伝える必要があります。

プラチナライターテストで大きく成長できる

サグーワークスの会員になるためのハードルはありません。しかし、プラチナライターになるには「プラチナライターテスト」のハードルを超えることが条件になります。
その背景には、サグーワークスが求めるプラチナライターに適した文章力の有無が関与しているのです。プラチナライターテストは何度でも受けられますが、不合格が続くとチャレンジ精神が萎えてしまうかもしれません。

しかし、そういうときこそチャンスです。プラチナライターテストの受験を通じて、文章力を高めるためのコツを掴みましょう。なお、テストの結果通知には、作成した記事へのアドバイスが添えられています。それを目にして、初めて自分のクセに気付く人も少なくありません。
担当スタッフからの貴重な意見は、自分が大きく成長できるヒントになります。プラチナライターになるためのステップとしても有効活用しましょう。

承認スタッフからのアドバイスによる気付きも

私がサグーワークスでライティングをしてる中で知った「~ですよね」という文末表現。こちらの表現を使うと、親しみやすい文章にまとまります。
その一方で、記事の質を下げてしまう可能性もでてきます。使い方によっては高圧的な印象になることも知りました。このように、記事の承認スタッフからのアドバイスによって気付いたことはたくさんあります。

ライターが投稿した記事は、承認スタッフの手に委ねられます。記事が非承認になったとき、承認スタッフが理由やアドバイスを記載するのです。アドバイスは「投稿履歴・改善ポイント欄」にアドバイス事項として表示されます。

もし、タイミングがよければ再投稿のチャンスがあります。しかし、再投稿に間に合わない場合も、アドバイスされた内容を次回の投稿に活かすことが大切です。なお、プラチナ案件では、いきなり非承認になるケースは少なく、「修正依頼」の形で戻ってきます。その後、記事を修正することで承認に導くことができるのです。

このような特典を受けるためにも、プラチナライターを目指す意義があります。承認スタッフからのアドバイスを真摯に受け止めてライティングスキルを磨き、プラチナライターテストへチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

▼プラチナライターテストに挑戦しよう!
サグーライティングプラチナ テストに挑戦

こぶたのまとめ

  • 求められる文章力を知り、書き方のポイントを押さえよう!
  • 担当スタッフや承認スタッフのアドバイスによる気付きを大切に!

この記事をシェアする

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・9人 / いいえ・・・1人
  • ライターとして記事を書いていくためには調べたこと、知っていることをわかりやすい文章で伝える力が必要となることがわかりました。また、わかりやすい文章とは、主語述語をハッキリとさせ一文を長くしないことと書かれており、日常の会話では主語を省略してしまったりするため気を付けたいと思います。
  • 分かりやすい文章を書くためには、ポイントがあるということを知りました。主語と述語の距離が近いかなど、普段あまり気にしたことがありませんでした。なので、これからはそういう点にも着目して、文章を書いてみたいと思います。ある程度文章力が上がってきたら、プラチナライターのテストも受けてみたいと思います!
  • 今日初めてライティングの副業を始めたので、書くためのコツがわかりやすくまとめられていてとてもありがたかったです。ただ詳しくテーマに沿ったことを書くのではなく、読み手に読みやすい文を作るには言葉を優しくした方が良いと言っているところが共感しました。わたしは今までいつも読む側だったので、たしかに難しい言葉だけの文だと読むのが途中で嫌になってしまうなーと思いました。内容が難しくても、優しい言葉を選んだ文章だと読みやすいし、読みやすいことで内容への興味も湧くと思います。
  • 自分の体験談を含め、決してそれが多くなることはなく、文章も平易でとても分かりやすかったと感じました。記事の内容が中学生でもわかる内容で分かりやすく書く文章能力、ということでしたが、その説得力が十分に感じられ、かつプラチナライターへの興味を湧かせてくれるような文章だなと思いました。
  • 難しい内容を、わかりやすい言葉でシンプルに書くことの大切さはわかりました。しかし、肝心のアドバイスは、読点の位置と文章の長さについてのみだったので残念でした。これらのことは、文章を書く上では基本的なことなので、もう少し別のアドバイスがほしかったです。例えば、調べた内容が専門的で難解だった場合、どのようにすれば自分なりに内容を消化してまとめられるのか、その方法が記されていればもっと参考になったと思います。
  • ライティングをしていると、自分の文章力と語彙力のなさを痛感します。しかし、ただ難しい言葉を使って説明しても分かりにくいこともあるのだということに気づきました。興味の持てる読みやすい文章を書けるよう、練習を積んでいきたいと思います。また、文末のかき方についても工夫をして、読み手に親近感を与えるような文章力が身に付くよう頑張りたいと思いました。
  • 文章は、文字で伝えるものであるがゆえに、分かりやすく伝えることが必要だということを改めて感じました。読者に気遣いのできない文章は、分かりにくさを生み、難解な専門用語の羅列は、不特定多数の読者にとっては、一方通行で、自己満足に過ぎないという当たり前のことを再認識致しました。プラチナ制度は、とても魅力的で、書き手の心をくすぐる素晴らしさがあると思います。プラチナで活躍できる方は、きっと、主観的にならず、第三者のアドバイスを有効活用されている吸収力の強い方だと思いました。私も、少しずつ書く力を磨き、いつかプラチナ制度へ挑戦したいと思います。
  • プラチナライターにチャレンジするためにはとにかく何回も書いてみることだとわかりました。書くことで自分への気づきが沢山あることも、なにより価値があると思います!添削してもらえることも、またチャレンジするモチベーションにもつながりますね!
  • 文章力の高さという曖昧なイメージを、ポイントを絞って説明してあり理解しやすかったです。特にプラチナライターに求められる文章は難解なものではないという言葉は「私にもできるかも?」と思わせてもらえました!
  • 簡単に書こうとすればするほど難しくなる、という点は非常に共感しました。自分も文章を書く時に、難しい言葉を使ったり、つい長文になってしまったりします。ライターをするうえで簡潔でわかりやすい文章を書くことは、永遠のテーマというか、目標だと思いました。
ページトップへ戻る