基本に忠実が1番!サグーワークスが求める文章のクオリティ

基本に忠実が1番!サグーワークスが求める文章のクオリティ

同じテーマであっても、書き手が違うと文章の良し悪しも自ずと出てくるものです。ライターとして続けていると、どんな文章が良い文章かと悩んでしまうこともあるでしょう。しかし、クオリティの高い文章には共通する点もあるのです。サグーワークスに登録しているライターの中でも、文章力が高いと認められているライターは「プラチナライター」と呼ばれています。私自身も現在活動中ですが、その体験からプラチナライターに何を求められているのか見ていきましょう。

プラチナライターに求められているもの

ライターとして活動をする動機や目標は人それぞれでしょう。私は会社勤めを辞めて、専業でライター業をしているので「どうすれば文章がうまくなるか?」といったことは普段からよく考えています。はじめのうちはプラチナライターに何が求められているのか、自分の中では明確に見えていませんでした。しかし、ライターとして活動を続けるうちに「当たり前のことを当たり前に取り組む」といった姿勢が大事だなと感じています。

たとえば、締め切りをきちんと守るとか誤字・脱字を少なくするために書き上がった原稿をチェックするといった作業です。長く仕事を続けていると、文章を書くことに慣れる反面で気が緩んでしまう時があります。そうした時に、基本に立ち返って忠実に原稿と向き合う姿勢が大切なのです。どんな物事であれ「続ける」ということは、それだけでひとつのクオリティの高さを示しています。基本的なことを疎かにしない姿勢が、質の高い文章を生み出し、結果としてプラチナライターとして活動し続けられるように思います。そうした基本姿勢は気の遠くなるような持続力が必要な面もありますが、プラチナライターとして求められているひとつの大事な部分だといえるでしょう。

新しいことを学ぶ姿勢を忘れない!

得意なジャンルがあることはライターとして強みである反面で、うっかりしていると弱みにもなってしまいます。読者のニーズは時代と共に変化していくものですので、ひとつのジャンルにこだわりを持ち過ぎてしまうと世の中の動きに疎くなってしまうかもしれません。ライターとして何か得意ジャンルを見つけたら、そこを軸として関連するジャンルも開拓してみましょう。

たとえば、美容系のジャンルが得意ならそこからグルメや旅行などといったジャンルに幅を広げてみると新たな発見が得られると思います。新たなジャンルの文章に取り組むことで知識や興味の幅も広がりますし、自分が得意とするジャンルを客観的に見つめる良い機会にもなるのです。「プラチナライターとして認められているから勉強しなくていい」といったものではありません。むしろ、良い文章を書くためには専門以外のことも知っていたほうが良いのです。文章の仕事を続ける傍らで、コツコツと勉強を続けられる人がプラチナライターには向いていると思います。

失敗をバネに前に進んでいく!

どんなに注意深く文章を書いていても、不得意なジャンルだと内容の捉え違いをしてしまったり、結果的に修正依頼を受けてしまったりといったことはあります。しかし、プラチナライターとして大事なことはこうした失敗を謙虚に受け止めて学んでいく姿勢でもあるのです。自分の文章のクセというのは、なかなか自分ではわからないものでもあります。

本来であれば修正は少ないに越したことはありませんが、せっかく原稿の修正に取り組むなら前向きに学んでいきましょう。「同じ文法の間違いをしてしまう」「キーワードの解釈の掘り下げ方が浅い」など、さまざまな点が見えてきます。文章がうまくなるのは一朝一夕ではいかないものです。

だからこそ、ひとつひとつのミスを丁寧に見ていくことが肝心です。失敗は自分の能力を高める良い機会となります。こうした作業を繰り返していくうちに、いつの間にかプラチナライターとして活躍し続けられる日が訪れることでしょう。

こぶたのまとめ

  • 締め切りを守ったり、誤字・脱字のチェックなど基本的な事柄を忠実に行う。
  • 新しいことを学んでいく姿勢を忘れないこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・9人 / いいえ・・・1人
  • 私自身つい、得意な項目でのライティングに偏ってしまいがちなので得意なジャンルからどのようにして視野を広げていくのかという点に関して参考になりました。どうすれば現状から一歩進歩を遂げられるのか考えさせられる内容でした。
  • ライターに従事し始めてから一年が経過していますが、こちらの記事を見て、常に向上心を保たなければならないと思いました。納品しても何度も修正を求められるのに、戸惑いを感じることがありましたが、スキルアップのためには不可欠だとわかりました。
  • 「新しいことを学ぶ姿勢を忘れない!」という点に共感しました。私は仕事柄、人事系のジャンルについて読むことも書くことも多いのですが、あまり特定ジャンルにこだわりすぎると、肝心な自分の得意ジャンルについても内容が薄っぺらになってしまうと感じることがあります。同じことを言いたい場合でも、「学び」によって様々な角度から表現できるようになりたいものだと感じました。
  • 「質の良い文章を書くためには、基本的なことを疎かにしない」というのが、深く心に刺さりました。そして全くその通りだと思いました。私はまだライティングの初心者ですが、この先慣れてきたとしても基本に忠実でいられるよう気をつけていきたいです。
  • 文章全体の流れが読みやすく、頭の中に入りやすい内容になっていると思います。この記事を読む多くの人はプラチナライターに求められるものと聞いて技術的な事を想像している人が多いのではないかと思いますが、初心に戻り、当たり前の事を行うという簡単に思えて、最も難しいメンタル的な部分を理解させてもらいました。
  • シンプルにわかりやすく、プラチナライターに求められるもの、必要とされる努力が書かれていて、参考になりました。自分も優れたライターになれるよう、常に新しいことを学び、精進していきたいとの思いを強くしました。
  • 文章を書くにあたっての、至極まっとうな心構えについて、丁寧に書かれていると思いました。それは、これから文章を書きたい人にとって大切なことであるのはもちろん、ある程度経験を重ねた人にとっても、時々意識すべき心得であると、改めて思わせてくれました。
  • 記事を書き続けることと、常に学ぶ姿勢が大事だということはわかりました。しかし、基本に忠実が1番と書いてありますが、そもそも何の基本についてなのかが説明がなく、分かりづらかったです。ライターの基本はこうだよ、こういうところを気をつけて行くとプラチナライターになれるよ、といった具体的なアドバイスがあれば納得できたと思います。
  • 得意なジャンルだけ取り組むのではなく、新しいジャンルにも挑戦することでスキルアップにつながることが分かりました。また、記事を見る人によく理解してもらえるように、細かいミスなどを見逃さないように気を付けようと改めて思いました。
  • プラチナライターになったからと言って手を抜いてしまったりすることなく、日々向上心を忘れない所が素晴らしいと思いました。在宅で働くライターだからこそ、自分で自分を管理し、見張り、きちんと自分の仕事を果たす。当たり前のようで意外とそれが難しい事だと思うので、今後の参考にしたいと思いました。
ページトップへ戻る