これからは在宅も稼げる選択肢!女性の働き方に革命を!

これからは在宅も稼げる選択肢!女性の働き方に革命を!

在宅で働く人の割合は、全体的に見ると男性が3割、女性が7割と言われています。なかでも「内職」という作業になると女性が9割を超えます。これはいかに女性が外へ出て働きにくい現状なのか反映している事と言えそうです。

では逆に「在宅」という仕事の選択肢が増えれば、女性はもっと働く事が出来るのかもしれません。働き手が不足していると言われる日本。女性が外で働く環境はまだまだ整っていないようですが、しっかり稼
げる在宅の仕事が増えれば、きっと女性の活躍にも期待出来そうです。ここでは在宅ワークの可能性についてまとめてみました。

まずは簡単に出来る在宅ワークに挑戦してみよう!

女性が出来る簡単な在宅ワークとは何か?今はインターネットの普及により、ネットで簡単にアンケートに答えるお仕事など、スマホがあれば出来るような仕事もたくさんあります。とっても簡単な在宅ワークの具体例を挙げると、

  • パソコンで文字を打てれば誰でもOK!テキスト入力
  • スマホでも簡単!アンケートに答えるお仕事
  • 昔ながらの手内職

などがあります。まずは自分に合いそうなものに挑戦してみることをお勧めしますが、ここでポイントなのが「次につながるような仕事」を選択すること。

手内職は慣れてきてスピードが上がれば、数をこなした分もらえるお金が増えますがやはり限界があります。その点テキスト入力やアンケートに答える仕事は、「ブラインドタッチが出来るようになる」「アンケートを回答をこなすことにより、文章力が上がる」といったメリットがあり、もう少し難しいお仕事にステップアップ出来るきっかけになるかもしれません。

簡単な仕事に慣れてきたら、単価を上げ難しい仕事にも挑戦!

では例えばアンケートに答える仕事をこなし、「質問に答えることに慣れ、文章力がついてきたら」その後はどうするか。

例えばブログライターなんてどうでしょう?ブログライターというのは、ブログに企業広告や商品広告を表示して、紹介記事を書くことにより原稿料がもらえるサービスです。たくさんのアンケートに答えた経験から、この会社の商品は毎日使う事をアピールしてほしいだろうなあ、などと消費者目線でも企業目線でもアピールすることが出来ます。ただ単にアンケートに答えていたころと違い、自分のアピール記事で商品が売れるのはやりがいを感じるもの。アンケートに比べると単価も高いのが一般的です。

またブラインドタッチが出来るようになったら、与えられるテーマに沿って文章を書く「ウェブライター」の仕事にも挑戦できるでしょう。簡単なテーマほどもらえるお金は少ないですが、採用率も高いのです。はじめは簡単な仕事をどんどんこなし、難しく単価の高い仕事に挑戦していくことで実力がついていきます。

その頃になると外に出て働くパート社員並みにお金が稼げるようになるかもしれません。今紹介したのはネットを使った在宅ワーク、「クラウドソーシング」と呼ばれるものです。これはどんどん数をこなし経験を積むことで、ほぼ確実に収入も増えるもの。これから在宅ワークを考えている女性に是非お勧めしたいお仕事です。

クラウドソーシングはどんな女性に向いているのか

ではこのネット媒体を使った在宅でのお仕事、一体どんな女性に向いているのでしょうか。特にお勧めしたいのが、次のような女性たちです。

  • 育児や介護に忙しく、外で働くことが出来ない
  • 今の仕事の収入では満足できていない
  • 女性ならではの視点で、ブログや文章を書く事が上手な人

クラウドソーシングは在宅で行う仕事であり、家事や育児のスキマ時間に仕事を出来るのが最大の強みです。子供がお昼寝している時間にちょっとだけパソコンに向かう。それを毎日続けるだけで、少なからずも収入がもらえるのは嬉しいものです。

また普段は会社員やパート社員として働いているが、もっと収入を挙げる方法としてクラウドソーシングで働く女性はたくさんいます。会社とまた別の仕事を外に出て掛け持つのは相当大変な事。通勤時間ももったいないです。その点自宅で出来るクラウドソーシングは、お休みの日に稼いだり寝る前に一時間だけ働いたりと、自分の都合に合わせて働くことが出来ます。

また世の中に出る「ヒット商品」というのは、その多くが「女性が購入」しています。女性目線でこれは売れる、これは便利という企画も大切ですし、女性ならではの文章で「上手な宣伝活動」が出来る方は、クラウドソーシングが必要とする存在なのです。

「何もしない」ではもったいない!やってみよう、在宅ワーク

いかがでしたか?今日紹介した在宅ワークは、ネットを媒体して行う「クラウドソーシング」を中心にご紹介しました。名前だけを聞くと「自分にはパソコンスキルもないし、無理!」と感じてしまうかもしれません。しかしアンケートに答える、パソコンに指示された文を打ちなおす、これだけでも十分なクラウドソーシングです。

クラウドソーシングはただ単にお金を稼ぐことが目的ではありません。家事や育児などに追われ、社会と断絶された女性に、再び社会とつながるきっかけを与えてくれる場でもあります。

仕事内容にもよりますが、担当者と連絡を取り合いながらの仕事も必要です。また自分が作成した記事や広告などが、ネット上に載り見てくれる人がいる。それは自分が社会に貢献した事でもあり、何よりの喜びと自信になるのです。

既に働いている女性も、これから仕事を探す女性も、これからは「在宅ワーク」という選択肢もあります。新しい働き方として、是非検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・8人 / いいえ・・・2人
  • なんとなくアンケートに回答していることが、ブログライターというものに活かすこともできるなんて考えたこともありませんでした。そのような視点からアンケートに答えていくことも、大切なのだと気づかされました。
  • 在宅で仕事をしたいと考えていたので参考になりました。最初から高収入は無理だと分かっていますが、何から始めて次にどうやって単価の高い仕事にしていったらよいか初心者にもわかる内容でした。何もしないよりやってみる。とても前向きの記事で良かったです。
  • 働きたい気持ちはあるものの、今は子育てが忙しく、仕事はそれが一段落してから!と考えていました。本当に少しの時間しかないのですが、アンケートに答えるという仕事だったら、今すぐにでも始められると思います。とても小さな「社会復帰」ですが、千里の道も一歩から!ですね。
  • 在宅ワークの良いところを上げているので、これから在宅で少しやってみようという方には後押しになると思います。その良いところの中で自分にあてはまるものがあれば、ぜひやってみてほしいなと思います。新しい働き方としてのメリットは大変参考になりました。本当に、何もしないのは「もったいない」です。
  • 自分自身が専業主婦なので、すごく興味が持てる記事でした。なんとなく仕事をするということに躊躇しがちだったのですが、この記事を読んでから自分でもできるんじゃないか、やってみたいなと思わせてくれました。特にこんな女性にお勧めという点で、育児で外に働きにでられないというのはまさにわたしのことだったので、やる気がでてきました。
  • スマホやパソコンを使えるなら、まずはアンケート入力から、というのはとても良い方法だと思います。特に、小さいお子さんがいる方にとって、アンケート入力はたとえ数千円でも魅力的です。その後、手が離れてからテキスト入力に移行すれば理想的です。
  • ブラインドタッチは不要と思います。私のはもどきで一応見なくてもできますがある程度早くて数本の指で打てるのならば、よほど大量に早く打たねばならない立場でない以上、キーボードをチラ見しつつ変換する程度でこだわらず、多くのことへの興味を優先した方が良いでしょう。また女性の感性は会社で高く評価されつつあり、会社に合っていない男女がその穴埋めをするとうまくいくことから、そう女性が卑屈になることはないのです。
  • 諸々の事情があって外に働きに行けない女性って多いと思うので、今回の記事はすごく背中を押してくれる良い記事だったと思います。私自身も専業主婦を経て現在サグーワークスさんで働いているのですが、今回の記事を読んでまさにその通りだと思いました。たくさんの人に読んでもらいたいですね。
  • クラウドソーシングという仕事は、副業として育児や家事の空き時間でもできそうなので私も登録してみたいなと思いました。アンケートなど簡単な案件も多いようなので私はそこからチャレンジしたいなと考えています。
  • わたしも副職で、サグーワークスのライティングの仕事をはじめました。普段、ちょっとした隙間時間が多かったのですが、インターネットの環境とノートパソコンがあれば、いつでもどこでも手軽に仕事ができ、収入を得られるので重宝しています。
ページトップへ戻る