webライターが見落としがちなライティングの極意

webライターが見落としがちなライティングの極意

ライティングのお仕事に携わっていると学ぶことがたくさんあるなと感じます。千利休の言葉の中に「上手にはすきと器用と功積むと此の三つそろふ人ぞよく知る」という教えがあります。現代風にいうと「上達するためには興味をもって要領よくがんばる」といった感じでしょうか。500年以上の昔も、今もやっていることは変わらないですね。茶道は終わりという概念がなく日々修行を続けていくもので、ライターの仕事も同じだなと感じたのでこの一説を紹介しました。かたい導入文になりましたが、今回はライティングの修行中に見落としがちな書き方を「ちゃんと・凛と・しゃんと(ちゃん・りん・しゃん)」でやわらかくまとめました。

ちゃんと書いているつもりが勘違いということも。意識することが大事

スペルミスや誤字はタイプミスの場合もありますが、勘違いをしている場合も少なくありません。言葉へのこだわりは神経質ぐらいがちょうどいい。少しでも違和感があるならweb検索や辞書でとことん調べてみましょう。

凛とした文章は読みやすい。無駄のない書き方を心がけましょう

文章を読んでいて、意味がわかりにくいと感じることはありませんか? ライターとしては分かりやすく書いたつもりでも、読者には分かりにくい文章になってしまったのかもしれません。書き終わったあと、読み返してスラスラと頭に入ってこないときは書き方を見直してみましょう。

その書き方で本当に大丈夫?ライターならしゃんとした文章を

書き言葉、敬語、丁寧語……日本語って奥深いですよね。くだけた文章を書くときも、基本があってこそ。書き方の基本を理解した上であえて言葉を選ぶ、そんなかっこいいライターになりたいものです。

ワンランク上のライターは「ちゃんと凛としゃんと」がキーワード

ライターになりたい方も、そうじゃない方もライティングのお仕事をするライターであるかぎり、良い文章になるように心がけることは必要ですよね。今回ご紹介した記事は簡単なことですが、意識していないと気づかないことかもしれません。Microsoft Wordは「ら抜き言葉」や「スペル」など校正の機能が充実しています。その他インターネットで検索すれば様々な無料のツールもありますので、ライティングが終わったら必ず校正チェックもするようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 日本人でありながら日本語の間違いが多いということに改めて気づきました。特に変換ミスや覚え間違いなど自分では気づきにくい間違いも多いと思うので今後は自分が書いた文章は読み返すようにしたいと思います。また、不確かな言葉は調べてから使うようにしたいです。
  • とても大事なことですが、見落としてしまうことについてまとめられていて、とても参考になりました。特に「読点」については、それだけで読む気がなくなってしまう文章に出会うこともあるため、意識して使わなければならないと思いました。自分が文章を書くときには、しゃんとした文章が書けるよう振り返ってみようと思います。
  • ライティングの極意について、文章を読んでいて分かりやすかったです。残念ながら「ちゃん・りん・しゃん」というフレーズが流行したのが過去のことなので、あまりピンときませんでした。確かに、文章を書いていると自己満足に陥ってしまうためか、書き上げた文章を読み返してみると分りにくく、読者にとって不親切な文章だと感じることがあります。自分の見解や意見を述べるものであっても、読者に確実に伝わる文章で書けているのかどうか、冷静に判断しなければならないと感じました。この記事は、きちんと相手に伝わる記事を書くにあたって、とても参考にできるものです。
  • とてもわかりやすい記事でした。「ちゃんりんしゃん」この言葉もユーモアもあるけれど、覚えやすいし、記事を書く上でとても必要な事なので、参考になりました。記事の内容も読みやすいからか、読むのに苦ではありませんでした。
  • 「ちゃん・りん・しゃん」という覚えやすいキーワードを元に、わかりやすくライティングのポイントを教えてくれるので大変参考になりました。ライティングにチャレンジしたい方々は一読することをオススメします!!
  • 在宅の仕事でライティングの技術に悩まされます。文章の構成や相手がわかる書き方になっているのか気を付けないといけない仕事だと日々感じています。相手に何を伝えたいのか、どう見てほしいのかを考えながら文章力を高めていく必要があることがわかりました。
  • まだライティングを始めたばかりなので、基本に忠実に、何度も読み返しているつもりでも、自分の思い込みや勘違いも多々あるということを改めて感じました。特に見落としがちな「ら抜き言葉」や話し言葉になっていないか、漢字はこれであっているのか、「大丈夫だろう」と思わずに少しでも不安なところがある場合は徹底的に調べる必要があるのだと感じました。
  • 自分が伝えたいことが読み手に分かりやすく、しかも正確に届いている表現ができているのかと考えました。また、誤字脱字だったり日本語の表現が間違っていないかなど言われてみればと思うことがたくさんあり大変参考になりました。これから日々勉強です。
  • 「凛と」の意味が少しわかりにくかったですが、読み手に伝わる文章を書くには誤字脱字の確認や文章の見直しが大切だということがわかりました。文章を書いていると途中で何を伝えたいかわからなくなってしまうことがあるので、読み手に伝わる文章を書けるよう心掛けたいと思いました。
  • ワンランク上のライターになるために「ちゃんと凛としゃんと(ちゃん・りん・しゃん)」が大切ということが、よく分かりました。確かにこのポイントがない文章は、どこか筋の通っていない、焦点のぼけた印象になるように感じます。私もこの「ちゃん・りん・しゃん」に気を付けて、ワンランク上のライターを目指したいと思います。
ページトップへ戻る