ひたすら書き続けることで文章はよりうまくなる!

ひたすら書き続けることで文章はよりうまくなる!

文章を上達させるためには「量をこなしたほうが良い」といった意見がある一方で、「質を大事に書いたほうが良い」という意見もあります。文章とどう向き合うかは人それぞれではありますが、早く上達したいなら「量をこなす」ほうがおすすめです。どんどんこなしていくことで自信もついてくるでしょう。ただ、どちらの方法をとるにしても心がけておきたいポイントもあります。ライターとしてクオリティの高い文章を書いていくためのポイントを詳しく見ていきましょう。

「量をこなす」ほうが良いメリット

文章をどんどん書いていくほうが良いメリットは、何よりも数をこなすことによって「早く自信がつきやすい」という点です。「取り組んだことがないジャンルで不安」と思ってしまわずに、まずは挑戦していくことを心がけましょう。はじめのうちは慣れなくて思ったよりもペースが上がらないかもしれません。しかし、それでも続けて書いていくようにしてみてください。もちろん、まったく消化できない量の仕事を受けてしまってはいけませんが、スケジュールが許すかぎり自分の可能性を探っていく姿勢は大切です。

最初から「量よりも質」にこだわり過ぎてしまうと、つい自分の得意なものにしか手を出さなくなってしまい、客観的に実力を確かめることが難しくなってしまいます。ライターとして長く続けていけば、結局のところ一通りのジャンルには大なり小なり触れるものです。したがって、まずは量を優先させるほうがライターという仕事の全体像を把握するための近道でもあるでしょう。

「質を高める」ことはもちろん大事!

数をこなしていく姿勢は大切ですが、もちろん雑な原稿を書いていても文章は上達するものではありません。どんどん量をこなしていく一方で、落ち着いて文章力を高める姿勢も持ちましょう。たまには仕事の原稿にはまったく触れない日を作って、それまで自分が書いてきた原稿をよく振り返ってみると成長のヒントが見つけられます。書いているときは大丈夫だと感じていたことも、しばらく時間を置いてみると客観的に自分の文章を見ることができるのです。間違いやクセを発見することで、日々の執筆にも活かしていくことができます。文章力を上達させられれば、結果的にさらに多くの量の原稿をこなすことができるのです。

数をこなしていくことがアウトプットであり、書いたものを自ら見直すのがインプットの作業だといえます。どちらか一方だけに偏ってしまうのではなく、原稿の執筆を優先させながらも書いたものを読み返して学んでいく姿勢も身につけてみましょう。

書き続けることで本当のライターになれる

文章を書くことがライターの仕事ですが、ただ漫然と書いているだけではプロとしては少し心もとないところです。継続的に書き続けるからこそ、周りからライターとして認められることを忘れないようにしましょう。そのうえで、自分に合ったペースを見つけていけば良いのです。私の場合は量をこなすことを優先させていますが、「質を高めることが自分には重要だ」と感じる時には普段よりもペースを落としています。そして、これまで書いた原稿を振り返って「なぜこう書いたのか?」を自問自答することもあります。自分に合った方法を見つけるまでにはそれなりに時間もかかりますが、だからこそ確かな実力も身につくのです。

量を優先させるにしても質を優先させるにしても、自分が続けられる方法をとってみましょう。そして、一度決めたらしばらくの間は期間を決めて一生懸命に取り組んでみる姿勢が大切です。自らの体験に勝るものもないので、成功した部分は良しとして失敗だと感じる部分はどう改善すればいいかを見つめていきましょう。そうした作業を繰り返すなかで、ライターとして次第に自信を持てるようになるはずです。

こぶたのまとめ<

  • 「量を優先」させるほうが上達は早い
  • 時間を置いて見直す姿勢も大切
  • 自分に合った方法を見つけること

この記事をシェアする

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • webライターとして活躍するためには、とにかく書く量をこなすことに集中することだという内容に、全面的に同意します。しかしそれを続けるためには、自分の欠いたものを厳しくチェックして文章の質の向上を手伝ってくれる人とのやりとりが必要であることも、あわせて付け加えておきます。
  • 文章を上手く書けるようになりたいと思いながらも、書きにくそうなジャンルや長文などは自然と避けていました。しかし、記事を読んで、挑戦していくことが大事だと知りました。これからは今まで避けていたジャンルなども挑戦していき、記事に書かれているよう量をこなしていくようにしたいと思います。
  • ライディング初心者としては、その通り!と頷く部分がたくさんありました。何を求められているのか分からない案件は最後の方まで残ってしまっているように思います。違和感があったのは「思いやり」というキーワード。企画に必要なのは思いやりというよりも「想像力」だと思います。
  • 私はライターを仕事にしたいと考えていますが、文章を上手く書けないことに悩んでいました。しかし、たくさん文章を書いて慣れることがスキルの上達につながると知り、頑張って書き続けてみようと背中を押してもらえた気がします。
  • 文章を上手く書きたいと思いつつも、具体的な方法がわからずに悩んでいました。しかし、この記事を読んで量と質のバランスを知ることができたので、これからの記事作成に役立てたいと思います。書きっぱなしにするのではなく、振り返って過去の記事を見直すことの大切さも学びました。
  • 私は、まだまだ初心者なので、とても参考になりました。始めたばかりの頃は、時間制限ばかりが気になり、情報をまとめる事がかなり難しく思えました。しかし今回、この記事を読ませて頂き、量をこなす内に改善されるものだと学びました。
  • 文章の上達には量をこなすことが大事、というのは、自分の経験からも納得できます。かつてブログを書き続けていた時期には、考えを簡潔にまとめて文章にできていたのに、数ヵ月中断した後には、驚くほど筆が進みませんでした。
  • 私は自分には文章を書くのは「難しすぎるから…」と思い今までやってきませんでした。しかし、この記事を読んで「とにかくやってみることが大事なんだ」と言うことに気づけました。これからきるだけ書いて質も上げていけるように頑張りたいと思いました。また、このことは様々なジャンルの方にも言えると思います。「やってみることが大事」…気づくことができてよかったです。
  • 私はパソコンが好きでタイピングにも自信がありますが文章力がありません。小説を書いていた時もあったのですがとても大変でなかなかうまくいきませんでした。ですが、量を優先することで気軽にライターの仕事をすることができるのではないかと思えました。たくさん書いてどんどん貢献出来たらいいと思います。
  • こんな記事待っていました。書いたライターさんの経験談で説明されているのでよかったです。活躍されているライターさんも日々努力しているのが分かって、親近感。それと同時に、私もどんどん未経験のジャンルに挑戦してみようと前向きになれました。
ページトップへ戻る