サグーワークスで非承認にならないための対策

サグーワークスで非承認にならないための対策

サグーワークスの案件では記事を作成しても、承認されないとポイントは付与されません。非承認の理由は文章力、表現力、ルールなど40個ほどあります。案件の指定事項と異なった内容で非承認になった場合はわかりやすいのですが、「冗長表現が含まれています」や「主観的な表現が含まれています」といった理由で非承認になってしまった場合、何が?どこが?と感じてしまうことがありませんか?

それは非承認理由の意図がライターさんへ伝わっていないからかもしれません。そこで非承認をできるだけ避けるためにも、サグーワークスの非承認理由でよくあるものを対策しましょう。

【表現力】冗長表現が含まれています

冗長表現という言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、ひとことで説明できる文章を回りくどく感じるような書き方をしたり、同じ意味の文章を書き方を変えて何度も書いたりといった表現のことをいいます。よく見かけるのが「りんごが嫌いなわけではない」という書き方。小説などでは雰囲気のある1文になるかもしれませんが、コラムや説明文は完結に書くことがポイントですので、このような回りくどい表現が多いと非承認になる可能性は大いにあります。

【文章力】同じ文末表現を使い過ぎています

文末表現は書き方のパターンさえ覚えれば、必ずクリアできます。自分が使えるパターンが増えると、文章の表現力が鍛えられ長文の案件がとても書きやすくなります。

【内容】主観的な表現が含まれています

「主観表現:NG」というのはサグーワークスの指定事項でよく見かけますよね。主観とは自分の認識を書いてしまうことです。認識というと分かりにくいかもしれませんが、例えば自分がパクチー好きだった場合、「パクチーは美味しい」と書くと主観表現になります。世界中の全員がパクチー好きなら問題ないですが味の好みは分かれますので、美味しいかどうかは人それぞれ認識が異なりますよね。ですからパクチーが美味しいという文章を書いてしまうと非承認になってしまうのです。

【表現力】伝聞調の表現が含まれています・話し言葉で書かれています

伝聞調は「~のようです」「~だそうです」など誰かから聞いたような書き方です。コラムは自分の考えをしっかりと書かないといけないため、人から聞いたような書き方は非承認になります。

話し言葉のほうは、気づいていない人が多いかもしれません。「すごい美味しい」は話し言葉ですので「すごく美味しい」と書く必要があります。ただ、案件や読者層によって承認される場合があるため、例文や掲載予定のサイトで雰囲気をつかみましょう。話し言葉は気をつけて慣れていけばしっかり意識できるようになるはずです。

記事はなぜ非承認になるのか

運営者側としては、非承認にすると再募集しないといけないため、その分募集に時間がかかるためできれば承認したい気持ちはあります。しかし、募集内容や文章力で非承認になるケースがあるのは事実です。せっかく書いた記事が非承認にならないためにも非承認になる記事の特徴を確認してみてください。

ミスを未然に防ぐために

文章を簡単に校正チェックする方法としてMicrosoft Wordの機能はおすすめです。誤字脱字を見つけてくれたり、書き方が統一されていない場合も教えてくれます。記事を書いたあとは客観的に見直すと、誤字脱字や同じ文末表現を見つけることができます。

文章力が上がればボーナス特典のチャンス

サグーワークスに「名文」という機能があります。いい文章だと承認者が感じた文章には名文が付きます。獲得ポイントとはまた違い、いい文章に対して付与される機能で、毎月ボーナスポイントが貰える特典です。8月現在の名分数は3名文が1位です。投稿できる時間があまりないという人もボーナスが貰える可能性は大いにありますよ。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中