webライターあるある!ライターの本音大公開!

webライターあるある!ライターの本音大公開!

webライターを始めたけれど「ここちょっとどうにかならないの?」「ここもっとこうしてくれたらガンガン記事書けるのに…」とぼやいている人はいませんか?せっかく書いた記事が非承認で返ってきたら「もうwebライターなんてやってられるか!」と怒りたくなることもありますよね。でもまあちょっとまって。ちょっとした工夫で記事が書きやすくなる、承認されやすくなることも多いですよ。そこで今回は、ライティングの工夫から普段なかなか運営さんには言えないwebライターの本音をご紹介します。

非承認はイヤ!まずはルールを把握しよう!

webライターをしていて誰もが感じる一番の恐怖といえば「非承認」ですよね。苦労して書き上げた記事が非承認として戻ってきたときの悲しさときたら、一瞬でやる気を失うほどです。大人になってから自分の書いた文章にダメ出しされる機会って、あんまりありませんしね。この非承認をなるべく出さない一番の方法は、なんといっても事前の徹底したルール確認です。

記事の執筆を始める前には、まずルールを熟読して、記事のルール、指定事項をしっかり頭に入れた上で執筆に入ることが大切です。このとき気をつけなければいけないのが、すべての記事に共通のルールと、その記事独自のルールが混在していることです。このため、「いつものルールで書けばいいのだな」と読み飛ばしてしまうと、修正不可能なくらいの記事のずれが生じることもあります。必ずルールと指定事項は守るようにしましょうね。

テイストが大切?掲載サイトをチェックしよう!

記事を書くときにどのくらい砕けた文体で書いていいか迷ってしまう経験はありませんか?webのお仕事の中には「親しみやすいテイストで」とか「キャッチーなタイトルをつけて」といった具合に、軽快な文章を求められることも多くあります。かといって、あまりに砕けすぎた文面はやはりNGになってしまうため、微妙なさじ加減に迷う時があります。

こうしたときに参考になるのが掲載サイトです。あらかじめ掲載サイトがわかっている場合だと、元々掲載されている記事のテイストを参考に記事の文体も合わせることが可能です。このためにもなるべく掲載サイトは明記しておいてほしいですね。特に記事を書いた経験が少ない人や、普段書くことが少ない分野の記事を執筆するときには掲載サイトのテイストを確認することはとても大切です。

タイトルや小見出しは固定のほうが書きやすい?

先日ライター同士のオフ会でも話題になったのが、タイトル・段落分け・小見出し作成・文字数の指定・段落ごとの内容がすべて決まっていないとうまく書くことができない、という意見でした。最近こうした記事が増えていますよね。実はこれ、経験豊富なライターさんの場合全く逆で、一切決まっていないところから自由に自分で決めて書いていく方がスラスラ書ける人の方が多いようです。

あらかじめ書くことが決まっているとタイトルや小見出し、段落分けを考えなくていいという反面、指定されていることが内容的に重複していたり、書くことが少なかったりした場合に非常に書きにくさを感じることがあります。この書きにくさを防ぐためには優秀なエディターさんの存在が欠かせなくなってきます。私もたまにエディターのお仕事をお受けすることがありますが、記事のタイトルや小見出しを考えるときは文字数に対してこの内容なら指定された文字数はスラスラと書けるな、と実際に自分が書く場合を想定して最初に情報収集をしてから決めています。

私の場合この作業をするならば、後は一気に書き上げるだけなので、正直1からライティングする場合と所要時間があまり変わりません。見出しや段落があらかじめ決まっている記事はそれだけ手間と時間、人手がかかっているということなのです。多くの人に効率よく記事を書いてもらうためには必要な作業ですが、エディターさんの存在がますます重要になってきそうです。逆に1から記事を考える方が好きだけど文字を打つのが遅くて収入に繋がらない、という人はエディターを目指してみてはいかがでしょうか。

ダメ出しにもめげないで!運営さんを味方につけよう!

webライターはとっても孤独なお仕事。毎日家で一人、パソコンの前で記事を書いているため、「無職?」「ひきこもり?」と誤解されることも多いのではないでしょうか。そのため「社会性がなくてもできる」「他人と接しなくても大丈夫」と思っている人はいませんか?レギュラーライターの場合、文章スキルがある程度あるならば、多少はやっていけるかもしれません。でも、プラチナライターになるには、それでは通用しません。

プラチナライターになると運営さんとの距離はぐっと近くなります。毎日のように仕事の依頼をチャットでやりとりしたり、直接電話で依頼されたりと「仕事仲間」としての信頼関係が大切になってきます。そうなるとやはり常識的な人間性と社会性が何よりも必要です。突然連絡が取れなくなったり、依頼した記事を期限ギリギリで放り出してしまったりする人には、大切な仕事を頼むことはできませんよね。また、ダメ出しをされたときに納得できないと運営さんや承認者を責めたり、怒って仕事を放棄してしまったりする人も、ライターとしては失格です。自分の非を認めることができずに、他人を責めてしまう人はどんな仕事もうまくいきませんよね。

ライターに求められる一番の資質は、いつでも謙虚で貪欲であることではないかと思います。完璧な文章なんてどこにもない、でも、読んでよかったと思われる文章を書きたい。この気持ちをいつも大切にしたいですよね。そのためには運営さんとのタッグが重要です。いい記事を作り上げたいという気持ちは運営さんとライター共通の願い。一番の味方を大切にしたいですね!

こぶたのまとめ

  • 非承認を回避するにはルールと指定事項をしっかり確認
  • サイトによって記事のテイストを把握しよう
  • タイトルや小見出し作成が得意な人はエディター向き
  • ライターとしてやっていくには運営さんとの連携が大切

この記事に関連するオススメ記事

ダメ出しをもらったときこそチャンス!それをどう活かすかで道は分かれる!

長くライターを続けていると、いろいろな案件に出会います。クライアント様ごとに求める内容が大きく違うため、掲載サイトもレギュレーションも似ているのに、同じように書いて提出した記事が、片方は大絶賛、もう片続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
サグーワークスはWEB上で気軽にできるライティングのクラウドソーシングサービスです。様々な案件を在宅で好きな時間にできるので、あなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、実力が認められてプラチナライターになると、文字単価1円以上の案件も!いますぐ見に行く
ライター募集中