ライターのお仕事に信頼は不可欠!良好なお仕事の断り方とは?

ライターのお仕事に信頼は不可欠!良好なお仕事の断り方とは?

インターネットの普及によりwebライターとして働ける時代になりました。ライター関連サイトに会員登録すると、その日からお仕事が可能です。また、ある程度の収入を得るためには、積極的にお仕事をすることが大切ではないでしょうか。そうすることにより、クライアント様からの依頼が増えるメリットも期待されます。

ただし、お仕事の依頼は不定期であり、ある時期に集中する可能性も少なくありません。その結果、自分のキャパを越えてしまうことも…。ここでは、そのような事態になったときの対応方法についてまとめました。

お仕事の予定は余裕を持たせることが大切!

ライターのみなさんはフリーでお仕事をしている人が多いと思います。フリーで働く大きなメリットは、自分の生活スタイルに合わせてお仕事ができることです。その一方、働いた分が収入に直結することから、ついついお仕事を引き受けてしまいがちです。その結果、クライアント様からの依頼が殺到。特に、自分からお仕事をお願いした場合は断ることができなくなるのです。

そうならないためには、スケジュールに余裕を持たせることが大切です。縁起でもない話ですが、人生の途中には絶対避けられない出来事があります。そのような場面に遭遇したとき、お仕事を理由に欠席すると、その後の交友関係に支障をきたすことを知っておきましょう。また、友人・知人への義理が果たせたとしても、お仕事の時間が押してくるため満足できない仕上がりになり、クライアント様に迷惑を掛けるかもしれません。

断ることも大切な選択肢!断る勇気を持ちましょう

クライアント様からオファーがあるときは「自分は頼られている」との自覚が必要です。依頼する側の気持ちが理解できるだけにお断りするのは心苦しいですよね。また、フリーのお仕事は収入が不安定。クライアント様の依頼を断ると「次はない」と思ってしまいがちです。いわゆる「すべてかゼロか」という究極の選択肢になります。その背景には「相手からの信頼がなくなるのでは?」「自分のマイナスイメージになるのでは?」という想いが強いからです。また、自分が「よい子でいたい」からではないでしょうか。

しかし、無理して引き受けた結果、ほかのクライアント様に迷惑が掛かる可能性もでてきます。複数のクライアント様からお仕事をいただいている場合は、特に注意が必要です。そうならないためには、お仕事を断る勇気を持つことが大切なのです。

ただし断り方がポイント!

それでは、お仕事を断るときはどのようにすればよいのでしょうか。お仕事の断り方について要点をまとめました。

感謝の気持ちを伝える

クライアント様から依頼を受けたときは、感謝の気持ちを伝えることが大切です。自分の得意でない分野だと察知したときも、話の腰を折らずに最後まで聞く必要があります。また、即答しないように心掛けましょう。もちろん、お仕事を引き受けるかどうかの返答は少しでも早いほうがよいです。しかし、相手の気持ちを思いやる言動が必要です。メールで返信するときは、一呼吸置いてからにしましょう。

やんわりと、しかし、はっきり断る

お仕事の依頼をお断りするときは「申し訳ございませんが」「せっかくですが」などを最初につけることがポイント。いわゆる「クッション言葉」を使うことで柔らかい表現になるのです。ただし、曖昧な表現はよくありません。相手に期待を持たせないためにも話の最後に「今回は残念ですが」などと付け加えることが大切です。

断る理由も大切

お仕事を断るときには理由が必要です。同じクライアント様から依頼された場合はともかく、そうでない場合は、守秘義務の関係があるため、依頼先や具体的な内容に触れないことがポイントです。また、親戚の用事などと嘘の理由を考えることはNG!何かの拍子でバレるかもしれません。その結果どうなるか、想像がつくのではないでしょうか。

次回につなげる表現を

お仕事の依頼を断るだけで終わるのではなく、次回につなげる表現を心掛けましょう。締切日の延長が可能なら、そちらの方向で調整する方法があります。自分の得意分野でない場合は、ほかのテーマの紹介をお願いするとよいでしょう。そうすることで、クライアント様との関係を良好に保つことにも役立ちます。

引き受けたお仕事は責任を持って!

いろいろな事情があり、お仕事を断り切れないこともあるかもしれません。そんな場合でも絶対に避けたいことは、納期を先延ばしにした挙げ句「やっぱりできません!」と断ることです。お仕事の内容を把握できないまま引き受けるとモチベーションが上がらず、途中で投げ出したくなるかもしれません。しかし、お仕事を引き受けた以上は、雨が降っても槍が降っても責任を持ってこなすとの覚悟を持ちましょう。

こぶたのまとめ

「すべてかゼロか」の究極の選択ではなく、お仕事の依頼を断る勇気を持つことが大切!
そうすることでクライアント様と良好な関係を保つことにも役立ちます。

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 私は人から物を頼まれるとついつい断れなくて受けてしまいがちなのですが、断る大切さもしっかりと忘れないようにしたいなと思いました。後々迷惑をかける可能性もありますし、自分のためにもならないので気を付けたいです。
  • 断る勇気を持つことが大事ということが心に響きました。クライアントからオファーを受けたときはわざわざ自分に依頼してくれたという気持ちがあることで無理に能力以上の仕事を受けてしまいがちですが、かえってクライアントに迷惑をかけることがあると分かってよかったです。
  • クライアントから仕事が入ると嬉しさのあまり承諾して、自分の技量を超えた仕事をしてしまう恐れがあります。信頼を得るために時には無理そうな仕事を断る勇気も必要だと思いました。断る場合も依頼をしてくれたクライアントに感謝の気持ちを忘れず返答したいですね。
  • ライターを少し続け、それなりに仕事に慣れ始めた方向けの記事に感じました。それ故に始めたばかりやまだ始めていない方には少しわかりにくいのかもしれません。冒頭にそのことについて但し書きを付け加えてもいいのではないかと感じました。
  • 自分の能力を上回る仕事を提案されたときには、潔くお断りすることも大事だいうことが良く分かりました。また、クライアントに失礼の無いようにお断るするうえで、予めいくつかのポイントを抑えておくべきだと感じました。
  • ライターとしての仕事を続けるにあたって断ると判断も大切なことだと思うので、断るときのクライアントさんへの礼儀はしっかりしたいと思いました。逆に引き受けた仕事は責任をもってしっかりと納期まで余裕をもって行うようにしたいです。
  • 依頼が来た仕事は次々と引き受けたくなります。しかし、クライアントに迷惑をかけないためにも時には断る必要があると改めて感じました。感謝の気持ちを忘れず、はっきりと御断りをすることが信頼になると思いました。
  • ライターの仕事を引き受ける際にスケジュールが厳しい場合には、断る勇気を持つことが大切であるということが分かって良かったです。また、依頼してくれたクライアントへの感謝の気持ちを伝えることやスマートな断り方を確認することが大事だとおもいました。
  • 今まで無理に仕事を受けてしまって、結局締め切りに間に合わず信用を失ってしまった事がありました。この記事を読んで、改めて断る事の大切さを再認識しました。相手に悪い印象を与えないような、良い断り方を身に着けたいと思います。
  • ウェブライターのお仕事は、インターネット上の取引で実際にクライアントさんとお会いすることは少ないのですが、一般の仕事と変わりないので連携、信頼関係はしっかりしたいなと改めました。メールなどの文章での礼儀もしっかりしたいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中