webライター必見?!ワンセンテンスワンメッセージを意識しよう

webライター必見?!ワンセンテンスワンメッセージを意識しよう

webにアップされている記事はなかなか「読み返す」といことはされません。読みづらい文章の場合、さくさくスクロールされていき最悪の場合そのまま別の記事に移ってしまうこともあります。せっかく時間をかけて作った記事をそのように扱われしまうのは残念ですよね。そこでポイントになるのが「ワンセンテンスワンメッセージ」です。ワンセンテンスワンメッセージなんて言葉聞いたことが無いという方がほとんどでしょう。今回はなぜワンセンテンスワンメッセージが良いのかについてご紹介します。

ひとつの文にひとつの要素を盛り込もう

ネット記事を読むという方は何かしらの目的をもって検索を行い記事にたどり着きます。ネット記事に求められている役割は「困っていることを解決すること」と「困っていることを解決しつつ+αの情報を教えてもらう」というふたつです。そういった意味ではwebライターは人が読んでタメになるコンテンツ(記事)づくりを求められています。ネット記事を読んでいて「よくわからない」と感じてしまう記事には原因があります。それは“要素を盛り込みすぎる”ということです。原則的に記事にはワンセンテンスワンメッセージが求められます。ひとつの文に対しひとつの要素を盛り込むほうが文章のつながりがスムーズで分かりやすい文章に持っていくことができます。

例文を挙げてみます。「この製品の名前は〇〇で、その由来はお客様にとって私たちはパートナーでありたいと考えたからです」。webライターであれば特に違和感なく納品してしまうでしょう。しかし読む側に立ってこの文章を読んでみるとあなたはどう思いますか?文章のリズムが悪く読みづらいのではないでしょうか。今の文章を次のように区切ってみます。「この製品の名前は〇〇です。製品名の由来はお客様にとって私たちはパートナーでありたいと考えたからです」。このほうがリズムよく読むことができます。またワンセンテンスワンメッセージも守られておりひとつの文章に対しひとつの要素が盛り込まれています。しかしワンセンテンスであれば何でも良いというわけでもありません。

長すぎるワンセンテンスはNG!

ワンセンテンスワンメッセージを重視するあまり「ひとつの文が長くなってしまう」ことがあります。サグーワークスのタスクに出てくる「〇〇の用語説明」などのお仕事ではひとつの単語の意味を説明するため、どうしても一文が長くなってしまうことがあります。

ひとつの文章の理想は「40文字程度」です。あまりにも短いと飛ばされてしまいますが、長すぎると逆に読んでもらえません。読者に伝えたい内容を訴えるには一文あたり40文字程度で収める必要があるでしょう。もしも用語解説などの案件をもらったのであれば、意味を理解し“自分の言葉に置き換えて説明する”と良いです。相手に意味が伝わるようにしつつ文字数を短くすることが求められます。

文章を分割するならば接続詞を活用しよう

ひとつの文を分けてふたつにするのであれば接続詞を活用すると良いでしょう。例えば「今日の東京は寒いが子供は元気に走っている」。という文があったとします。「が」を使う場合は逆接の意味合いを持っていますので「今日の東京は寒い。しかし子供は元気に走っている」。という文のように分けることができます。

文章を分割するタイミングが分からなければまずは接続詞を見てあてはめられそうな接続詞に置き換えてしまうと簡単に分けられるのではないでしょうか。ただし、接続詞を多く使いすぎてしまうと読みづらいことになってしまいますのでバランスが求められます。特にwebライターの方は納品(投稿)をする前に書いた文章を読み返すなどして違和感のない文章に仕上げることが大切です。

こぶたのまとめ

最初は難しいかもしれませんが次のことだけは覚えておくと良いでしょう

  • ワンセンテンスワンメッセージというキーワードを頭の片隅の入れておこう
  • ひとつの文章にひとつの要素を盛り込む
  • ひとつの文章の文字数は40文字前後がベスト
  • ひとつの文を分割することで読みやすくなる

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • ワンテンセンスワンメッセージで読者の方が求める情報を配信する重要性が分かりました。情報を盛り込み過ぎるのではなく、適量の情報を記すことで読者を惹きつけることが出来ますね。接続詞も同じで適切な量を使用することが、良い文章制作に繋がると感じました。
  • 「ワンセンテンスワンメッセージ」という言葉をまったく知りませんでしたので、とても勉強になりました。また、「要素を盛り込みすぎる」ことは私もやってしまいます。これから十分に注意しなければと反省しました。
  • ワンセンテンスワンメッセージという言葉自体、今回の記事ではじめて聞いたのですが、ライターを続けるにあたって押さえておくべきテクニックでした。一文あたり40文字前後の文章が読み手によって読みやすいというテクニックは特に今後の案件で活かしたいです。
  • ワンセンテンスワンメッセージのひとつの文章にひとつの要素を盛り込むという手法は、これまで自分の文章において蔑ろにしがちな部分だったので改めたいと感じました。今後はよりバランスの取れた文章を書けるようにしたいです。
  • 「ワンセンテンスメッセージ」という言葉を初めて知りました。文章を書く際、つい1つの文に色々と要素を入れてしまいたくなります。上手に接続詞を入れることで、読み手の気持ちを考えた丁寧な文章を書くようにしたいと思います。
  • 接続詞の使い方や簡潔なセンテンスのメリットについて知ることができ、ライティングの仕事に就いている人にとって、役立つ内容が盛りだくさんだと思いました。また、歯切れの良い文章を作る際のヒントが提示されているところにも好感が持てました。
  • これまで文章を書いていると、どうしても一文が長くなってしまう傾向がありました。読み手に分かりやすい文章にするために、文を分割して接続詞を使うことをこれから実践してみようと思います。また、ワンセンテンスワンメッセージは常に意識しなければならないと感じました。
  • 知っていることや知らせたいことを1文に詰め込み過ぎると、わかりにくい文章になるということがわかりました。ワンセンテンスにワンメッセージだけだと、普段読むことに慣れていない人も理解しやすいだろうと思いました。
  • センテンスを短く区切ることでリズムの良い文章を作れることを知れて勉強になりました。また、接続詞を文中に用いる際の注意点や効果的な表現の選び方について詳しく紹介されているので、初心者でも理解しやすいと思います。
  • 私自身、1つあたりの文章が長過ぎるという理由で非承認もしくは再投稿依頼が来ることがよくあります。書く側はこれで大丈夫だと思っていても読む側にとっては読みにくいことがある、その違いを意識していこうと思いました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中