たまに「ん?」となることも!?ライター活動を通じての本音あれこれ

たまに「ん?」となることも!?ライター活動を通じての本音あれこれ

webライターはその性質上、どうしても編集者やクライアントとのやりとりはネットを介して行うことがほとんどだと思います。そのため、膝を突き合わせて話せばスムーズに行くことに手こずらされることがあります。逆にメール1本ですぐに問題が解決できるため、時間を割かずに効率的なコミュニケーションをとることもできます。どちらがいいかはライターさんによると思いますが、私自身がwebライターとして活動する中で感じた雑感をまとめます。ライターはどんなことを感じているのか?を汲み取っていただけると幸いです。

基本的には非常にやりやすい環境!

私がこの業界に入りたい、webライターとして活動したいと思った理由はズバリ「場所を選ばずに活動ができるから」に他なりませんでした。そのため、編集者さんやクライアントさんとのやりとりがネット上で完結できる環境は魅力的でした。活動している中で困ることがあるか?と言われると、正直なところ「ない」という答えになります。というのは、記事の依頼はかなり具体的であり、どんなことを書けばいいのかがわかりやすいことが多いためです。また、自分の文章でわかりづらいところ、誤字脱字など初歩的なミスもきちんとチェックしていただき、修正依頼をすぐに受けることができるため、普段の記事作成で困ることはありませんでした。日々の活動の中で、「依頼の具体性」「反応の速さ」というのはライターにとっては非常に重要なポイントになるのではないかと感じています。

時には「ん?」となる依頼も?

上記の裏返しになりますが、時には「ん?」となる依頼があることもあります。例えば、「主観を極力入れないように」「客観的事実を書くように」という依頼があったので淡々とした文調で記事を書いたところ、「きちんと考察を盛り込んでください」というような指摘を受けたことがかつてありました。私の場合は「考察」と「主観」の境界が理解できておらず、その指摘が何を指しているのかピンとこない、ということがありました。他には、文例などがない状態で「〇〇業界についてまとめてください」という依頼を受け、自分なりに調べて記事を作成したところ、「当たり前のことが多いようなので記事の内容を練り直してください」という修正依頼と参考ページのURLがポンっと送られてきたこともありました。

今思うと自分のリサーチ能力と文章能力に問題があったのですが、その当時は「最初から文例を送ってくれればいいのに…」と少し不満を感じることがありました。どちらについても、「何を書けばいいのか?」「どう書けばいいのか?」という点がやや不明瞭に感じられたことから生じた疑念でした。

どんな記事を作ればいいのかイメージができることの重要性

webライターのメリットでありデメリットにもなりうるのはやはり一人で活動できることだと思います。時間・場所は問わず自分のタイミングで働くことができるのは多くの人にとって魅力的に映るのではないでしょうか。しかし、疑問点が生じた時に解決するための自助努力が求められるのも事実です。そのため、「どんな文章を作ればいいのか?」というイメージを事前に持つことができれば記事作成も非常にスムーズにできると思います。オリジナリティを出すのもライター業務の醍醐味ですが、最初は参考記事などに目を通せる状態にあると活動しやすいかな?と感じます。

全てのライターさんが私のように感じているとは限らないと思いますが、他にもこうした思いを持っている方はいるのではないかな、と感じています。ライターとして活動する中でこんなことを感じることもあるのだ、というくらいに捉えていただけると幸いです。

こぶたのまとめ

  • わかりやすい依頼、早いレスポンスが嬉しい
  • どんな記事を書けばいいかわかりにくいと活動しづらい
  • 文例があると作業がスムーズになる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
サグーワークスはWEB上で気軽にできるライティングのクラウドソーシングサービスです。様々な案件を在宅で好きな時間にできるので、あなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、実力が認められてプラチナライターになると、文字単価1円以上の案件も!いますぐ見に行く
ライター募集中