どうやって仕事を得る?稼ぐWebライターの営業方法とは

どうやって仕事を得る?稼ぐWebライターの営業方法とは

現代社会において、ネット上には有象無象の情報が飛び交っています。そのような中でWebライターは、情報を収集し、的確に情報をまとめて発信する存在です。従って、Webライターには、多くの人に事実をきちんと伝える文章スキルなどが必要不可欠です。また、いくら文章作成能力が高くても、必ずしも稼げるようになるとは限りません。

Webライターという仕事は、「書く」ことを仕事としているため、一見すると誰にでもできるような仕事と思われがちです。実際に、Webライターとして活躍する人の中には、お小遣い稼ぎで1ヶ月数千円程度稼ぐ人から、Webライターとしてライター稼業一本で生計を立てている人までいます。稼ぐWebライターになると、一般的に会社勤めをしている人と同じくらい稼いでいます。

ただ、稼ぐためには、良質な仕事を定期的に得ていく必要があり、文章スキルだけでは難しいのが現状です。金銭管理や金額に対するシビアな視点や交渉能力、何より自分を売り込む営業力も必要になってきます。うまく文章が書けても、それをアピールできなければなかなか仕事には結びつきません。では、稼ぐWebライターになるためにはどうしたらいいのか、具体的にどんなことをしているのかを見ていきましょう。

クラウドソーシングサイトで実績を積む

まず、クラウドソーシングサイトに登録し、仕事を受注するのがスタートラインです。クラウドソーシングサイトとは、個人あるいは法人から能力のある個人に仕事を受注したい場合に双方をマッチングしてくれる仲介サイト一般を指します。ライターの仕事だけでなく、デザインやプログラミングといったさまざまな仕事のやりとりが行われています。

ライターの場合、すぐにでも仕事がしたいという人のために単発の仕事などもあり、何から始めたらよいか分からないという人には手っ取り早く仕事を開始するきっかけになります。ライターになるキッカケは人それぞれですが、出版社勤務をしていてコネがある等、いままでライター未経験あるいは社会経験ゼロでも門戸が開かれているので、 専業主婦などでも始めやすいのがクラウドソーシングサイトの利点です。

しかし、生計を立てるレベルにまでたどり着くには、クラウドソーシングサイトで単発の仕事をこなしているだけでは困難といえます。単発の仕事は誰でもできて、文章レベルも高いものを求めていないため単価が安い仕事が大半です。それゆえ、練習程度ならば良いのですが、稼ぐようになるためには次のステップに進む必要があります。

クラウドソーシングサイトで注目されるには、単発の仕事よりも単価の高いまとまった継続案件を引き受ける必要があります。一定の継続案件は、クライアントから募集がかかり、その仕事を引き受けたいライターが応募して、採用されれば引き受けることができます。最初は初心者でもOKな簡単な仕事から開始することになりますが、継続案件は一つこなすごとにクラウドソーシングサイトの自身の自己紹介欄に実績として記録に残るため、他のクライアントの目にもとまりやすくなります。

そうして仕事の実績を積み上げることで、徐々に自分から仕事の募集に応募しなくても、引き続き継続的に仕事を依頼されたり、より難易度の高い仕事の依頼を受注できるようになっていきます。 同じクライアントからの仕事も、継続して受注することで単価が上昇する可能性が高まります。きっちり仕事をこなしていけば、Web ライターとしての実力もアップし、仕事が途切れることがないためまとまった金額を手にしていくことができるでしょう。

とにかく、仕事をしっかりこなして信頼を積み重ねるのが稼ぐ近道といえます。

オウンドメディアに直接売り込む

クラウドソーシングサイト経由で、ある程度仕事ができるようになれば、仲介を通さずに仕事を受注することも視野に入ってきます。クラウドソーシングサイトで継続的に仕事ができているならば、仲介を必要としない仕事の受注の場合でも、クラウドソーシングサイト内で培った実績はクライアントからの評価対象となりえます。

とはいえ、コネがない場合、いきなり自分を売り込むのは難しいもの。そこで活用したいのが、オウンドメディアなど既存のWebサイトを訪問し、ライターや編集者募集などを探してみることです。新規オウンドメディアの立ち上げで募集が出ていれば、そのまま応募してみても良いでしょう。ただ、既存のオウンドメディアの方がクライアントの求めている人材が明確なため審査が迅速な傾向にあります。ともかくオウンドメディアに直接応募する場合は、仲介を通さない分、直接契約ができれば仲介手数料などが引かれないので得られる成果報酬も増加します。

近年は、Web媒体が主体になってきているため、紙媒体での執筆経験がなくても採用される可能性があります。 クラウドソーシングサイトで実績を積んでいれば、経験者として即採用ということも少なくありません。ライター一本で稼ぐ人ともなると、求人募集がなくとも直接問い合わせてみる人もいます。 実際、クライアント側にとって条件を満たす人材であれば、募集が出ていなくても採用されるケースは少なくありません。

クラウドソーシングサイト経由でもそうでなくても、稼ぐWebライターはさまざまな媒体に記事を執筆してステップアップしていきます。クライアントが法人となると、複数のオウンドメディアを運営しているため、一つのオウンドメディアから出発し、別のオウンドメディアでも書いてほしいといった依頼を受けることもあります。営業を積極的にかけずとも、仕事を受注することができるようになっていきます。

自分のブログで自分の強みをアピールする

クラウドソーシングサイト経由や直接的にライター募集にトライすることで、自分で仕事を取ってくるのは、記事作成以外にも時間をとられる作業です。最初は、そうした営業を行うことで、スキルアップや実績作りをします。しかし、それではいつまでも就職活動をしているようなもの。

よりライターとしての営業活動を縮小し、本来の仕事である文章作成に力を注ぐためには、自分の専門性を明確にし、クライアント側から仕事を頼まれるような状況にしなければいけません。その手段の一つとして、自分のブログを立ち上げる人は少なくありません。ブログを立ち上げるメリットは、Webライターの特性をしっかりと発信することができる点です。

初心者のうちは、さまざまな仕事にトライすべきですが、より高品質な仕事をこなすためには、自分の専門性を磨くことが必要になります。ブログでは、特に自分がどういう存在で、これからどういう仕事をしていきたいのかというのを明確にするのが仕事を受注するためのポイントです。どういう人か分からない人に仕事を依頼するというのは依頼者からしてもハードルが高いもの。クライアントとしては、作業をしてくれるライターの属性がはっきりしている方が判断に迷わずにすみます。

その点、ブログでは自分の得意なことを全面に出していくことが重要になってきます。同時に、クライアントもアクセス数を稼ぐことを意識しているため、その意味では自身のブログでもSEO対策を意識できている人を求める傾向が強いです。稼ぐWebライターは、これまでの経歴や仕事履歴などをしっかりと提示し、今後どんな記事を書いていきたいのかもブログでアピールすることで、仕事が舞い込む仕組み作りをしています。

稼ぐために近道はなし

Webライターというと、お小遣い稼ぎ程度でやっている人からライター一本で生計を立てる人まで実にさまざまです。 しかし、小さな仕事でもコツコツとこなしていくことで、実績を作ることができ、やがて自分の強みや得意分野なども分かってくるもの。

自分の書けることが明確になれば、クライアントから仕事をしてほしいと声がかかることも増えてきます。稼ぐWebライターになりたければ、なんでも屋になるのではなく、ある程度の実績ができた段階で仕事を精査し、得意なことに特化していくことも必要といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
サグーワークスはWEB上で気軽にできるライティングのクラウドソーシングサービスです。様々な案件を在宅で好きな時間にできるので、あなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、実力が認められてプラチナライターになると、文字単価1円以上の案件も!いますぐ見に行く
ライター募集中