方法的懐疑~webメディアに携わる人の心構え~

方法的懐疑~webメディアに携わる人の心構え~

メディアに携わる方にとっては情報が命と言えるでしょう。自分が仕入れた情報を元に他人にわかりやすく伝わるように整理・発信することがメディアの役割なので、情報にどう向き合うか?どう接するか?という点については自分なりの哲学や信念を持っている方が多いのではないでしょうか。そんな哲学のひとつとして、デカルトが述べる「方法的懐疑」はメディアに携わる多くの方にとってかなり有効な考え方だと思います。ここでは方法的懐疑とは?という点からメディアに携わる際に持っておくといい心構えについて述べます。

そもそも「方法的懐疑」って何?

冒頭に述べた「方法的懐疑」という言葉はもしかすると聞いたことがない人が多いかもしれません。方法的懐疑とはデカルトが述べた考え方であり、少しでも疑いの残るものは偽りとして廃棄し、全く疑いの余地のない絶対に確実なものが残るかを探ろうとする姿勢を指します。その疑いを晴らすためにさまざまな文献に触れることはもちろんのこと、書物から離れて多くの人々と交流し、自身の目で真実を求め、体験していこうとしていたそうです。わずかでも疑いのあるものは排除しようとする姿勢からは、真理に近づくために有益な情報のみを求めようとする厳格な基準が感じられます。

自分の接している情報は本当に正しいのか?健全な疑いを持ち続ける重要性とは

いきなり冒頭から哲学的な話をしてきましたが、正しい情報を求める、という姿勢は哲学者のみならず、メディアに携わる私たちにも必要な姿勢ではないでしょうか?情報が溢れている現代社会において、ライターとして本当に有益な情報や信用に足りる情報を提供していくためには、インプットする情報の質が非常に重要になってきます。調べたい事柄についてネットで検索すれば膨大な情報にアクセスすることができます。しかし、それらの情報が全て真実であるとは限らないことは広く世の中に知られています。

そこで、情報収集する際には「今知った情報は本当に正しいのか?根拠があるのか?」というように疑いの気持ちを持ちながら情報にアクセスするといいでしょう。このような気持ちを持って情報に触れると自然と情報の根拠を探る姿勢が出てくるため、情報収集の精度が高まる効果も期待できます。

メディアに携わる人にとっての必須能力

膨大な情報の中から抽出した情報に対して懐疑的な視点を持ち、情報を見極め、取捨選択する能力は全てのメディアに携わる方にとって必須の能力と言えるでしょう。というのは瑣末な情報や信頼に値しない情報はすぐに消えていく運命にあるからです。消えていくだけならまだいいのですが、情報の伝播速度の早い現代においては信頼に値しないと言うことが知られると、その先メディアとしての機能を果たすことはほぼ不可能になってしまうこともあり得ます。そうなってしまうとせっかくいい情報を発信したいと思っても見向きもされなくなってしまうため、ライターはおろかメディアに携わる資格を失ってしまうことになるでしょう。そのため、取捨選択能力は必須能力となるのです。

こう書くと難しそうと思われるかもしれません。ですが、きちんと情報元を探りに行こうという意識を持つだけでその能力は高まっていくものです。ライターとして活動していくことを考えている方やメディアに携わりたいと考えている方は、先に述べたようにまず自分が情報に触れた時にその根拠を探ろうと意識してみることから始めてみるといいでしょう。その積み重ねが実際にメディアに携わる立場になった時に必ず活きてきます。

こぶたのまとめ

  • デカルトの方法的懐疑はメディアに携わる人にも役立つ考え方
  • 情報の根拠を探ろうとする姿勢を持つように意識することから始めるといい
  • その姿勢を失うとメディアに携わる立場から退場させられるリスクも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中