【プロ直伝】初心者ライターは、ショップへのインタビュー取材から始めるのがおススメ。

【プロ直伝】初心者ライターは、ショップへのインタビュー取材から始めるのがおススメ。

ショップへのインタビュー取材は簡単で、需要も多い

「インタビューの仕事をやってみたい!」と思っている初心者ライターは多いのではないでしょうか?
しかし、誰かにアポを取って1~2時間、お話しを伺って記事にする、というのは、初心者ライターにはなかなかハードルが高いものです。ならば、飲食店や洋服店などのショップに取材をするのはどうでしょう。わりとカンタンにできるし、仕事の需要も多いので、最初の一歩としてはオススメです。

そこで、僕が雑誌『るるぶ』や『散歩の達人』などでショップに取材に行くとき、気を付けていることをお伝えしたいと思います。

ショップ取材で「アポなし」はダメ

よく、テレビで「アポなし取材」というのがあります。本当にアポなしで突撃取材しているのかはわかりませんが、ライターならまず、アポを取るところから始めましょう。なぜなら、ショップに突然、行っても「店長が不在なので許可を出せない」「本部は別のところにあるので、まず、そちらに聞いて欲しい」などと言われることがあるからです。

取材したいと思っているショップへは、メールか電話で取材を申し込みます。メールの場合は、普通のビジネス文章のようなもので大丈夫です。ただし、何のために取材をお願いしたいと思っているかという、目的だけは明確にしておきましょう。電話の場合、コンタクトするのはショップが忙しい時間帯は避けるのが基本です。平日の2時から4時くらいが狙い目です。電話をかけると取材をお願いしたい旨を伝え、担当の方の名前を確認してつないでもらいます。担当の都合にあわせて別の日や場所に電話をかけ直す場合もあるので、メモと筆記道具は用意しておきます。また、「企画書を送って欲しい」と言われる場合もあります。その時は担当のメールアドレスをメモして、企画書を送ります。

取材する内容はちゃんと整理しておくこと

アポが取れて取材に行くとき、一番、大事なのは、取材すべき内容を先に書き出しておくことです。
僕は次のような項目を「取材シート」として書いておき、わかるところは先に記入し、取材時に確認するようにしています。

  • ショップ名:
  • 担当者(フルネーム):
  • webサイト:
  • 住所:
  • 問合わせ電話番号:
  • 最寄り駅:
  • 営業時間/平日・土日祝:
  • 休み/夏季休暇・年始年末:
  • 紹介する商品名:
  • 紹介する商品の価格(税込みと税別):
  • 特記事項

どれも必須の項目なので、『覚えておいてその場で聞けばいい』と思われるかもしれませんが、意外と聞き忘れるものです。面倒でも「取材シート」は作ていたほうがいいです。また、内容は必要に合わせてカスタマイズしてください。

撮影のための料理は食べていい?

飲食店を取材する場合、撮影用にオススメの料理を無料で提供してもらうことがあります。それは取材のお願いのときにきちんと相談しておきます。
撮影用の料理は味付けをしていなかったり、片面しか焼いていなかったりすることがあります。料理に沿える日本酒は大抵、グラスにお水を注いだものです。ビールはシャッターを切るごとにかき回して泡立てます。もっとこった撮影をするときは、ドライアイスで湯気をつくることもあります。

なので、撮影が終わってもそれを食べる、ということはしません。ただし、お店の人が「食べて行ってください」と言ってくれた場合は、なるべく食べるようにしています。食べて“味”を知る方が、リアリティのある記事が書けます。ただし、1日に数件続けて飲食店を取材する場合、お腹いっぱいになって最後は苦痛になるので注意が必要です。僕は1日6件食べてつらい想いをしたことがあります。

取材では聞くべきことを用意しておくこと

ショップで担当の方にインタビューします。そんなに長い時間ではないので、メモ書きで大丈夫でしょう。

  1. こだわっていること
  2. ショップのセールスポイント
  3. 紹介する商品のセールスポイント

などを聞いて行きます。それらは「取材シート」にメモしていきます。また、ショップにあるチラシ類は資料になるので必ずもらうようにしています。あと、紹介する商品にあるポップやメニューやはメモ代わりに携帯で撮影しておくと記事を書くとき便利です。

ショップ取材は「お客様ファースト」が基本

ショップは気軽に取材ができるため、初心者ライターにとってやりやすいことは確かです。ただし、お客さんとしてショップに行くわけではないので、節度ある態度が重要です。一番、大切なことは「お客様ファースト」ということ。早く取材を終わらせたい、と思ったとしても、商品を見ているお客さん、レジをするお客さんが最優先です。自分勝手な態度ではショップに嫌われてしまいます。逆に「お客様ファースト」を意識しているとショップの対応もよくなります。
以上のことをショップの取材の参考にしていただければと思います。

この記事に関連するオススメ記事

待ってるだけじゃ仕事は来ない!得意分野を増やしませんか?

WEBライターとしてライターサイトに登録、パソコンの前に座って、いざお仕事をはじめよう!・・・と思ったら全然仕事が来ない。 やっぱり稼げるライターなんて一握りの人しかなれないのね・・・とお悩みの方は続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
サグーワークスはWEB上で気軽にできるライティングのクラウドソーシングサービスです。様々な案件を在宅で好きな時間にできるので、あなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、実力が認められてプラチナライターになると、文字単価1円以上の案件も!いますぐ見に行く
ライター募集中