体が資本!フリーライターはどのタイミングで健康診断を受けるべき?

体が資本!フリーライターはどのタイミングで健康診断を受けるべき?

フリーライターとして仕事を続ける上で、忘れてはいけないのが健康管理です。休職中でも給与を受け取れる制度のある会社員とは異なり、病気などによる体調不良で仕事ができなくなると収入に大きな影響を受けてしまいますよね。会社員であれば定期的に健康診断を受けることができますが、フリーライターの場合はついおろそかになってしまいがちです。ですが、病気を未然に発見するためにも健康診断は定期的に受けたいところ。ここでは、フリーライターが健康診断を受けるタイミングや必要な受診項目などについてご紹介していきます。

1年に1度は健康診断を!その理由は?

フリーライターとして健康診断を受ける場合でも、理想的な頻度は1年に1度です。その理由は、1年間無理な生活を続けていれば、それまでどれだけ健康であっても体調を崩して大きな病気を引き起こしてしまう原因となりうるため。

会社員であれば1年に1度の健康診断が義務付けられていますし、健康診断の時間も勤務時間として給料に換算されますから健康診断を受けるのに何もためらうことはありません。ですがフリーライターの場合は健康診断を受ける時間が収入につながることはありませんし、健康診断のために時間を空けるのも一苦労ですよね。色々とデメリットの多い健康診断ですが、長期的にフリーライターとして活躍するなら体調管理は必須事項です。

大きな病気をして仕事を休まざるを得ない場合になってしまえば、会社員のように手当がつかないため収入はなくなりますし、当然仕事をする時間など確保できません。そのようなリスクを考えれば、年に1度は自分の健康状態を把握する機会を設けて定期的に生活スタイルを見直すのは決して無駄なことではありませんよね。

健康診断で受診すべき項目は?

それではいざ健康診断を受けるとなったら、どのような健康診断を受けるべきなのでしょうか。基本的には会社員が受ける「健康診断Aコース」(医療機関により名称が違う場合があります)を受けておけば問題ありません。この健康診断は労働安全衛生法により義務付けられた定期健康診断で、基本的な健康状態や病気の発見につながる受診項目がカバーされているものです。検査項目は下記の通りです。

  • 身体測定(身長、体重、BMI、腹囲)
  • 尿検査(糖、蛋白)
  • 血圧測定
  • 視力検査、聴力検査
  • 胸部X線
  • 安静時心電図
  • 血液検査(ヘモグロビン、赤血球数、GOT、GPT、γGTP、中性脂肪、HDL・LDLコレステロール、HbA1c)
  • 問診、聴打診

このコースの受診費用は地域や医療機関により少し変動がありますが、大体1万円くらいです。検診専門のクリニックで行えば半日程度で全ての項目を終わらせられます。そこまで時間的、経済的負担が大きいわけではありませんから、ぜひ時間を作って健康診断を受けてみてください。

健康診断費用は経費にならない点に注意

検診が義務化されている企業の場合と異なり、フリーライター(フリーランス)が健康診断を受ける際の検診費用は経費として認められません。あくまで自身の健康管理のために行うものという認識のためですね。ただ、検診の義務がないということは役所へ検診実施の有無を報告する義務もないということです。

注意が必要なのは、あくまで「事業主」の検診費用が経費として認められないという点。もし一定数以上の従業員を常時雇用して仕事を受けている場合は、従業員に対する検診実施は義務となるため経費として認められ、役所への報告義務も発生することになります。

自治体のクーポンを上手に活用しよう

フリーライターとして働き始めたばかりで経済的な余裕がない時は、市町村からの補助がある検診だけでも忘れずに受けておくのがおすすめです。40歳以上の人間ドック補助、各種がん検診補助、歯科検診補助などクーポンが自宅に送られてくる場合が多いですから、間違えて捨ててしまわないように注意してください。また自治体により助成内容が異なりますので、気になる方はお住いの自治体に確認してみてくださいね。

健康管理は仕事の継続と医療費削減になる

フリーライターは体が資本。自身の健康があってこそ安定して仕事を継続できるのですから、健康診断を受けて健康管理をしっかり行いましょう。また将来の大病を未然に防ぐことができれば、結果として医療費や時間の削減にもつながります。健康診断には時間もお金もかかりますが結果として自分のためになることですから、ぜひ年に1度の健康診断を忘れずに行ってみてください。

こぶたのまとめ

  • 健康管理のためにも健康診断は1年に1度受けるようにするのがおすすめ。
  • 健康診断では基本的な検査項目が網羅されている「健康診断Aコース」を選ぼう。
  • フリーライターは会社員のように健康診断を経費で落とすことはできない。
  • 経済的に余裕がない時は自治体から助成がでる検診だけでも受けるようにしよう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中