フリーライターのマナー~メールと電話~

知ってる?フリーライターのマナー

フリーライターの仕事にも、守らなくてはならないマナーがあるのをご存知ですか?今まで経験してきた仕事にも、守るべきマナーやルールがあったのではないでしょうか。フリーライターにもそういったマナーがあるのです。マナーが守られないと、今後の仕事が減ってしまったりクライアントから信用を得られなかったりと仕事に差し支えてしまいます。
知らなかった!では済まされない、フリーライターの基本的なマナーを知り、これからのお仕事に役立てていきましょう!

メールの返信は早めに!

フリーライターのお仕事の依頼は、ほとんどがメールで来ます。メールの内容を確認して、お仕事を受けるか受けないか決める、もしくは質問をしてその質問の返答によって判断するなど、さまざまなパターンがあるでしょう。そういったお仕事の依頼メールは、メールが来てからなるべく早めに返信をするのがマナー!早めに返信をしないと、何日も吟味して「やっぱりこの仕事、やらせてもらおう!」と決意したころにはすでに違う人に決まっている、なんていうこともあります。

また返信がないと連絡のつきにくい人、と先方にも思われてしまいますし、返事の遅い人との仕事は進みにくく、できれば迅速な対応をしてくれる人がいいと考える依頼主は多いでしょう。メールは即レス、もしくはどんなに遅くてもその日中に返すようにするのが、フリーライターとして仕事をする上で大切なマナーです。

メールだからこそ言葉の使い方に気をつける

メールでのやり取りの多い仕事だからこそ、メール文中の言葉の使い方に細心の注意を払う必要があります。何回もやり取りをしているからと言ってくだけた口調になりすぎるのも考え物ですし、固い口調になりすぎて何が言いたいのかよくわからない文章になるのも困りものです。

メールでは目で得られる情報がないため相手の人柄がわかりにくく、自分ではそんなつもりはなくてもそっけない印象の文面になってしまったりすると、メールを読んだ相手が不快な気持ちになってしまうことも。メールの返信内容は必ず、打ち込んだ後に読み返して相手がどうとらえるか一度考えてから送信するようにしましょう。

電話に出られなかったときは

フリーライターのお仕事をしていると、ごくたまにメールではなく電話がかかってくることもあります。仕事に集中していると電話に気が付かなかったり、家事をしていると電話に出られなかったりすることもあります。そんな時、相手から再度電話がかかってくるのを待つのではなく、なるべく自分から折り返し電話をかけ直すのがマナーです。

迷惑電話が多い、という人の場合は電話をかけることにためらいがあるかもしれませんが、仕事先の人からの電話なら留守番電話に伝言が入っているケースがほとんどですので、相手が誰だかわからない電話番号に電話をかける、というわけではありません。留守番電話の伝言や着信履歴に気が付いたら、なるべく早めにかけ直しましょう。

依頼を受けないときも

メールやチャットツールで仕事の依頼をされ、依頼を断るのが億劫でそのまま返信しないでいることはマナー違反です。仕事を受けられないときでも必ずメールの返信をしましょう。仕事の依頼を受ける場合はメールの返信もしやすいですが、断りのメールを入れるのは心理的にも辛いですよね。

しかし、メールの返信を怠って信頼を失ってしまうよりかは、早めにメールの返信をしてお断りを入れた方がいいでしょう。他の仕事と変わらず、フリーライターも人と関わって信頼関係を築きあげていくことが大切です。しっかりとマナーを守って、円滑な人間関係を気づけるようにしたいですね。

こぶたのまとめ

  • メールの返信は早めに!
  • メールの文中の言葉遣いには気をつける
  • 電話に出られなかったときは、自分からかけ直す
  • 仕事を断る場合でもきちんとメールの返信をする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
サグーワークスはWEB上で気軽にできるライティングのクラウドソーシングサービスです。様々な案件を在宅で好きな時間にできるので、あなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、実力が認められてプラチナライターになると、文字単価1円以上の案件も!いますぐ見に行く
ライター募集中