ライターには集中力が不可欠!集中できる環境を探そう!

ライターには集中力が不可欠!

文章を書いて記事に仕上げるのがライターのお仕事です。早くたくさんの記事を書くことにより、仕事の効率も上がり多くの収入にもつながることになります。
そのような仕事をするには「集中力」が不可欠です。作家の仕事同様、集中力が欠けてしまうと記事を書くスピードも下がり、書き終えた記事もなんだかおかしな点が多いということもあるでしょう。今日はライターにおける集中力をあげる方法やそのコツについてまとめてみました。

自分にとっての集中できる環境とは

集中できる場所というのは人によってさまざまです。例えば作家が執筆に集中している場所の一例としては、書籍がある広い個室で、大きな書斎机に心地の良いワークチェアで作業をするイメージがあります。しかしその一方で家ではどうしても落ち着かず、毎日喫茶店で執筆している作家もいます。まずは自分が落ち着いて集中できる場所はどこか考えてみましょう。デスクチェアよりもこたつが良いという人もいるでしょうし、あまりに静かな環境よりも人の話し声がざわついているファミリーレストランの方が良いと感じる人もいます。そこが長時間滞在できる場所であり、なるべく肩や腰に負担が掛からないで作業ができるのであれば、そこが自分にとって集中できる理想的な環境と言えます。

記事を執筆する時間を考える

人の集中力が増す時間は、個人差はあるものの午前中が多いと言われています。しかし午前中を記事に当てる時間がない人もいるでしょうし、生活によっては記事を執筆するのは夜の9時から11までと決まっている人もいるでしょう。むしろ限られた時間しかない方が今しか書けないという覚悟を決めることができるので、集中力を高めることにつながります。逆にいつでも執筆できるということは、今はダメでも後でやれば良いやという気にもなり、いつまでたっても集中できないことにもなります。集中力を高めるためには、執筆に当てる時間はこの間しかないと時間を決めることも必要です。ライターの仕事はいつでもどこでもできるという利点がありますが、あまりにも仕事をする時間を決めずにダラダラしてしまうのはよくありません。

追い込むことも時には必要

学生の頃のテストを思い返してみると、もう明日が試験だ、間に合わない!と必死に集中して勉強をした人も多いでしょう。ライターの仕事もある程度の締め切りや焦りを感じた方が集中力を高めることができます。ただ体を壊すような無理な量の仕事を入れたり、できもしないのにたくさんの仕事依頼を引き受けてしまったりするのはよくありません。しかし今週はこれだけの記事を執筆するといった目標を立て、ペースを上げないと間に合わないという多少の焦りを持つことは、否が応でも集中力をあげて仕事をすることにつながります。普段からダラダラと記事を書いている人は、普段よりも少し記事数を増やし締め切りを立てるなど、自分を追い込んでみるのも良いでしょう。

集中力が続かない時は執筆をあきらめる方法も

寝不足だったり身体の調子が悪かったり、そのようなことが原因でどうしても集中力が続かないこともあります。もう執筆を始めてしまったので今から辞めるわけにはいかない。でも頭がぼーっとして執筆ができない…。このような経験は多くのライターがあるのではないでしょうか。あまりに集中力がない状態で記事を書いてしまうと、結局その記事は採用されなかったり修正作業が多くなったりと、結局二度手間になってしまうこともあります。そのような時は思い切って執筆を辞め、その代わり明日頑張る形でゆっくり休息を取る方法もあります。パソコンから離れて気分転換することにより、その後の執筆がスムーズにいくこともあるでしょう。

こぶたのまとめ

  • 自分にとって長時間集中できる環境はどこか考えよう
  • 執筆時間はこの時間!作業時間を決めてダラダラを防ごう
  • 執筆量を増やし、締め切りを意識して自分を追い込む方法も
  • どうしても集中できないときは、執筆を辞めてみるのも良い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・9人 / いいえ・・・1人
  • ライターとして仕事をするには自分が長時間集中できる時間帯を見つけたり、集中できる場所で執筆することが重要だということがわかりました。一日中ダラダラと仕事をするのではなく、頭の冴えた時間に集中して書くように心がけようと思います。
  • ライターとして集中力を高めるために、執筆をする時間や場所などに工夫をすると良いことが分かりました。また、執筆が上手くいかないときには、自分を追い込むことで良い結果が生まれることがあると知り、これからのライティングに役立てたいです。
  • ライターのお仕事を上手に続けるためのコツがとても参考になりました。文章を書くには集中力を持続させることが大事ですが、どうしてもうまくいかない時には一旦諦めるという選択肢、正直目からウロコでした。長時間集中力を欠くことのない環境づくりをこころがけたいと思いました。
  • まずは仕事のしやすい環境を整えることが、一番大切だと分かりました。仕事を効率よくできるように、まず計画を立て直したいと思いました。集中できる場所と、時間を見極めたいと思います。体調不良や環境が整わない時には、執筆を諦めた方が良いことも分かりました。
  • 私も集中力が続かない時は、あきらめる方法をとっています。一旦中断することで、頭の中がリセットすることができます。これからも、この方法は続けたいと思っているので、同じ考えの人がいると知れたので良かったです。
  • まずは自分の集中できる環境がどんな環境なのか、分析する必要があると思いました。仕事の仕方も、追い込んだほうがいいのか、余裕を持ったほうがいいのかは、個人によって違うと分かりました。時間帯や場所をよく考えて、効率的に仕事が出来るようにしたいです。
  • 記事の内容としては、集中力の高める方法として、場所や時間帯などについて紹介していますが、記事作成以外の仕事や勉強にも共通する内容に感じたため、あまり参考になりませんでした。記事作成に特化した内容がよかったです。
  • 文章を書く作業をよくするので参考になりました。自分にとって集中できる環境とはどのようなものかを考え、目標を定めて追い込むことで集中力を高めることや、体調が悪い時には無理をせずに休息をとることなど、この記事を読んで気づいたことをこれからの執筆活動に取り入れていきたいです。
  • 記事を書いていると、すぐ集中力が切れて中断してしまいます。やっぱり、まずは自分が集中できる環境作りから始めた方が良いですね。良い環境を作れば、仕事の効率も上がってライターとしての収入も増えそうですね。
  • 私は、具体的にこの時間に書くというスタンスは持っておらず、書きやすそうな記事を見つけたら書くという感じでやっていました。しかしこの記事を読んで、時間を決めて毎日コツコツとやっていくの重要性を再認識しました。その上で今までの自分のやり方を少し変えてみようと思いました。
ページトップへ戻る