ライターには集中力が不可欠!集中できる環境を探そう!

ライターには集中力が不可欠!

文章を書いて記事に仕上げるのがライターのお仕事です。早くたくさんの記事を書くことにより、仕事の効率も上がり多くの収入にもつながることになります。
そのような仕事をするには「集中力」が不可欠です。作家の仕事同様、集中力が欠けてしまうと記事を書くスピードも下がり、書き終えた記事もなんだかおかしな点が多いということもあるでしょう。今日はライターにおける集中力をあげる方法やそのコツについてまとめてみました。

自分にとっての集中できる環境とは

集中できる場所というのは人によってさまざまです。例えば作家が執筆に集中している場所の一例としては、書籍がある広い個室で、大きな書斎机に心地の良いワークチェアで作業をするイメージがあります。しかしその一方で家ではどうしても落ち着かず、毎日喫茶店で執筆している作家もいます。まずは自分が落ち着いて集中できる場所はどこか考えてみましょう。デスクチェアよりもこたつが良いという人もいるでしょうし、あまりに静かな環境よりも人の話し声がざわついているファミリーレストランの方が良いと感じる人もいます。そこが長時間滞在できる場所であり、なるべく肩や腰に負担が掛からないで作業ができるのであれば、そこが自分にとって集中できる理想的な環境と言えます。

記事を執筆する時間を考える

人の集中力が増す時間は、個人差はあるものの午前中が多いと言われています。しかし午前中を記事に当てる時間がない人もいるでしょうし、生活によっては記事を執筆するのは夜の9時から11までと決まっている人もいるでしょう。むしろ限られた時間しかない方が今しか書けないという覚悟を決めることができるので、集中力を高めることにつながります。逆にいつでも執筆できるということは、今はダメでも後でやれば良いやという気にもなり、いつまでたっても集中できないことにもなります。集中力を高めるためには、執筆に当てる時間はこの間しかないと時間を決めることも必要です。ライターの仕事はいつでもどこでもできるという利点がありますが、あまりにも仕事をする時間を決めずにダラダラしてしまうのはよくありません。

追い込むことも時には必要

学生の頃のテストを思い返してみると、もう明日が試験だ、間に合わない!と必死に集中して勉強をした人も多いでしょう。ライターの仕事もある程度の締め切りや焦りを感じた方が集中力を高めることができます。ただ体を壊すような無理な量の仕事を入れたり、できもしないのにたくさんの仕事依頼を引き受けてしまったりするのはよくありません。しかし今週はこれだけの記事を執筆するといった目標を立て、ペースを上げないと間に合わないという多少の焦りを持つことは、否が応でも集中力をあげて仕事をすることにつながります。普段からダラダラと記事を書いている人は、普段よりも少し記事数を増やし締め切りを立てるなど、自分を追い込んでみるのも良いでしょう。

集中力が続かない時は執筆をあきらめる方法も

寝不足だったり身体の調子が悪かったり、そのようなことが原因でどうしても集中力が続かないこともあります。もう執筆を始めてしまったので今から辞めるわけにはいかない。でも頭がぼーっとして執筆ができない…。このような経験は多くのライターがあるのではないでしょうか。あまりに集中力がない状態で記事を書いてしまうと、結局その記事は採用されなかったり修正作業が多くなったりと、結局二度手間になってしまうこともあります。そのような時は思い切って執筆を辞め、その代わり明日頑張る形でゆっくり休息を取る方法もあります。パソコンから離れて気分転換することにより、その後の執筆がスムーズにいくこともあるでしょう。

こぶたのまとめ

  • 自分にとって長時間集中できる環境はどこか考えよう
  • 執筆時間はこの時間!作業時間を決めてダラダラを防ごう
  • 執筆量を増やし、締め切りを意識して自分を追い込む方法も
  • どうしても集中できないときは、執筆を辞めてみるのも良い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中