魅力的な記事を作成するための文章力鍛練法

魅力的な記事を作成するための文章力鍛練法

文章を書くことは誰でもできます。そういう意味ではwebライターは誰にでも可能な仕事だと言えるでしょう。しかし、稼げるwebライターとなると話は別です。ライターの仕事だけで生活できるほど、あるいは、普通のバイトをするより割がいいと思えるほど稼ごうと思えばそれに見合ったスキルを獲得しなければなりません。
スキルにも色々ありますが、その中でも必須なのが文章力です。しかし、どのようにすれば文章力が鍛えられるのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで、文章力の鍛錬に役立つ記事をまとめてみました。

まずはタイトルを決める

web記事において本文と同等か、場合によってはそれ以上に大切なのがタイトルです。本文がいかに素晴らしくてもタイトルに魅力がなく、読者が自分の書いた記事を選んでくれなければそれまでです。したがって、どのようなフレーズなら読者の興味が引けるかを熟慮してタイトルをつける必要があります。また、それ以前に、検索エンジンで上位に表示されなければ読者の目に触れることすらないため、SEO対策を意識したタイトル作りも欠かせません。

読者を飽きさせない文章構成

web記事の読者は非常に移り気です。魅力的なタイトルに惹かれてアクセスしても、少し読んで興味がわかなければすぐに他の記事を探し始めるでしょう。そこで、記事の構成を考える際には、読者を飽きさせない工夫が必要になります。「序文でテーマを明確にする」、「結論を先に述べる」など、どういう書き方をすれば興味が持続するかを読者の気持ちになって考えてみましょう。

記事の完成度を高めるための前準備

より良い記事を作成しようと思えば、いきなり文章を書き始まるのではなく、前準備が大切です。特に、クライアントからの依頼内容の読み込みと収集した情報の真偽の確認は欠かせません。前準備がしっかりしていれば、それだけ記事の完成度は高まってきます。

伝わりにくい文章のパターンを常に意識する

記事を書く際に、特に大切なのは今書いている文章が読者にとって理解しやすいか否かを常に考えることです。例えば、文章は一文が長ければ長いほど意味が理解しづらくなる傾向があります。また、「~こと」という表現を多用すると表現が回りくどくなり、文の理解を阻害する要因となります。そういった「読者に伝わりにくいパターン」を頭の中で反芻しながら文章をチェックする習慣を身につけていけば、自然にそのような表現を避けられるようになれるでしょう。

独自の切り口を見つけるには発想力の鍛錬が必要

記事というものは、調べた情報を羅列するだけでは魅力的なものにはなりません。そこに面白味を加味するには独自の切り口が不可欠です。しかし、独自の切り口と言われてもすぐにそれを実行するのは困難です。そのスキルを身につけるには、日頃からいろいろなものに興味を持ち、あらゆる角度から物事を考える習慣が必要となります。また、そうして身につけた独自視点を文章として自在に表現するには、ボキャブラリーを増やす訓練が欠かせません。

記事の魅力を高めるために欠かせない推敲と校正

記事は下書きができたからといってそれでほぼ完成というわけではありません。むしろ、そこからの推敲や校正が重要なのです。無駄や意図の伝わりにくい部分が多い第一稿をどれだけシャープに磨き上げていくかで、その記事の魅力は決まってきます。

文章力を鍛えて稼げるライターに!

文章というものは基本的には書き続けいれば自然に上達していくものです。しかし、正しい鍛錬の仕方を知っているか否かによって上達の速度は変わってきます。そして、上達速度がなかなかアップしなければ、同じ年数ライターとして執筆を続けても、その間に得られる収入には大きな差がついてしまうでしょう。それは非常にもったいないことです。そこで、まずは中級編として、文章力の正しい鍛錬の仕方を理解し、稼げるライターへの第一歩を踏み出しましょう。

こぶたのまとめ

稼げるライターになるには文章力の鍛錬が必要

  • 本文だけでなくタイトルも魅力的になるよう心がける
  • 文章構成は飽きさせないように工夫が必要
  • 執筆を始める前の準備が記事の完成度を高める
  • 伝わりにくい文章パターンを意識し、それを回避できるようにする
  • 魅力的な切り口が記事の魅力を高めていく
  • 最後に記事を磨き上げるために欠かせないのが推敲と校正

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • ダラダラとした文章を書くと読者が飽きてしまうため、魅力的な記事を書くことの重要性が理解できました。また、執筆を始める時には前準備を欠かさないことで、スムーズに生地の制作に取り組むことができると思いました。
  • 自分のこれまでライターとして書いてきた文章を振り返ると本文はしっかりと推敲を重ねてもタイトル部分が適当にしがちだったので今後は気をつけたいと思いました。文章構成も読み手に分かりやすく伝える方法がたくさんあることを知れて今後に活かしたいです。
  • コラムを読んで改めて推敲と校正の大切さを知ることができたので良かったです。プロのライターさんは読み手に分かりやすい文章パターンやテクニックがあるようで、自分も身に着けることができるよう仕事を重ねていきたいです。
  • ライティングの仕事を始めるうえで、前準備に力を注ぐことで、それだけ質の良い文章になることが分かりました。発想力を高めておくことにより、相手方に興味を持ってもらえる文章を書けると知り、積極的に実践してゆきたいと思いました。
  • 文章力を上げたいけど、実際何をしたら良いのか分からなかったんですよね。タイトルや構成に拘って書く事が大切なんですね。今までとにかくルールを守る事を考えていたので、今度からはこれを参考に、飽きさせないような文章作りに拘ってみます。
  • 私は普段からブログを書くので語彙力を上げるために本を読んでいます。なので最初に書かれていたタイトルに気を付けることや、文章の構成の仕方は知っていました。しかし記事を読むことで語彙力を上げるノウハウを再認識できたので良かったです。
  • 今までタイトルは、ルールにおさまるように無難な感じにしていました。でも、やっぱり最初に目につく部分なので、魅力的なタイトルを考える事って重要なんですね。SEO対策にもなるようですし、もっと独自なタイトルを考えるようにしたいと思いました。
  • 文字数を意識するとどうしても一文が長い文章になりがちです。出来るだけ分かりやすくまとまりのある文章を心がけているつもりなのですが、実際はうまくいかないことが多いです。せっかく情報収集をしっかりしても構成がダメではいけないということですね。
  • 私はタイトルをつけることがとても苦手です。苦手なことも続けることで成長できるんだなと思ったのと、どんな仕事でも続けながら、向上心を持つことが大切なんだと感じました。ライティング後は、しっかりと見直しもしていきたいと思います。
  • 文章を書くことはだれにでもできること、しかし人を惹きつける文章を書けるようになることが本当に大事な事なんだと思いました。それにはただ文章を書き続けるだけではダメ、色々な「書く」テクニックが紹介されていてとても参考になりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中