1つの会社で働き続けたくてもできない?終身雇用とクラウドソーシングサービスの関係とは

1つの会社で働き続けたくてもできない?終身雇用とクラウドソーシングサービスの関係とは

学校を卒業して就職した会社で一生勤め上げる…そんな姿が一般的な働き方であったのも今や昔。厚生労働省が公表した調査結果によれば一社で勤め上げたいと思う方は多くいますが、その割合は年々減少してきているそうです。その背景には、会社が数十年持続するかという心配もありますが、新しい働き方が多く生まれてきていることもあるようです。新しい働き方として代表的な例がオフィスに行かなくても自宅で作業することができる、いわゆるクラウドソーシングサービスです。そうした働き方の変化について触れていきたいと思います。

終身雇用で安心できる時代は終わった?

在学中に就職活動に勤しみ、無事就職できたらその会社で定年まで勤め上げ、退職金を基に老後生活を送るー。一般的な社会人像としてこうした姿を思い浮かべる方はきっと多いことと思います。そしてそのようなスタイルを実現したいと思っている方が多くいるというのは厚生労働省が発表した調査によって明らかになっており、2016年に実施された調査によれば6割以上の方がそうした働き方を実現したいと思っているそうです。ただ、そうした方の割合は年々減少傾向にあるようです。また、1社で勤め上げたいと思っても会社が数十年も存続できるかという意味で実現できるかが不安と感じている方が増えてきているというのも同じ調査で明らかになっています。これは、終身雇用で働きたいと思う方は多くいますが、そうした働き方が実現できると考えている方が少なくなっており、理想と現実の乖離が大きくなっていることを表していると言えるでしょう。

なぜ勤め上げたいと思う方が年々減っているのか?

6割以上という大きい割合で終身雇用を望む方がいるという現状がある一方で、なぜ終身雇用を望む方の割合が年々減っているのでしょうか?要因としてはさまざまなことが考えられますが、最近の傾向として考えられるのは一般的な「働き方」が変わってきていることが挙げられます。「ノマド」という言葉が広く知られるようになるなど、オフィスで働くスタイルから、在宅ワークを含む働く場所を選ばないワークスタイルを望む方が増えてきていることはさまざまなメディアやニュースを通じて広く知られてきています。そうした働き方が選択できるとなった時に、これまでと同じような働き方からの脱却を図る方が現れ始めていることが終身雇用を望む方の減少に繋がっているように考えられます。

新しい働き方に参入しやすくなった?

とはいえ、そうした働き方は今まで一般的だと思われていたオフィスワークとは全く異なるワークスタイルなので、そちらに移行できる方は一握りなのでは?と思われる方がいるかもしれません。しかし、そうした新しい働き方を実現する環境が色々と整ってきているため、新しい働き方を取り入れることは意外と簡単になってきています。

例えば、クラウドソーシングサービスを利用するならばパソコンさえあれば働く場所は一切問われません。そのため、自宅を一歩も出ずに好きな時間に好きなだけ働く在宅ワークも容易になってきています。そうした働き方ができるようになると、家で家族と一緒に過ごしながら働くことができるようになるため、ライフスタイルも大きく変わります。これまでは長時間オフィスにいるため家族と過ごす時間は朝と夜だけだったのが日中も家族と過ごすことができ、休日も土日のみならず自分で調整できるようになるなど、仕事中心の生活からプライベート中心の生活へ移行できるようになったと言えるでしょう。そうした働き方を求める方が増えてきているのも終身雇用を求める方の減少に繋がってきているのではないか、と考えられます。

自分が望む働き方を考えてみましょう

終身雇用の安定感は多くの方にとって依然魅力的な選択肢です。ですが、自己管理がきちんとできるという方にとっては新しい働き方を取り入れる流れも大きくなっているようです。安定感と自分の時間のどちらを求めるかは個人の考え方や価値観なのでどちらがいいとは言えません。しかし、一つの会社で勤め上げることが全てではなくなってきている、という考え方は頭に入れておいても良いのではないでしょうか?

こぶたのまとめ

  • 1社で勤めあげたくてもできないように思う方が増えてきている
  • 在宅ワークという選択肢によって働き方が変わってきている
  • 環境が整ってきているため新しい働き方に参入しやすくなっている

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • なるべく同じ会社で最後まで勤めたいと思っていましたが、育児で会社を辞めました。そこで、在宅ワークを始めたので、この記事は印象深かったです。新しい働き方ができる環境が整い始めていることを知り、安心できました。
  • 会社員とクラウドソーシングで働くフリーランスの違いが分かりとても勉強になりました。特に、プロのライターとしてキャリア形成を図るうえで、どのような働き方が望ましいのかこれからも検討してゆきたいと思っています。
  • 終身雇用が普通だった過去から、クラウドソーシングのような新しい働き方が認識されたことにより、雇用形態も変化していますよね。職業選択の自由化によって、1つの会社で長く働き続ける必要は無いと私は思います。
  • 働き方の多様性は決して悪いことではありません。働く環境を良くしたいと思った結果、終身雇用でない働き方の提案があったのです。働く環境の過渡期に今はあると考えているので、これからは自分で働き方を選択するチャンスに恵まれていると感じています。
  • 若者の間で注目されている新しい働き方について丁寧に説明が行われていたのでいろいろと役立ちました。特に、終身雇用やフリーランスの働き方の違いに関しても述べられているため、これから仕事を探す人にも便利だと思いました。
  • 息子も例外ではありませんが、最近の若い人は終身雇用に疑問を抱いて働き方を変えていく人が増えている気がしていました。まさにこの記事でもそのような傾向にあることがわかりました。これからの社会がどのように動いていくのかをしっかり考えて自分に合った働き方を選択していくことが必要だと思います。
  • 一つの会社で定年退職まで勤め上げるという働き方に疑問を抱き始めていたので、とても参考になりました。会社に拘束されることなくお仕事をすることができるクラウドソーシングサービスは非常に便利なものだと思います。うまく活用して、プライベートの時間も確保できるよう取り組みたいです。
  • 従来の終身雇用以外の働き方のメリットやデメリットが丁寧に説明されていたので、これから仕事を探す人にも読み応えがあると思います。また、クラウドソーシングを利用して収入額のアップを目指す時のポイントも分かりやすかったです。
  • 仕事の内容は、終身雇用が日本の代表的な働き方でしたが異なってきています。この記事を読んで一番感じたことは、仕事を会社に集まってやる必要がなくなってきたことです。結局オフィスを構えないで通勤に時間をかけることがなくなり、そもそもオフィス自体必要なくなる可能性がかなり高くなっているのではないでしょうか。
  • 従来の働き方に加えて、新たな労働の形が搭乗していること、それが持つメリットなどが記載されていました。また、記事によって働き方に関する新しい選択を知ることができて、仕事を決めるときの幅が広がると感じます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中