ストーリー仕立てでSEO対策が身につく一冊!

ストーリー仕立てでSEO対策が身につく一冊!

SEOという言葉は聞いたことがあっても実態を正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。実は、WEBライターを目指す人であれば、SEO対策ができているかどうかは評価を左右する重大なポイントなのです。『沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉』という本をおすすめしたいのは、SEOとは何なのかを分かりやすく、楽しく解説してくれる一冊だからです。

WEBライターが知るべきSEOとは?

SEOとは、検索エンジンで上位に登場するための方法です。本書ではSEOがいかにメディアマーケティングにおいて大切かを説明してくれます。どんなに魅力的なテーマがあってもどんなに美しい文章で書かれていても、SEOを意識していなければ検索に引っかかることが少なく、読者を獲得できないのです。

そこで、本書ではSEOの真髄を初心者にも分かるよう、丁寧に教えていきます。キーワードを散りばめることの大切さ、トレンドを意識したテーマ設定など、今まで知らなかった方法論が学べるでしょう。特に覚えておきたいのは「読者にとって分かりやすい文章を心がけること」と「コンテンツに愛を注ぐこと」という論旨です。読者を意識して文章を作成すれば、自然と分かりやすく興味がそそられるような内容になっていくでしょう。

また、いくら注目を集めるからといって、安易なコンテンツの引用は大問題になってしまいます。どんなテーマを扱うときにも既存のコンテンツへのリスペクトは必須です。リスペクトがあればパクリや転載はなくなり、文章に熱量が生まれ、読者を惹きつけるのだと本書は教えてくれます。

ストーリーに引き込まれる構成が秀逸

これまでにも多くのライター教本やSEOについてのビジネス書は出版されてきました。しかし、本書がこれまでの書籍と決定的に違うのは、マンガになっていて楽しく読み進められる点にあります。マンガといっても、マンガ風のビジネス書では、キャラクターが難しい台詞を延々と喋り続けているだけで、結局普通に活字を追うのと労力が変わらないことはよくありました。しかし、本書は本当に面白く読めるマンガなのです。

ストーリーは経営に苦しむ温泉旅館が舞台です。WEBマーケティングが上手くいかず、途方に暮れている旅館にボーン・片桐という謎の男が現れます。そして、SEOを始めとするWEBマーケティングの極意を伝授してくれるのです。ボーン・片桐の強烈なキャラクターに圧倒され、いつの間にか先の展開が気になってしまう構成は見事です。ハラハラドキドキしながらも最後にはしっかりとSEOの知識が身についていることでしょう。仕事や家事で疲れた状態でもマンガなら体力を使わず読めるので、マンガ好きの読者はもちろん、ふだん読書をしない人にも簡単に読了できるはずです。

WEBライター初心者に読んでもらいたい

本書はすべてのライター初心者、特にWEBライター初心者に読んでほしい本です。なぜなら、ライターとして成功するかどうかはキャリアの初期にどんな仕事をするかがとても重要だからです。道に迷いながら、クライアントの言いなりになって報酬もやりがいも少ない仕事を受注し続ける、そんな道を歩まないためにライターが自発的に働き続けることが肝心です。そして、その過程で読者を獲得する方法であるSEOはとても役に立つことでしょう。

SEOを理解すれば人気記事の共通点が見えてきます。読者の目を引き、編集部が求めている内容が見えてくるのです。将来的に独立して自らWEBコンテンツを立ち上げるときにもSEO対策は不可欠です。ライターとしての成功の鍵を握っているSEOは早めに勉強しておくのが得策だといえるでしょう。

今回紹介した本について

  1. 書籍名:沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
  2. 著作者:松尾 茂起)
  3. イラスト:上野 高史
  4. Amazon URL→http://amzn.to/2lCg5M4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
サグーワークスはWEB上で気軽にできるライティングのクラウドソーシングサービスです。様々な案件を在宅で好きな時間にできるので、あなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、実力が認められてプラチナライターになると、文字単価1円以上の案件も!いますぐ見に行く
ライター募集中