ブログで稼ぎたい人の思考を鍛えてくれる一冊!

ブログで稼ぎたい人の思考を鍛えてくれる一冊!

ライターが文章力を鍛える場所として、また、副収入を得られる場所としてブログは貴重なツールです。中にはブログでの収入が生活の中心になっている人もいますが、どうすればネタに困らずに人気ブログを運営できるのでしょうか。『ブログ記事の作り方: ネタにこまらない発想力の鍛え方』をおすすめに選んだのは、ブログの更新を増やし、内容も面白くする簡単な方法を読みやすい文章で解説してくれているからです。

ブログが書かれるまでの段階を知る

本書では、ブログのネタに困らない人には発想のパターンがあると主張されています。パターンが決まっているからこそ、どんな物に触れてもパターンに当てはめて、記事を思いつくことができるというのです。そう言われても実際にブログの更新をてこずっている人たちからすると、ピンとこないのではないでしょうか。そこで、本書はブログの題材を見つけ、記事が執筆されるまでの段階を4つに分けて説明してくれます。「取り上げる題材を思いつく/指示される 」、「その題材の切り口を考える」、「記事のパターンにあてはめる」、「執筆する」、この4段階を無意識のうちにブロガーはこなしていると本書は説きます。

しかし、更新に困っている人は「題材を思いつく」ことと「執筆する」ことは得意でも他の2つがおざなりになっている可能性が高いのです。常に新しい題材を追い求め、新しい切り口でブログを書こうとすれば、執筆は確かにたいへんでしょう。しかし、同じ題材を違う切り口で何回も書いてみると、途端に題材探しの手間が省けます。そのうえ、自分の得意の文章パターンを自覚していれば、執筆時間も短くなり、ブログの更新が楽になるのです。まさに目から鱗の発見だといえるでしょう。

執筆のサポートになるアイディアがたくさん

本書はブログに悩んでいるライターの心を軽くしてくれるようなアドバイスや、執筆のサポートになるアイディアが満載です。たとえば、「植物」ではなくて「作物」を書こう、というアドバイスです。この違いは何かというと、「植物」とはありのままの姿、「作物」とは人間の手が加えられた姿を意味します。物事をありのまま書いても、読者は興味をそそられません。時事問題についてならニュースを見ればいいし、CDや映画についてなら自分で鑑賞したほうが良いからです。しかし、そこにライターの手が加わり、独特の切り口があれば読者を引きつけられます。「こんな考え方があったのか」と驚きを与え、楽しませることができるでしょう。人気ブログに共通しているのは、そんな切り口のテクニックなのです。

「ネタがなければ作ればいい」というアイディアもライターにとっては参考になるでしょう。ブログのネタを探すことで外出したり、今までしてこなかった経験を積むようになったりすれば、経験も増えてライターとしてステップアップできるので一石二鳥です。ブログについて深く考えると、ライターの生活にも充実感が強くなっていくのです。

ブログに手を焼いているライター必読

ブログを開設してみたはいいものの、思うように盛り上がらない、そんな悩みを抱えたライターに本書を読んでほしいと願います。ライターを目指す人たちは文章力に自信があり、人よりも完成度の高い記事を書くことが可能です。しかし、それと面白いブログを運営することは別の話で、ただ上手なだけではない文章が人気ブログになるためには求められるのです。本書を読んで「なるほど」と思ったライターはさっそく、自分のブログと本書の内容を比較してみましょう。きっと改善するべきポイントがいくつか見つかるのではないでしょうか。そして、今度は本書の内容を実践してみることが肝心です。わずかな思考の転換と努力次第で、人気ブログへの道は見えてくるのです。

今回紹介した本について

  1. 書籍名:ブログ記事の作り方: ネタにこまらない発想力の鍛え方
  2. 著作者:RJラボ
  3. Amazon URL→http://amzn.to/2mwlgBi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料のクラウドソーシングサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、あなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中