サグーワークス、噂の「専属案件」の流れとは!?

コミュニケーションを身につけてフリーライターとして成功するコツ

サグーワークスには、より高い報酬で仕事ができるプラチナ案件があります。その仕事の多くはタスク案件であり、自分が書けそうな記事を選んで挑戦することができます。しかし、なかには「専属案件」という、自分だけに任された非公開の仕事もあります。この専属案件の仕事は、タスクの仕事とは違うメリットがたくさんあります。今日は、サグーワークスの専属案件を請け負うにはどうすれば良いのか、その流れについて見ていきましょう。

タスク案件にはない「専属案件」ならではのメリットとは

専属案件はタスク案件とは違い、仕事の委託から記事執筆までを直接ライターに依頼される仕事です。タスク案件はいわば「早い者勝ち」の仕事であり、気に入った仕事を見つけたらすぐに執筆にあたらないと、ほかのライターに取られてしまうリスクがあります。しかし、専属案件は自分だけに依頼がくる仕事なので、自分の都合の良いときに記事をゆっくり書けるメリットがあります。タスク案件と違い、執筆に制限時間がないこともポイントです。

そして、プラチナ案件のタスクの仕事は1文字1円と高単価ですが、専属案件の場合にはさらにそれを上回る単価が用意されていることが多いです。1文字1.2円から高額になると1文字2円という単価の仕事を請け負うこともできます。ただそうなると、かなり専門分野になるのでは?と思うかもしれません。もちろん難しい記事も多いのですが、意外と美容や旅行関連などの記事も多く、プラチナのタスク案件を経験したことのある方ならば書きやすい記事もあります。専属案件と聞くと敷居が高いイメージもありますが、プラチナライターとして活躍している人であれば、わりと挑戦しやすい仕事でしょう。

専属案件を請け負うまでの流れ

サグーワークスの専属案件に挑戦するには、まずはプラチナライターになることが前提です。プラチナライターになったばかりの人でも挑戦できますが、まずはタスク案件でプラチナの仕事がどのようなものか、いくつか経験を積んでおくと良いでしょう。

専属案件の応募方法ですが、サグーライティングプラチナで表示してあるタスク案件の横に「専属ライター募集」とありますので、自分が挑戦しやすそうな仕事なら申し込んでみましょう。申し込むと応募フォームに進み、自分が書ける記事数や、なぜこの仕事を選んだのか志望動機を書く欄があります。ここでしっかりと自分のやる気や、仕事に対する気持ちを伝えることが大切です。後日、専属案件の仕事として採用されたかどうかの通知がきます。

また、この申し込み方法とは別に、プラチナライターになった人は、運営事務局と身近に連絡ができる「チャットワーク」に加入するよう勧められます。ここの「プラチナライターグループ」の連絡でも、専属案件の紹介がくることがあります。こちらも利用し、自分ができそうな専属案件に申し込むことができます。チャットワークを利用したほうが、専属案件についての質問などもできるので、仕事内容について詳しく知りたい方にはおすすめです。

専属案件の仕事を終えるまでの流れ

専属案件の仕事は、業務内容としてはタスク案件とほぼ同じです。専属案件はサグーライティングプラチナのページに「 進行中のプロジェクト」と掲示されるので、そこをクリックして仕事をはじめましょう。タスクとは違い、12時間の時間制限もないので、自分の都合で仕事を進めることができます。途中で仕事を辞めても、書いている途中の記事をコピーしておくなどして、再び都合の良いときに仕事ができるのがタスク案件と異なるところです。ただし、納期はありますので、そこに間に合うよう記事を仕上げましょう。

また、仕事によっては画像を添付したり、参考にしたサイトの記事情報を載せたりなどの細かい指示が出ることもあります。良い記事を納品できた場合、今後も続けて仕事の依頼がくることもあるので丁寧に執筆しましょう。書き終えたら、タスク案件と同様に「投稿する」ボタンを押して完了です。ただし、記事に不備がある場合には、修正依頼がくることもあります。そちらも修正して再投稿することができますが、何が悪かったのか反省しながら修正することにより、専属案件のコツを学ぶことにもなります。

ライターとしてのスキルも上がる専属案件!

専属案件は制限時間を気にせず、高単価な仕事ができる仕事です。また、それだけではなく、どこのサイトに自分の記事が載っているのか分かることも多いですから、ライターとしてのやりがいも感じられるでしょう。しかし、それだけの好条件がそろった仕事ですから、多少難しい仕事が多いのも事実です。タスク案件よりも細かな情報を記載したり、難しい分野の仕事が多かったりすることもあります。それを難しいから辞めておくというのではなく、少しでも書けそうな記事があったら挑戦してみることがおすすめです。やや難しい専属案件をこなすことでライターとしての経験も増え、文章力もアップすることでしょう。プラチナライターになったのであれば、タスクだけではもったいないので、ぜひ専属案件の仕事にも挑戦してみてください。

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・9人 / いいえ・・・1人
  • 私はプラチナライターではないので、とても興味深かったです。文字単価が高ければモチベーションにもつながりますし、スキルを上げるという意味でもいつかチャレンジしてみたいと感じました。時間制限がないというのも、家事の合間などに少しずつ書けるのでいいなと思います。
  • 私は、専属案件にはあまり興味を持っていないのであまり参考になりませんでした。1文字計算よりも、タスクでどんどん数をこなすことで、充実感を得られているからです。もう少し自分の能力が上がればプラチナライターに挑戦してみたいとは思いました。
  • 普段レギュラー会員で、表示されるタスク作業しか行っていない自分にとって、専属案件についての記事は貴重です。やはり質の高い記事が書けるプラチナランクになることが専属案件を担当する近道で、案件をどのように受けるかなど勉強になりました。
  • サグーワークスに専属案件という存在があるというのは知っていたのですが、具体的にこういう内容なんだと知れて驚きました。もちろん専属ということだけあって難易度は高そうですが自分も専属案件担当のライターになれるようにスキルを重ねていきたいです。
  • サグーワークスはまだ始めたばかりでそもそもライターも未経験な私からすると、この文章は夢のようなお話でこんな世界もあるのだなあ、と遠い世界に感じました。記事は内容がすんなり頭に入ってきて分かりやすい文章でした。お手本にしたいようなライティングですね。
  • ネットを使ってライターの仕事ができることは知っていましたが、報酬が非常に安いということを以前知人から聞いたことがあったので、興味はありつつ避けている状態でした。しかし、この記事で紹介されているプラチナライターならばかなりの高報酬をいただけそうなので、挑戦する価値はあるかもと考えています。
  • 専属案件という普段目にしない内容について理解が深まりました。主にプラチナライターの方がオファーされ、タスク案件では珍しい文字単価1円以上の高単価な案件がほとんどという驚きがあります。チャットワークの存在も初めて知りました。
  • まだまだ専属案件のお仕事をするには程遠いですが、どのようなお仕事なのか知ることが出来ました。とても条件が良いお仕事なので自分もいつか専属案件を依頼されるようになりたいです。とても読みやすい記事でした。
  • プラチナライターになれば、専属案件があるので自分のペースで作業ができるので、魅力的だと思いました。普通の案件に比べると記事の難易度が高くなるかもしれないけれど、挑戦してみる価値があるのかもしれません。
  • プラチナライターを経てその先には専属案件、相当なスキルが必要なはずですから目指すことすら難しいというのが自分の現状です。でもそういう方が書いた記事を見る機会があれば勉強になると思います。目にはしてるかもしれないけどライターさんのいきさつは分からないですもんね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中