文章を書く仕事に興味ある?在宅webライターという働き方を徹底解説!

文章を書く仕事に興味ある?在宅webライターという働き方を徹底解説!

学校で作文を書くのが得意だったり、本を読むのが好きだったり、文章を書く仕事に就きたいと思っている人は多くいることでしょう。文章を書く仕事と一口にいっても、新聞記者などのジャーナリストから小説家などの芸術家まで、さまざまな種類があります。また、近年の目覚ましいインターネットの発達により、webを媒体とする記事がたくさん作成されており、文章を書く仕事のなかにはwebライターという職業も新たに生まれました。そこで今回は、webライターという仕事について詳しく解説していきます。

webライターってどんな仕事?

webライターとは、web上で公開される記事を書いた経験がある人なら、誰でも名乗れる職業です。インターネット環境とパソコンがあれば、自宅でも旅先でも働けるため、自営業者の副業としてもwebライティングの仕事は人気が高まってきています。webライティングは、その名の通りweb上で閲覧される記事を書く仕事なので、記事を書く際に必要な一連の作業も、インターネットを通して行われます。基本的なパソコンやインターネットの知識があれば、記事の受注から作成、納品はそう難しいものではないことでしょう。

webライターにはどういう人がなっているかというと、以前は紙媒体で活躍していたフリーライターや、都合により会社を退職しwebライターに転職した、雑誌や新聞の記者などの文章を書く仕事の経験者から、ライターの経験がなくても専門知識が豊富にあり、専門的な記事のライティングをしているその道のスペシャリスト、ライター未経験で特別専門的な知識がないものの、調べながらコツコツと記事を作成している人など、実にさまざまな人たちがwebライターとして活躍しています。webライターになるための資格といったものはないので、やる気があれば今日からでも始めることができます。

文章を書く仕事のなかでも収入に結びつきやすい

文章を書く仕事をしていると聞くと、きちんとした仕事に就いているイメージを持つかもしれませんが、フリーライターと聞くと、収入が安定しているのかどうか不安になる人もいるかもしれません。フリーライターという言葉は幅広い意味を持っているため、お金を稼げる類のライターもいれば、執筆があまりお金に結びつかないライターもいます。フリーライターのなかでもwebライターは、記事を書けば書くほど確実に収入を得られるので、堅実な仕事ということができるでしょう。webライターとして生計を立てている人もたくさんいるので、経験を積めば月に20万円以上稼ぐことは珍しくありません。

webライターが得る1記事あたりの報酬は、文字数や文章の難易度など、さまざまな条件によって決まる文字単価によって違いが生まれてきます。ライター歴が長く質の良い文章を書くことができたり、より専門的で難しい内容の記事を作成したりする場合は、必然的に文字単価が高くなるため、高収入を得ることが可能となります。まずは、ライターとしての実務経験を積み、努力して専門的な知識を身につけていくことで、収入アップをはかることができるでしょう。

在宅ワークのメリットとデメリット

webライターは基本的に、在宅ワークという自宅が職場になる仕事形態を取っています。仕事の受注はクラウドソーシングサービスを利用することが多く、ライティングの腕を買われれば、企業と直接やりとりをして文字単価を上げるための交渉をすることも可能です。在宅ワークは、出勤のために割く時間やお金が節約できるほか、職場における人間関係の煩わしさなどがなく、早朝でも深夜でも働ける自由さが魅力的です。しかし、見方を変えると、在宅ワークでは同僚が周りにいないため、自分でしっかりと1日いくらまで稼ぐという目標を持って仕事をしていかないと、途中で仕事を続けるモチベーションが低くなってしまいがちです。

また、パソコンが壊れたりインターネットのトラブルが起きたりしたときは仕事をすることができないのも、デメリットのひとつといえるでしょう。仕事に対するモチベーションを上げ、webライティングの仕事をトラブルなく確実に続けていきたければ、まずは仕事をするのに最適な環境を自宅兼職場に整えておくことが大切です。自由度が高い代わりに多くの責任を背負うのが、在宅ワークという仕事なのです。

webライターになってやりたかったことを現実に!

webライティングのなかには、ライター未経験者でも無理なく始められる簡単で短いタスクから、体験談など自分の経験を生かした文章まで、多種多様なテーマの仕事があります。初めは思うような収入が得られないかもしれませんが、実務経験を積んでいくうちに文字単価は上昇し、webライターとして生活していけるほどの稼ぎになることも珍しくありません。目標を高く持っていれば、在宅ワークでも集中力を持って文章を書く仕事が続けていけることでしょう。webライターになる動機は人それぞれありますが、文章を書く仕事に就くのが昔から夢だったという人は、ぜひwebライティングの世界に挑戦してみてはいかがでしょうか。

▼まずは無料ライター登録!サグーワークスはこちら
468_60

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
サグーワークスはWEB上で気軽にできるライティングのクラウドソーシングサービスです。様々な案件を在宅で好きな時間にできるので、あなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、実力が認められてプラチナライターになると、文字単価1円以上の案件も!いますぐ見に行く
ライター募集中