コラムとはこう書く!わかりやすく説明します

コラムとはこう書く!わかりやすく説明します

恥ずかしながらコラムとはなんなのかよくわかっておらず「とりあえず記事でしょ?」程度の認識しか持っていなかった私。しかし、改めて調べてみると「ちょっとした記事」を指す言葉と書かれています。もともとは、新聞や雑誌などで、一定の枠によって囲まれた短い記事のことを指す言葉のようで、形式やジャンルは特に決まっていないようです。

そんなコラムですが、意外と基本的な書き方がわかっていない方(箇条書きにしてみたり、ただの説明文になっていたり)も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、コラムの基本的な書き方と、テーマ選びのポイントを簡単に説明していきます。

プラチナライターテスト受験を考えている人にも、役立つ情報ですので、参考にしてみてくださいね。

※プラチナライターテスト
在宅での記事作成のお仕事「サグーワークス」で、プラチナライターになるための文章力テストのこと。プラチナライターになると報酬の高いライティングのお仕事ができる。

そもそも記事執筆初体験の方へ

文章の基礎や作文読解などは学校で教わりますが、記事の書き方なんて普通は教わりません。自分でブログをやっているか、新聞部に所属でもしていない限り、上手く書けない人がいて当然です。

しかし、コラム執筆は言うほど難しいルールなんてありません。「ちょっとした記事」なんて言われるぐらいですから、基本のルールさえ抑えておけば、誰でも簡単にコラムを書くことができます。

コラムの2つの重要ルール

まずは以下の2つの約束事を覚えましょう。

  1. ただの説明ではなく考察や意見を加える
  2. 主観ではなく客観で書く

【ルール1】ただの説明ではなく考察や意見を交える

記事文章を書く上で「ただの説明文になる」というのは初心者あるあるです。ただ物事の概要やデータの羅列でいいのならフリー大百科のWikipediaで事足ります。コラム記事としての価値を持たせるには「事実やデータの説明」に加え、「自分の意見や考察」が必要になります。

【ルール2】「主観ではなく客観で書く」

上記の「自分の考察や意見」と言っても、日記や体験談とは異なるので要注意です。意見や主張に対して、なぜそう言えるのかの根拠を述べることで、客観性を出すことが重要です。

この2つのポイントが理解できれば、あとは文章をどう構成するかです。

コラムの基礎的な流れ(構成)

コラムの基礎的な構成については、以下の流れを意識しましょう。

  1. 課題喚起
  2. 自論の主張
  3. 根拠の提示
  4. 結論

これらは「序破急」で表現されることもありますが、本質は同じことだと思ってください。

まず『課題喚起』では、これからコラムで書かれる、テーマを明確にします。お悩み解決のテーマであれば、導入分では読者の共感を得られる内容や、コラムを読むことでどんなメリットがあるのかについて書くことで、読者の興味を引くことができます。

次に『自論の主張』では、自分の意見を客観的に述べます。

そしてその主張に説得力を持たせるために、『根拠の提示』では、データや事実を加えることが重要です。

『結論』では主張と根拠を簡潔にまとめます。読者に対して何らかのアクションをとってもらいたい場合には、ここで、誘導するための文章を加えてもいいでしょう。

導入で触れたいわゆる「箇条書き」がNGなのはこの4つの流れが一切なく、ただの情報の羅列になっているためです。それこそ正にWikipediaですね。

しかし箇条書き自体がNGというわけではなく、部分的にそうした方がよい箇所も場合によってはあります。目安の一つとしては「長い文章の箇条書きはNG」で「項目の箇条書きはOK」と覚えておきましょう。

コラムを書く上での「テーマ選び」について

書く上で一番大事な要素が「テーマ(主題)」なのは言うまでもありません。しかし、一番悩ましい部分なのも事実です。こればっかりは具体的に教えようがありませんが、選ぶ上でヒントになりそうなことをまとめてみました。

1.自分が知らないこと、疑問に思っていることをとりあえず検索して調べる

調べてみてもよくわからなかった場合(いい記事がなかった)はチャンスです。そのジャンルは他の人が開拓していない分野なので、先行者特権が最大限活かされます。誰も読んだことのないテーマの記事はそれだけで価値があるわけです。評価する側としても、思わず「へぇ~」と感心するような内容であればそれだけ高評価です。

この手の記事はとにかくわかりやすくまとめることが重要で、純粋な文章力と企画力が試されます。

2.自身の珍しい経験をネタにする

例えば50種類のバイトをしてわかったことをネタにしたり、世界中を旅した非日常をネタにしてみたり。そのくらいのテーマでない限りは似たような記事はいくらでもあるので、テーマとしてはやはり弱いものになります。この手の記事はライターの個性が前面に出るので、形式ばったものよりも表現に捉われないラフな文体が好ましいです。

3.ホットなゴシップネタで攻める

時事ネタになるので記事としての寿命はかなり短命ですが、常に新しいネタが供給されるのでネタに困ることはありません。例えば今話題の「ピコ太郎」なんて数カ月前は全く知名度のない芸人でしたが、売れ始めた途端に爆発的に関連記事が増えました。それだけ需要があるのです。この手の記事は内容の充実度よりもインパクトと「鮮度」が重要です。

コラムを練習するならサグーワークスがピッタリ!

コラムについての概要、書き方、テーマ選びの3つを軸に紹介しました。見ての通り特に難しいルールはありませんし、最低限の文章力があればなんとでもなります。まずは2~3記事書いてみましょう!

コラムを書く練習をするなら、サグーワークスがおすすめです。サグーワークスは記事作成の在宅ワークのサービスで、コラム作成のお仕事が充実しています。

サグーワークスでは、1番困るテーマ選びや段落構成は、事前に用意されることが多いので、コラム初心者でも心配ありません。ジャンルも様々で、美容や、キャリア、マネー、エンタメなど、自分の興味があるテーマを選ぶことができます。

まずはテーマや段落構成が決められた案件を選んで、コラムの書き方を練習するのがおすすめです。サグーワークスでのコラム記事作成のお仕事は、登録すれば誰でも簡単に始めることができます。

ライターマニュアルやフィードバック制度も充実しているので、練習しながら、お金ももらえるなんて、一石二鳥ですよ♪

▼「コラム記事を書いてみたい」「コラム記事を書くスキルでお金を稼ぎたい」。
サグーワークスへの無料登録はこちら
468_60

『編集』のお仕事なら、構成力が身につく!

一定慣れてきたら、テーマや構成が自由のコラムのライティングに挑戦してみることも1つですが、『編集』のお仕事なら、コラムの方向性や段落構成を企画するスキルを身につけることができます。

サグーワークスでは、『編集者』も募集中なので、下記に当てはまる人はぜひチャレンジしてみてください。

  1. コラムの構成力と情報収集力を集中的に鍛えたい人
  2. 書くことが遅く、ライターだとなかなか稼げないが「人に何かを伝える」のが好きな人
  3. 在宅でできる仕事を探してる人
  4. webマーケティングに興味のある人
  5. webライターとして活動してきたが、そろそろ新しいスキルも身に着けたい人

こぶたのまとめ

記事にはルールと流れがあるので、まずはそれを意識しましょう。テーマ選びは読者の関心が引けるものをチョイスするのが一番です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 初めて記事を書く人にとっては、どんなネタが良いのかという部分で躓いてしまうことが多いです。しかし、この記事を読んでみると、初心者の場合、どのようなことに着目していけば良いのか、インターネットで調べてみることで視界が広がることがよくわかりました。
  • 正直自分はコラムを書くのが苦手でしたが、この記事を読んでみるとコラムにも法則があるのですね。問題提起や意見・主張・結論などをうまく組み立てて文章を作る重要性がとてもよく分かりました。テーマの選び方についても参考になりました。
  • 正直私はコラムの書き方が苦手でした。しかし、この記事を読んで、「ただの説明ではなく考察や意見を交える」という部分がとても参考になりました。問題定提起、意見・主張、結論という骨組みにも納得です。これからは、この記事に記載されていたことを意識して記事を書きたいと思います。
  • コラムに『ちょっとした記事』という意味があるとは知らなかったので、その意味をわかってから、作成するだけでも文章が変わってくると思いました。自分には体験談が記事にできるような少ない分、緻密な文章で補っていこうと思いました。
  • コラムと言うと主観的に書いた方がいいのかな、と思いがちですが、あくまでも基本は客観的に書かなければならないことが理解できました。今後コラムを書くときには気を付けたいと思います。またテーマ選びについてもヒントが書かれており、とても役に立ちました。
  • コラムの案件は書き方が分からないため避けていました。コラムニストという人がいるくらいだから、コラムは難しいと感じていました。ですが、この流れを意識するだけで良いんだ、と挑戦してみようと思うようになりました。
  • 僕は文章を書いた経験があまりないのでコラムといわれても普通の文章との違いがよくわからなかったです。ですがこの記事を読んでコラムというものはなんなのか、そして書く上で大切なポイントなどわかりやすく書いてあったので参考になりました。
  • もしコラムの定義を聞かれたら、自分も答えられませんでした。定義付けというよりもある程度のルールに則った文章などだという分かりやすい説明や、テーマ選びのノウハウなど執筆の上でも大変参考になる記事でした。
  • コラムを書く上で基本となる知識をわかりやすく説明しているので、コラムを書くのが苦手な場合はとても参考になると思います。ただ、初心者の方でも常識として知ってる内容にも感じるので、少しだけ退屈な内容にも感じました。
  • コラムは難しいものと決めつけていました。「ちょっとした記事」なんですね。そう思うと気楽に書いてみようかという気になります。
    もちろん、読者の興味を引くテーマを選ぶことが前提となりますが…。
    それでも一定のルールさえつかめば書けるとわかり、気持ちが楽になりました。
ページトップへ戻る