これで完璧!「話し言葉」と「書き言葉」の違いを徹底分析!

これで完璧!「話し言葉」と「書き言葉」の違いを徹底分析!

「話し言葉」とは、日常的に使っている言葉で、相手と向かい合って話す時に使う言葉です。それに対して、「書き言葉」とは、何度も読み返すことを想定した文章に使われる言葉のこととなります。実は私もよくわかっていないかも……という人はいませんか?プラチナライターテストを受ける人の中でも、「話し言葉」と「書き言葉」の使い分けができていない人が多いそうです。そこで今回は、文章作成に役立つスキル、「話し言葉」と「書き言葉」の見分け方を説明します!

絶対NGな「ら抜き言葉」とは?

文化庁が発表した「平成27年度『国語に関する世論調査』の結果の概要」によると、1995年から調査を開始して初めて、「ら抜き」言葉を使う人が多数派になりました。特に10代ではおよそ8割の人が普段から「ら抜き」言葉を使っているという結果になり、「ら抜き」言葉に対して疑問に思わない人が増えてきたことがわかります。「ら抜き」言葉の例としては

  • こんなにたくさんは食べられない
  • こんなにたくさんは食べれない
  • 彼が来るなんて考えられない
  • 彼が来るなんて考えれない

などが挙げられていますが、どちらがよりしっくりくると思いますか?声に出して読んでみた場合、「食べれない」「考えれない」のほうがしっくりくる、という人もいるのかもしれませんね。しかし、共通語において「ら抜き」言葉は明確な間違いとされており、「ら抜き」言葉を使った文章は認められません。Word(ワード)でも間違った文章表現として表示されるので必ずチェックしておきましょう。

うっかりミスに多い「い抜き言葉」とは?

日本語の乱れの例として、「ら抜き言葉」と同じように問題視されているのが「い抜き言葉」です。「い抜き言葉」は「ら抜き言葉」より、もっと自然に使ってしまっている人も多いのではないでしょうか。具体例としては

  • 本を読んでいるから静かにして
  • 本を読んでるから静かにして
  • ご飯は3食きちんと食べています
  • ご飯は3食きちんと食べてます

などがあります。「い抜き」言葉の厄介なところは、とてもナチュラルで文章として違和感が少ないところにあります。また、ブログやメールなどでより砕けた表現を使いたいと感じている人にとっては、「い抜き」言葉を使い、親しみをアピールすることもひとつの手段として有効なのです。しかし、あくまで「い抜き」言葉は「話し言葉」であり、「書き言葉」としては使ってはいけない言葉です。普段から多用している人は、自分の書いた文章を今一度チェックしてみましょう。

間違いやすい言葉をチェックしてみよう!

その他特に間違えやすい「話し言葉」と「書き言葉」をチェックしてみましょう。左が「話し言葉」右が「書き言葉」になります。

  • 「すごい」→「とても」「すばらしい」「非常に」
  • 「ちゃんと」→「きちんと」
  • 「でも」→「しかし」「だが」
  • 「~けど」→「しかし」「だが」
  • 「~じゃない」→「~ではない」
  • 「いっぱい」→「多く」

「話し言葉」は日常会話で使われる言葉なので、私たちにとってはより親しみやすい言葉遣いでもあります。しかし、文章に書くとなると「幼稚」「常識がない」と思われる危険性が高く、紙媒体ではまず容認されることはありません。ただし、webライターのお仕事では若者向けの記事やより親しみやすい文章を求められることもあり、キャッチーなタイトルを付けたい時などにあえて「話し言葉」を使うこともあります。見極めが難しい、と感じるかもしれませんが、基本的にはNGだということを意識して、使い分けるようにできたら良いですね。

参照:平成27年度「国語に関する世論調査」の結果の概要
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/pdf/2016092101_besshi.pdf

こぶたのまとめ

  • 「話し言葉」と「書き言葉」の違いを知ろう
  • 「話し言葉」は文章を書く時には基本的にNG
  • web上ではキャッチーなタイトルを付けたい時などにあえて「話し言葉」を使うこともある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
サグーワークスはWEB上で気軽にできるライティングのクラウドソーシングサービスです。様々な案件を在宅で好きな時間にできるので、あなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、実力が認められてプラチナライターになると、文字単価1円以上の案件も!いますぐ見に行く
ライター募集中