ライターのスキルアップにおすすめの一冊

ライターのスキルアップにおすすめの一冊

記者ハンドブック第13版」には政治や経済、スポーツ、教育など、様々なジャンルの用語が正しい意味とともに収録されています。したがって文章に適した語彙を使って正しい文章を書くスキルを身につけるのに適しています。さらにライターには表現力が必要とされますが、適切な言い回しも掲載されているので表現の幅を広げるのにもぴったりと言える一冊です。文章を書く際には本書を使用して適切な語彙や表現を使用することで、よりよい文章になるはずです。

意味を知って正しく使いたい用語

専門用語は、政治や経済、スポーツ、教育などそれぞれの業界に精通していないと使い方がわからないものもたくさんあります。言語の意味を知らずに使ってしまうと、文章の意味が通らなくなってしまいますので注意が必要です。たとえばスポーツというジャンルでサッカーについて書く場合で考えてみましょう。「ピッチ」という言葉は選手がプレーする競技場の意味で使いますが、サッカーについてある程度知識がないとわかりづらい言葉です。よくわからずに文中で使ってしまい「ピッチは観客であふれかえっていました」とすると、おかしな文章になってしまいます。ピッチは試合をするところですから、その場に観客がいることはありえません。スポーツ用語を用いて文章を書く際には、意味があいまいな場合、必ず文章の意味を確認してから書きたいものです。本書では用語だけではなく、どのような意味や場面で使うのか解説が付いています。「あれ、どんな意味だったっけ?」と悩んだ際に用語の意味をちょっと調べるのにもおすすめの一冊です。「選手の健闘を讃えて、ピッチに向けて大きな拍手が贈られました」というように、適切な語彙を使用することは正確な文章を書くことにつながります。

言い回しに悩んだときに本書に頼ろう

文章を書いていると、どのように書いたら良いのだろう、この表現で合っているのだろうかなどと悩むこともあるでしょう。本書では適切な言い回しも収録されていますので表現に困った際にも参考になります。たとえば「愛想を振りまく」は一般的によく使われそうですが、果たして正しいのかどうかというときにも本書が役立ちます。正しくは「愛嬌を振りまく」です。さらに他の誤用しやすい表現としては「手に負えない」「汚名を返上する」などが挙げられます。前者は「手を負えない」、後者は「汚名を挽回する」とで悩みやすいです。文章を書くにあたっては、適切な表現方法で文章を書くことが大切です。しかし私たちは意外と表現を誤って使っていることもあります。納品前に原稿の見直しをするかと思いますが、その際の表現の確認に役立てると良いでしょう。使い方が正しいのかどうかあいまいな表現は、本書で確認してみると間違って使っていたなどということもあるかもしれません。自分の言い回しに確信が持てないときに正しい表現方法へ導いてくれるので、ライターをするのであれば手元に置いておきたい一冊です。

正確な文章を書くために!ライター必帯の一冊

ライターが文章を書く際には、ジャンルに関係なく適切な語彙や正しい言い回しを用いて文章を書くことが求められます。「合いの手を入れる」を「合いの手を打つ」と書くなど文章で誤用表現があると、それだけで読みづらい文章になります。誤字や脱字はもちろん、言葉の使い方にも注意が必要です。本書には新聞用語でよく使われる言葉がたくさん収録されています。したがって一般的な文章によく使われる言葉が目につくはずです。言葉を間違って使っていたという気づきもあるかもしれません。正しい表現を使えることが正確な文章を書くことに直結しますので、本書で正しい言葉の使い方を身につけたいものです。

今回紹介した本について

書籍名:記者ハンドブック第13版
著作者:一般社団法人共同通信社
Amazon URL→http://amzn.to/2kqza5K

この記事をシェアする

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・9人 / いいえ・・・1人
  • 記者ハンドブックという本が存在していることを初めて知りました。確かに、専門的な言葉を正しい意味を知って使えるととても便利だし、ライティングのレベルも上がると思うので、この本を探してみようと感じました。言い回しの難しい言葉はきちんと覚えて間違えないようにしたいです。
  • ちょうど1年ほどライティングの仕事をしているのですが、最近成長が止まってきたような気がしていて不安でした。この記事ではライティングのスキルを上げるための本が紹介されているのですが、これらの本を読んで、自分の成長につなげたいと思います。
  • 自分の語彙力を上げるために用語集や百科事典を導入するのは、大幅にスキルアップできそうで自分もすぐ活用したいなと思いました。また憧れる文章の書き方の真似を始めるなど様々な努力、トレーニングを重ねていきたいです。
  • ライティングを始めたばかりで知識も技術もないので、ライターのスキルアップに役立つ本があることが分かり興味をそそられました。まだ文章を書くのに自信が持てないので正しい文章を書くためにも必要だなと思っています。
  • 正確な文章を書くために必要な一冊だと読んで感じています。適切で正しい言い回しを用いた例文が載っていてわかりやすく、正しい表現をできることが正確な文章を書くことに直結するのだと納得しました。言い回しに自信がないときに使用します。
  • いつも書く際には自分なりに調べるようにしていましたが、学ぶ意識が足りなかったと思いました。あらゆるジャンルに興味を持つことで表現力が上がることも良くわかりましたし、読みやすく内容の濃い記事を意識したいと感じました。
  • 記者ハンドブックは存在は知っていたものの、まだ読んでいませんでした。記事を読んで、やはり執筆をしていく上では必須なんだなと感じました。困った時だけでなく、スキマ時間や電車の中で目を通しておくといざという時にも役立ちそうですね。
  • ライティングをしはじめてから、もっと鍛えなければと痛感している語彙力。この記事で紹介されていた本を読むことにより、効果的にスキルアップができるのではないかと感じました。それと同時に曖昧なまま何となくで使っている言葉や言い回しについても、今一度正しいかどうか振り返るいい機会をもらった気がします。
  • ライターなら美しい文章を書き上げたいと誰しも思うことでしょう。その願いをかなえてくれる方法が記されています。スキルアップするために最適な本が紹介されていて、文章について深く考えるきっかけを与えてもらうことができました。
  • この本をすぐ読みたくなりました。今まで文章の書き方の本の紹介記事はたくさん見ましたが、語彙や言い回しなどの具体的なスキルについて学べる本についてはあまり知りませんでした。この本を読めば、文章を書くスキルがかなり上がりそうです。
ページトップへ戻る