在宅ワークのWebライターの収入はどのくらい?スキル別に紹介!

在宅ワークのwebライターの収入はどのくらい?スキル別に紹介!

在宅ワークでのライターの仕事は、手軽な副業として高い人気を集めています。特殊なスキルも必要なく、時間の合間を利用してお金を稼げるからです。しかし、なかには副業にとどまらず、在宅ライターだけで生計を立てたいと考えている人もいるかもしれません。いずれにしても、気になるのが収入です。

果たして、在宅ライターはどの程度稼げる仕事なのでしょうか?初心者ライター、中級ライター、専業ライターの、3パターンに分けて考えてみました。

初心者Webライターの収入

まずは、初心者ライターです。ここで言う初心者ライターとは、文章を書いて収入を得たことがない人はもちろん、Twitterやブログもほとんどやっておらず、日常生活で文章を書く機会がほとんどない人とします。

そのような初心者がライティングの仕事をする場合、1文字0.2円~0.5円程度の単価でスタートすることが多いでしょう。もっと高い単価から始める方法もありますが、そのためにはそれなりの文章力と記事作成能力が必要となります。

文章をほとんど書いたことのない人が、いきなり単価の高い記事を執筆することは困難です。低単価の記事を書きつつ、文章力を磨くところからのスタートになります。

平均単価が、仮に1文字0.3円としましょう。100文字書いて30円、1,000文字書いて300円というわけです。要するに、執筆速度が速いほど収入は増えていきます。

ただ、初心者はそれほど速く文章を書くことはできないでしょう。単に思いつくまま文章を書けばよいわけではなく、指定されたテーマについて情報を収集し、それを記事としてまとめる必要があるからです。

テーマが『ダイヤモンド、偽物の見分け方』なら、ダイヤモンドの鑑定方法をネットなどで調べてから書くわけです。ひとつの記事を書くのにどのぐらいの時間がかかるかは、人によっても異なります。PCの扱いに慣れているかどうかも関係してくるでしょう。

なかには、文章を書いた経験があまりないのに、短期間で1時間2,000文字程度書けるようになったという人もいます。その一方で、300文字程度の記事を1時間で2つ書くのがやっと、というケースも珍しくありません。この場合、時給は180円です。

あまりの安さに、この時点で挫折してしまう人が多くいます。

記事作成に慣れてきた中級Webライターの収入

文章を書く行為に慣れていない人にとって、在宅ライターは決して稼ぎやすい仕事とはいえません。しかし、経験を積んで要領をつかめば、最初よりはるかに多くの記事を書けるようになります。

単価1文字0.3円で1時間に1,000文字書ければ時給300円、1,500文字なら450円、2,000文字まで到達すれば600円です。中級者として目指すべき目標はおおよそこの辺りでしょう。(地域によりますが)最低賃金に届くかどうか、というラインです。

そこまで頑張って時給600円は、安すぎだと思うかもしれません。しかし、在宅ライターには通常のバイトやパートにはないメリットがあります。

毎日準備をして職場まで通う必要がありませんし、急用が入った場合も気兼ねなく仕事を休めます。さらに、職場の人間関係などの悩みとも無縁です。だからこそ、家事や育児に忙しい主婦や空き時間を利用して小遣い稼ぎをしたい学生、サラリーマンなどの副業として注目を集めているのです。

場所と時間を自分の自由に使いながら最低賃金程度を稼げるというのは、人によっては嬉しいことです。

時給600円の場合、1日3時間、1か月で20日ライティングを行ったとして、月収36,000円、30日フルで働いた場合は54,000円になります。これを安いと思うか高いと思うかは各自の価値観次第ですが、少なくとも、家計の足しや学生やサラリーマンの小遣い稼ぎには十分なるのではないでしょうか。

高単価Webライターの収入と専業への道

毎日満員電車で職場に通うサラリーマン生活に見切りをつけ、在宅ライターだけで生計を立てられないものかと、考えている人もなかにはいるでしょう。結論からいえば、それは可能です。

ただし、1文字0.2円~0.5円の単価の仕事をいつまでも続けていたのでは、その道は遠いものになってしまいます。

仮に、月20万円の収入を得ようと思えば、1日7,000円近く稼がなければなりません。1文字0.3円の場合、1日24,000文字近くの記事を書かなければならないのです。1時間に2,000文字のスピードで書き続けても、毎日12時間働かなくてはならない計算になります。これは、とても現実的ではありません。1日12時間も執筆を続けていると集中力が落ち、書くペースは確実に低下していくからです。

そこで必要なのが、高単価ライターへのキャリアアップです。通常、在宅ライターの仕事は登録さえすれば誰にでもできます。ところが、高単価記事を書くには、それなりの実績やテストが必要となってきます。

高単価の仕事を得る具体的な方法は様々です。質の高い記事を多く書き、実績を作ってから自らを売り込むなど、営業活動をするのも1つの方法です。ブログやSNSで情報を発信し、仕事の依頼を請ける連絡先を公開するという、待ちの営業活動を選ぶのも良いでしょう。

クラウドソーシングを中心に活動していきたいのであれば、プロフィールページを充実させてポートフォリオとして使うのも効果的です。

変わった単価アップの方法として、サグーワークスのプラチナライターに挑戦するというのも一つの手です。テストを受けて合格すると、高単価な案件の執筆ができる機会が増え、1文字1円以上の案件も受けられるようになります。そうなれば、収入は一気にアップします。

▼プラチナライターテストに挑戦しよう!
サグーライティングプラチナ テストに挑戦

ただし、注意してほしいのが、1文字0.3円の単価が1円の単価になったとしても、単純に収入が3倍以上になるわけではないという点です。単価が上がれば要求される記事のレベルも高くなりますし、そうなると、ひとつの記事が完成するまでの時間は長くなります。

それでも、1時間1,000文字書ければ時給は1,000円です。このレベルまで到達できれば、月収20万円は決して難しくなくなります。同時に、専業ライターの道も見えてくるでしょう。

高単価案件多数!専属ライターになる

サグーワークスでは「美容・健康・法律・金融」など、特定分野に特化した知識や資格を持っている方へ執筆をお願いしたい案件を多数所有しています。
その他の分野に関しての募集がされることもありますので、ご自身の何らかの経験を活かして記事を執筆することに興味がある方は、ぜひ以下のフォームから専属ライター募集の詳細をチェックしてみてください。

募集ページをご覧いただくとわかる通り、文字単価がかなり高く設定されているので、自分のスキルをライティングに活用して稼ぐことができますよ。

▼専属ライター募集の詳細はこちら
高単価案件専属ライター

向上心を持って、スキルと収入をアップ

在宅ライターは長時間続けて働くのが困難であり、時間の合間を利用して効率よく稼ぎたい人に適した仕事です。同時に、高単価ライターの需要が高まったことで、専業ライターの道も開けてきました。

ただし、専業ライターを目指すには注意すべき点があります。高単価ライターになったとしても、生活費をコンスタントに稼げるようになるまでには、ある程度の時間がかかります。ライターとしての収入が安定する前に、それまでの仕事をやめて生活が行き詰まった、などいう結果にならないように気をつけてください。

いずれにしても、在宅ライターは魅力の多い仕事ですが、それなりの収入が得るためには、スキルアップ・単価アップに常に意識を向け、向上心を維持することが大事です。

その点をきちんと理解したうえでチャレンジすれば、スキルも収入も手に入り、自由で充実したライター生活を送ることができるでしょう。

▼「どんなお仕事があるの?いくら稼げるの?」案件を見てみよう
468_60

この記事をシェアする

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・9人 / いいえ・・・1人
  • 自分は現在中級ライターの収入にいるのですが、初心者ライターだったときは、とにかく時給に換算すると非常に少額のお金しか稼げていませんでしたので、この文を読んで色々思い出しました。高単価ライターになるにはまだまだ時間がかかりそうですが、この文を読んで自分でもいけるかなと思うようになりました。
  • 誰だってライターを始めたばかりのころは記事単価の安さに驚きますよね。積み重ねで初心者ライターから専業になれる可能性があり、時間と根気が必要で、あきらめずにライターを続けていればキャリアアップも夢ではないと感じました。
  • 家庭と子育てと、勤務先の条件で、なかなか収入を増やすことができない中、副業で、在宅ライターを見つけました。 毎日見ている、ネットのニュース、コラム、小ネタ、それらを発信する側に、自分もなれるのだろうか。 時給換算すると、100円位から始めることになるかな。 一歩踏み出す気が湧いてきました。"
  • 在宅ライターに初心者ライター、中級ライター、専業ライターの3つのランクがあるとは知りませんでした。 いきなり専業ライターになるのは難しいですが、初心者ライターから実績を積み上げていけるので、ぜひチャレンジしてみたいと思いました。
  • ライター業を始める人にとって一番興味のあるテーマなのではないかと思います。どんな職業でも初めはなかなか上手くいかないものですが、いかにして収入を上げていくかは自分次第なのだなと感じました。まずは実績を上げられるよう頑張ってみたいと思います。
  • ライタースキルごとに具体的な文字単価が表記されているため、これからライターを始めようと考えている人にとってはとてもわかりやすい内容だと思います。実際にレベルアップすることで文字単価がどれくらいアップするのかを想像しやすいです。これを読んだ私自身も、上級ライターになりたいなと感じる内容でした。
  • 初心者ライター、中級者ライターといった感じでだいたいどれくらいの文字数を書くのが平均的なのかがよくわかりました。上級者になるとかなり良い案件で稼ぐことができるのだなと思い、うらやましく感じました。それにはスキルアップが大切ですね。
  • 私はまだライターを始めたばかりですが、収入の実情は最初から理解して行っているつもりです。記述の通り、在宅ライターのメリットにはとても魅力を感じますし、今の私の生活にはとても有難い状況です。まずは着々とレベルアップをして、中級ライターになれるように日々精進したいと思いました。根気が大切なのですね。
  • これから在宅ライターを目指す人にとってはとても参考になる記事です。ライター能力に自信がない人でも経験を積み重ねれば効率よく稼げる展望が持てます。パートで外勤すれば効率がいいように考えれますが、移動や時間を考えると一概にそう言えないことがわかりました。
  • ライターを始める前の注意点という見出し・説明が最後にあったのですが、注意点というよりもう少し前向きになれるような文章でまとめてほしかったです。説明の部分は納得できる文章だったので、ネガティブに聞こえかねない見出しを変えたら良かったかなと思います。
ページトップへ戻る