【保存版】ライターのための確定申告まとめ

【保存版】ライターのための確定申告まとめ

憧れのライターになったけれど、お金のことはチンプンカンプン。年があけると確定申告がせまってくる時期。どうしようと困っている方に役立つ記事をまとめました。
確定申告は、規則通り書いていればそれほど難しいことではありません。きちんと準備してからやってみましょう。

確定申告!何を準備すればいいの?

ライターのなかには、本業か副業か、フリーか個人事業主として開業しているかなどさまざまな方がいるでしょう。また、得た収入の金額によっても申告方法が変わってきます。1年間でどれくらいの収入を得たかわからないという人が少ないはずです。まずは、自分の収入と時期を確認することから始めましょう。

初めての確定申告!どんな準備が必要?

経費と源泉徴収って?

会社員として雇用されていれば事業主が仕事にかかる備品や交通費を支給してくれますが、個人として働いているとそれは個々に支払わなければなりません。フリーで働く人が、備品や交通費として支払った費用を経費といいます。仕事をしていくなかで必要であると認められれば経費として計上し課税対象から差し引かれます。また、成果物を納品して報酬を得た際にクライアントが報酬からすでに納めている源泉徴収という税金があります。クライアントによって異なることもあるので、注意が必要です。

ふるさと納税しておけばお得?

確定申告が必要な人はどうにか減税されたいと考えています。そこで利用されるのが寄付。自分のふるさとに寄付ができて、寄付した人は特産品をもらえ、税金の還付や控除があるというどちらにもメリットがある制度がふるさと納税。とくにフリーで働いている場合は活用してみましょう。

ポイントサイトの収入は?

副収入はライター業ではないという人も案外いるのでは?競馬や競輪などの当選金は課税所得として扱われます。高額の場合はきちんと申告しましょう。また、ポイントサイトでポイントを現金化した場合も同様に一定の金額を超えると申告が必要です。

ライターなら知っておくべきマイナンバー!

新しい制度のマイナンバー。便利な反面明らかになることも多い制度です。とくに確定申告をきちんとしていないとペナルティが科されるので、複数の収入がある場合は忘れずに申告しましょう。

確定申告は難しいと感じるかもしれません。フリーでなくても、年末に会社を退職すると確定申告が必要になる人もいます。自治体によっては税理士による無料相談も開催しています。これも知識が増えるきっかけと考えて挑戦してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
サグーワークスはWEB上で気軽にできるライティングのクラウドソーシングサービスです。様々な案件を在宅で好きな時間にできるので、あなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、実力が認められてプラチナライターになると、文字単価1円以上の案件も!いますぐ見に行く
ライター募集中