学生の副業にお勧め!バイトをする暇がなくてもお金が稼げるwebライティング

学生の副業にお勧め!バイトをする暇がなくてもお金が稼げるwebライティング

大学生や専門学校生になると、多くの人が小遣い稼ぎや生活費のためにバイトをしますが、一方で、レポートや課題などが忙しくて、働いている暇がないという人も少なくありません。特に、ひとり暮らしの人は、仕送りだけでは十分な生活費を確保できないケースもあり、そうなると、バイトができるか否かというのは決して軽い問題ではなくなってきます。そんな方におすすめなのがwebライティングです。これならば、時間の合間を利用し、部屋にいながらもお金を稼ぐことが可能です。具体的に、どのようなものかを説明していきます。

webライティングの特徴

webライティングとは、ブログやwebサイトに掲載する文章を、個人や企業に代わって執筆する仕事です。その仕事を行う人をwebライターといいますが、別にその仕事をするのに資格や実績が必要なわけではありません。

ネットでクラウドソーシングに登録すれば、その日からライティングの仕事ができるようになります。クラウドソーシングとは、仕事を発注するクライアントと仕事を受注するライターの間を取り持つ、仲介業者のようなものです。その存在があるおかけで『仕事を依頼したのに期日を過ぎても、ライターと連絡がつかない』、『記事を納品したのに、クライアントが報酬を払ってくれない』などといったトラブルを、心配せずに仕事ができるというわけです。クラウドソーシングを通すと手数料を引かれる分、報酬が安くなるというデメリットはあります。しかし、上記のようなトラブルや、ライターを募集している企業を探して直接交渉する手間を考えれば、クラウドソーシングを通して仕事を得た方が賢明ですし、学生の場合は特にそうです。

ただ、クラウドソーシングもたくさんあるので、どこに登録すればよいのか悩む人もいるでしょう。その場合は、ネットで評判や具体的な仕事の内容を調べ、自分に向いていると思うところに登録すればいいのです。ちなみに、登録料は無料ですし、登録しても仕事をするかどうかはこちらの自由なので、同時に複数のクラウドソーシングに登録しても、なんの問題もありません。

webライティングのおすすめポイント

忙しい学生の副業としてwebライティングをおすすめするのは、時間を選ばない仕事だからです。webライティングは、基本的に24時間いつでも行えます。ネット環境さえあれば、場所も選びません。例えば、就寝前の30分だけライティングをしてから眠る、といったことも可能です。

通常のバイトの場合は、決められた時間は必ず職場にいなくてはなりませんし、テスト期間中はバイトを休みたいと思っていても、シフトの兼ね合いから要望が通らないケースも珍しくありません。その点、webライティングなら時間の使い方は自由です。レポートを書いて余った時間だけライティングをしようとか、テスト期間中はライティングの仕事は控え、時間に余裕ができた時にまとめて記事を書こうなどといったように、自由に計画が立てられます。

また、webライティングの仕事は、バイトをする余裕がない学生だけでなく、すでにバイトをしている学生にもおすすめです。ちょっとした空き時間でも仕事が可能なので、現状のバイトの収入にさらに上乗せができます。少しでも多くお金を稼ぎたいという人は、試してみてはいかがでしょうか。それに、webライターの仕事は、指定されたテーマについての記事を、決められた字数で書くというものがほとんどです。こうした作業は、レポートや課題に取り組む際のよい訓練にもなるでしょう。

webライティングを始める前の注意点

学生にとっては、魅力的な要素が多いwebライティングですが、注意事項もあります。まず、単価があまり高くない点です。登録するクラウドソーシングによっても異なりますが、ライティングの単価は1文字0.2円~0.5円ほどです。間をとって1文字0.35円だとして、1000文字で350円になります。仮に、1時間に2000文字書けば時給700円になりますが、初心者にはかなりハードな数字です。そうなると、通常のバイトよりはるかに安い報酬で働かなくてはならなくなります。もっとも、ライティングの速度は経験を積めば速くなりますし、文字単価を上げることも可能です。

例えば、クラウドソーシングのひとつであるサグーワークスでは、プラチナライターという制度があります。テストを受けて記事作成能力が水準以上と認められれば、プラチナライターとなり、1文字1円以上の条件で記事が書けるようになるのです。ただ問題なのは、通常のバイトのように、最初から一定の時給が保証されているわけではないため、それなりに稼げるようになるには、ある程度の時間が必要だという点です。また、仕事をするかどうかは自分の判断で行えるため、自己管理ができないと結局何もしないままで終わってしまった、などという結果になりかねません。webライティングの仕事を行う際は、それらの点に気をつける必要があります。

webライティングは根気が大切

webライティングの仕事は時と場所を選ばず、時間の合間を利用でき、文章力や論理的思考を身に付ける訓練にもなります。学生であれば経験して損はない仕事だといえるでしょう。しかしその反面、クラウドソーシングに登録しただけで、あまり利用しないままで終わってしまう人も少なくありません。それは、ライティングを始めてもなかなか稼ぐことができないため、早々にあきらめてしまう人が多いからです。webライティングに必要なのは根気です。コツコツと続けていれば、いずれ成果は形になって現れてきます。どれだけ稼げるかは人それぞれですが、1文字1円以上の条件で記事がかけるようになると、最初と比べて大幅な収入アップが期待できます。まずはそこを目標に、がんばってみてはいかがでしょうか。

▼登録はこちら
468_60

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中