徹底検証!海外在住でも在宅ワークは可能?

徹底検証!海外在住でも在宅ワークは可能?

在宅ワークをすることで副収入を得ることはもちろん、本業として取り組むことで生活に必要な収入を得ることも可能です。

しかし、海外在住の場合は在宅ワークで日本の仕事はできないと思い込んでいる人もいるのではないでしょうか。実際はネットを上手く活用できれば、クラウドソーシングなどを活用することで海外からでも日本の仕事をすることは可能なのです。

そこで、どのようにすれば海外で在宅ワークができるのかについてお伝えします。

世界中どこでも在宅ワークが可能!

海外で在宅ワークをするためには、クライアントと連絡をとる必要があります。逆に言えば、クライアントとの連絡手段さえ確保できれば海外での在宅ワークは可能になるといえます。
電子データが納品物となるタイプの仕事であれば、ネット環境さえ整っていれば日本にいる場合とほとんど変わらない環境で仕事をすることができるでしょう。クライアントとの連絡手段としては電話やメール、ビジネスチャットなどが考えられます。

しかし、電話で直接連絡をとる場合には、時差が障害になることがあります。クライアントが寝静まっている夜中に電話することがないように気を付ける必要があります。
ヨーロッパの場合は、夕方以降が日本の夜に対応していますし、北米の場合は日本の夜が更けると北米の朝になる関係になっています。そのため、メールやチャットを上手く活用して仕事上の連絡をとっていくことが必要になります。
あらかじめ海外に在住していることはクライアントに知らせておくと良いでしょう。

おすすめはクラウドソーシング!

電話やメールなどでクライアントと直接やり取りをすることで海外にいながら在宅ワークをすることができます。しかし、時差があったり、物理的に距離が離れていたりするというデメリットがあることは否めません。そういったデメリットを解消するためには、クラウドソーシングを活用することをおすすめします。

クラウドソーシングは、顧客と事業者をネット上で結びつけてくれるビジネスの仕組みです。サイト上で案件の進捗や納期などの管理ができるシステムが用意されていますし、クライアントへの請求代行も行ってくれますので回収の不安も解消できます。
クライアントとの間にクラウドソーシング事業者が入ってくれることでクライアントに対して時差を意識させずに対応できますし、細かい調整も代行してくれるメリットもあります。自分を売り込んでくれる営業の役割を果たしてくれる場合もあります。

海外で在宅ワークをする場合は、クラウドソーシングを活用するメリットは大きいといえるでしょう。

もちろん、クラウドソーシングを運営している会社が手数料を受け取ることになりますので、直接クライアントと仕事をする場合と比較すると収入は減少します。その分、優秀な秘書兼営業を雇っていると考えれば活用する価値はあるでしょう。

サグーワークスなら海外経験も活かせる!

クラウドソーシングにはさまざまな種類がありますが、中でもサグーワークスはライティングに特化したクラウドソーシングです。ライティングのテーマはさまざまなジャンルのものが豊富に取り揃えられていますので、自分の得意な分野でライティングができる特徴があります。

ネットにつながるパソコンが用意できればすぐにでも始められる点も大きな魅力です。また、上級グレードのライターとして位置づけられているプラチナライターになることができれば報酬も上がり、海外関連の案件をライティングする機会も広がります。

プラチナライターになるためにはテストに合格する必要がありますが、経験を積んでライターとしてのレベルアップを図り合格することで、海外在住という経験や知識を活かしたライティングができるようになるでしょう。まずは、海外からでもサグーワークスのクラウドソーシングを活用して在宅ワークを始めてみることをおすすめします。

▼サグーワークスでは海外在住のライターさんが多数活躍されています!
あなたもぜひ詳細をチェック&無料会員登録をしてみてください。
468_60

この記事をシェアする

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 海外に居ても在宅ワークが可能という事は知りませんでした。これなら、海外に移住して在宅ワークの仕事をしながら生活したりと、色々なライフスタイルを考える事が出来ますし、海外経験を活かせるライティングの仕事があれば、そういった仕事の受注も可能になるので、嬉しいですね。
  • クラウドソーシングが海外に在住する上での便利な手段になるということで、海外にいても副業が出来ることに魅力を感じました。海外にいると懸念される時差の問題も解消出来ますし、無事に請求することも可能など様々なメリットがあるため、海外にいても安心出来ますね。
  • 私は在宅ワークで生活をしているのですが、まさか海外でも在宅ワークが出来るとは思いませんでした。サーバーなどの問題で日本でしか仕事が出来ないのでは、と感じていただけに驚きです。余裕があれば海外に行ってみようかな、と思いました。
  • ネット環境を上手に活用すれば、海外でもwebライターとして活動できると分かり、とても励みになりました。webライターという働き方を確立しておけば、いつでもどこでも仕事ができるので、ぜひ挑戦していみたいと思います。
  • 海外移住でもクラウドソーシングは障害なく稼げる仕事なので自分も今後移住するなら検討したいなと思いました。しかしクライアントと直接やり取りする際は時差をしっかりわきまえて迷惑がかからないようにしたいものです。
  • 海外在住でも、クライアントと連絡さえ取れれば日本の在宅ワークは可能なことが分かってよかったです。また、クラウドソーシングを利用すれば、クライアントと直接やり取りをする必要はないと分かり、安心しました。
  • 海外で働くというのは、ハードルが高いと感じていました。海外でもクラウドソーシングを使えば、気軽に在宅ワークができると知りました。日本の仕事なので言葉の壁も無く、時間も気にせずに自由な時間に仕事ができるところが良かったです。
  • 自分は海外とは無関係の生活を送っていますが、海外在住の日本人にはクラウドソーシングは良いサービスだと思います。海外だけではなく、日本国内のどこに行っても何をしていても仕事ができるのがクラウドソーシングなので魅力的です。
  • 国内外を問わず仕事をする事が可能であるこのシステムに、とても魅力を感じました。また自分の経験がライターとしての仕事に結びつき活用できるという事をこの記事から教えてもらいましたので、今後は様々な経験を貴重な機会ととらえ、それらを仕事に生かしてゆきたいです。
  • 海外移住でも在宅ワークは時間や場所を問わずにできる仕事なので、私も憧れるなと感じました。私はITに関する知識が得意分野なので、特にその方面を中心として稼げるように今後精進を重ねていきたいと思いました。
ページトップへ戻る