妊婦さんでも無理なく働けるお仕事ってあるの?

妊婦さんでも無理なく働けるお仕事ってあるの?

妊婦さんの場合、妊娠初期は安静にすること、重いものは持たないようにすることなど、気をつけることがたくさんあります。つわりなどもありますし、時には職場に行くことすら辛い時期もあるので、働くことが難しいと考える人も。ここでは、妊婦さんでも安心して働けるお仕事についてご紹介します。

妊婦さんが仕事をするとき苦労すること

人によってまちまちではありますが、妊娠5週、6週くらいからつわりが始まると言われています。つわりには食べつわりと吐きつわり、においつわりがあり、食べつわりは食べていないと気持ちが悪い、食べ過ぎても気持ちが悪いという症状です。吐きつわりは逆に、食べたくても吐いてしまい、においつわりはにおいに敏感になります。つわりが終わる時期は人それぞれですが、多くは12~16週までの人が多いようです。しかし中には妊娠後期までつわりに悩まされる人もいて、終わりが見えない中で体調の悪さや気持ち悪さと戦わなくてはなりません。会社に所属していると朝早く起きて身支度を整えるのも、通勤電車に乗ることも辛いですし、会社に行ったらその状態で仕事もしなくてはなりません。行くだけでへとへとになってしまう人も少なくないでしょう。

妊婦さんの働き方でベストなのは?

妊娠によるつわりなどの体調不良は自分でもコントロールができません。辛い時には無理せずに休める環境が、妊婦さんには必要です。できれば自宅での勤務が一番の理想でしょう。自宅でなら、自分の好きな時に体を休めることもできますし、周りの人に気兼ねなく過ごせます。通勤電車に乗ることも、会社に行く身支度も整えなくていいので、とても働くのが楽になるはずです。また、妊娠すると産前産後休業を使うことができます。産前は6週間、産後は8週間お休みできますが、体調もありますので人によっては産後、8週間で復帰できない可能性も。保育園が見つからない、思った以上に体が復活しないなど人によって様々な事情が出てきます。会社によっては産前産後休業が整っておらず、妊娠したら退職しなくてはならない会社も少なくありません。自宅勤務で自分のペースで仕事ができるというのは妊婦さんにとっては最適な環境と言えるでしょう。

妊婦さんに最適の自宅の仕事

自宅での勤務は今の会社では厳しい…という場合にお勧めなのがサグーワークスなどのクラウドソーシングサービスです。パソコンがあれば家で仕事をすることができますし、仕事のペースもある程度は自分でコントロールすることができます。簡単なアンケート業務もあれば、ライティング業務もあり、自分の得意分野を生かして仕事ができるので、特別なスキルは必要ありません。クラウドソーシングサービスのいいところはそれだけではなく、登録すればすぐ始められる、というのも大きなメリットと言えるでしょう。また、会社にいる場合には産休に入る前に引き継ぎがあるなど色々と大変ですが、クラウドソーシングサービスは好きな時にやめることもできるので、いざ出産!という時になっても安心です。

まずは自分の得意分野で挑戦!

クラウドソーシングサービスはたくさんの会社があります。どこに登録するか迷ってしまいますが、最初はライティングの案件を多く扱っている会社を選ぶのがおススメです。なぜなら、文章を書くお仕事というのは特に必要な資格もないため、得意分野があればすぐにお仕事をスタートできるからです。今まで得てきた経験の中での好きなことや得意なことについてのライティングのお仕事なら、抵抗なく楽しくお仕事ができるのではないでしょうか。

こぶたのまとめ

  • 妊婦さんはつわりなどの影響で、外で働くことが難しくなる
  • サグーワークスなどのクラウドソーシングサービスなら、体調にあわせて仕事ができる
  • いざ出産!となった時にも、クラウドソーシングサービスならすぐにやめることもできる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
                       
サグーワークスはweb上で気軽にできる、ライティングに特化した無料の記事作成ができる在宅ワークサービスです。在宅で好きな時間にお仕事できるので、すきま時間や副業などあなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、ライティングのテストを受けてプラチナライターになると、報酬もアップ!まずは、簡単なお仕事から始めてみませんか?いますぐ見に行く
ライター募集中