意外と間違いやすい!『導入文』、『まとめ』、『要約文』の違いとそれぞれの役割

意外と間違いやすい!『導入文』、『まとめ』、『要約文』の違いとそれぞれの役割

Webライターの仕事は、与えられたテーマと決められたルールに従って記事を書くことです。しかし、中にはルールをよく理解しないままに書いてしまい、クライアントの意図と異なる記事になってしまう場合があります。

ルールに関する勘違いは色々なパターンがありますが、中でもよくあるミスとして挙げられるのが『導入文』、『まとめ』、『要約文』の混同です。そこで、今回は3者の違いとそれぞれの役割についてご説明します。

記事への期待感を煽る『導入文』

導入文とは記事の中身に対して興味を抱き、本文へと読み進んでいってもらう起爆剤となる文章です。ネットで記事を読む場合、読者はひとつひとつ丁寧に読んだりはしません。すべてを読むには記事の数があまりにも膨大だからです。

大抵はタイトルを読んで自分の興味のあるものを探し、次に導入文を読んでその記事を熟読するかどうかを決めます。したがって、Web記事においてもっとも大切なのはタイトルで、その次が導入文だということになります。

ここでよく間違えるのが、導入文に本文のまとめを書いてしまうケースです。例えば、『3カ月で10キロ減量する方法』がタイトルだとすれば、導入文で「3カ月で体重を10キロ落とすためには、夜の食事は控え、筋トレと有酸素運動を効果的に組み合わせる必要があります」などと書いてしまうパターンです。

このように、導入文で結論を書いてしまうのは適切ではありません。先に結論を読んでしまうと、本文を読もうとする意欲が下がってしまうからです。
「短期間でやせたいと思っているあなたに3カ月で10キロやせる方法をご紹介します」などといった具合に、読者の期待感を煽り、本文を読むモチベーションを上げる方向にもっていくのが、導入文の正しい書き方です。

記事に対する理解を深める『まとめ』

導入文が本文の期待感を煽る前菜として添えられるのに対して、まとめは記事の締めの役割を担います。記事の構成を順番通りに並べると以下のようになります。

○導入文
○本文
・段落1
・段落2
・段落3
○まとめ

まとめの役割は情報整理です。本文では色々な話が盛り込まれ、一読しただけでは、読者が要点をうまく掴めない場合があります。そこで、最後に本文の中でポイントとなる部分を改めて取り上げ、そこから導き出される結論を述べることで読者により深い理解を促すのです。

したがって、ライターは本文の中で自分が伝えた部分は何なのかをしっかり把握しておく必要があります。それが分からないようでは、読者が納得するまとめの文章は書けません

検索サイトに表示された記事をクリックさせるための『要約文』

最後に要約文ですが、これは文字通り記事の内容を簡潔にまとめたものです。よく導入文やまとめと混同しがちですが、それらとは性格を異にします。

導入文は本文を読むとっかかりとなり、まとめは本文の内容をより深く理解させる役割を担っているのに対して、要約文は本文とは独立した存在です。
例えば、ネットで検索するといくつもの検索候補が画面に現れますが、それぞれの見出しの下に表示される文章が要約文です。検索した人はその文を読んでどの記事をクリックするかを決めます。

例を挙げると、本屋でどの本を買うか迷った際に参考にするあらすじのようなものです。そのため、基本的には本文の内容を指示された字数で要約すればいいのですが、その文を読んで、本文を読んでみたいといかに思わせるかの工夫が大切になってきます。

最終目的は訴求力の高い記事を書くこと

ライターの仕事では大抵の場合、本文の他に『導入文』、『まとめ』、『要約文』のいずれかあるいは全部を書くように求められます。この時、それぞれの違いが分からずに書くとWeb記事としての訴求力を失ってしまいます。

記事を書く際はそれぞれの目的をしっかりと理解して、それに沿った形で書き上げるのが重要です。

▼サグーワークスなら書いてほしい記事の構成の指定も明確なので、初めてライティングを始める方でも安心して在宅ワークができます。
468_60

こぶたのまとめ

  • 要約文は記事の内容を簡潔にまとめるだけでなく、いかに記事を読んでみたいと思わせるかが大切
  • 導入文で本文の内容に対する期待感を煽る
  • まとめで本文のポイントを挙げて記事の内容に対する読者の理解を深める。

『導入文』、『まとめ』、『要約文』の違いを理解して訴求力の高い記事を書こう!

この記事をシェアする

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 自分はウェブでのライティングを初めてからまだまだ日が浅いので、導入文、まとめ、要約文のそれぞれの違いについて説明してくれるこの記事はかなり参考になりました。自分の記事を書く際もこれらに意識をおいて記事を書いていきたいと思いました。
  • 興味をそそる導入文を書けば記事を読んでもらえる可能性があり、どんなに名文の記事でも導入文により読まれない記事も存在していることを知りました。読者が読みたくなるような構成が理解でき、実行したいと思えました。
  • 導入文やまとめ、要約文などにそれぞれの意味があることがよく分かりました。特に要約文の記載内容にて、ネット検索をした時に、記事をクリックしてもらえるかどうかの決め手になることは全く知りませんでした。これらを踏まえて自分もこれからはキチンとした記事を記載したいと思います。
  • 導入文の意味は把握していましたが、まとめと要約文の違いがハッキリと分かっていなかったのでとても参考になりました。特に要約文は本のあらすじのようなもの、という説明は分かりやすかったです。要約文次第で、その記事を読みたいかどうかが決まるので、これからのライティングに生かしていきたいと思いました。
  • 要約文は記事の内容をまとめるのではなく、いかに記事を読みたいと思わせることが大切なのがよくわかりました。導入文と要約文には大きな違いがあるので、こちらをしっかりと理解した上で文章を書くことも重要ですね。
  • なんとなく知っているつもりでいた、導入文、まとめ、要約文の違いを分かりやすく解説していて、とても参考になりました。特に、まとめと要約文の違いは、今度から意識して書いていきたいと思える内容でした。自分が訴えたいことを意識しながらライティングしていきたいと思います。
  • 勘違いしていたので役に立ちました。要約文とまとめを混同しがちでした。意味だけ取れば同じように見えるのにその性質は全く別のものなのですね。独立したものとして要約文を書くことを忘れないようにしたいと思います。
  • いい内容でした。記事を書いていると混同してしまい、結果同じとこを書いているかまとめと要約が逆になっている時も。この記事をよく咀嚼すれば間違いはないと思います。ただ、調べることなく気づく事なくライティングを進めてしまうパターンがあるので、書き始める時に基礎知識として皆が知るために読むべきだと思います。
  • とても参考になりました。なぜなら、しょっちゅう導入文や要約文について間違えるからです。でも、この記事に書いてあることに注意すれば非承認を減らせるかもしれないと思いました。重要な内容が書いてありました。
  • 導入分が記事への期待を煽る文章だと初めて知りました。期待感を持たせて記事を読んでもらうための装置のようなものなのですね。確かに導入分だけを読んで、期待できるもがあるような気がします。文庫本の裏表紙みたいなものですよね。
ページトップへ戻る