扶養手当ってどんな仕組み!?プラチナライターで賢く計画的に働こう

扶養手当ってどんな仕組み!?プラチナライターで賢く計画的に働こう

生涯働きつづける女性は増えていますが、結婚をすると出産や育児などで女性が仕事を辞めるケースは依然として多いようです。しかも子育てがひと段落したあとは、「扶養の範囲内」でパートなどで働く女性が多く、扶養制度は分かりにくいうえ130万円の壁と言われている弊害があります。しかしプラチナライターとして働けば、扶養手当の範囲内でも働きやすいメリットがあります。

そもそも扶養手当とは

妻に対する扶養手当は、別名「家族手当」とも言われています。
これは働いていない妻がいる家庭に対し、企業側が支給するお手当と考えて良いでしょう。正確に言えば無職の奥さんがいる家庭、というより「奥さんは働いているが、年間の所得が130万円未満である」といった条件があります。最近では家族手当を支給しない企業も増えているようですが、支給している企業の平均的な月の支給額はおよそ1万円前後です。たかが1万円とも思いますが、年間に換算すると約12万円にもなります。

扶養手当の制度は極端に言うと、奥さんが年間に130万円稼いでしまうと扶養手当である12万円は差し引かれてしまうので、118万円しかもらえません。ならば扶養手当がもらえる年間130万円未満での仕事をした方が良い、そう考える主婦の方が多いのです。

しかし扶養の範囲内で働くのは分かりづらく稼げない!

扶養の範囲内で働くことは、単純に「年間130万円を超えなければ大丈夫」と思うかもしれません。
しかし意外な落とし穴があり、実はこの所得には交通費や残業手当など諸手当等も含まれてしまいます。パートのシフトを出した時点では月に8万円程度しか稼いでいないから大丈夫と思っても、思いがけず残業が続き手当てがついた、毎月5,000円以上の交通費が支給されるといったことがあれば、あっという間に年間130万円を超えてしまうかもしれません。

また扶養手当が支給されるか否か、それは一年間働いた分の合計金額を単純に計算するわけではありません。4か月以上同じ仕事を続けた場合、そのうちの3ヵ月が月額108,334円以上を超えた時点で一年間の所得が130万円を超えると予想され、扶養手当から外れてしまいます。

また税の扶養としては給与年収は「103万円以下」であり、社会保険の不要は「年収130万円未満」と決められています。給与年収が103万円以上、もしくは年収130万円を超える人は、何らかの扶養を外れなければなりません。非常に分かりにくいシステムです。

プラチナライターになれば扶養の範囲内でも賢く稼げます

パートで働く場合、扶養の範囲内で働くことはいろいろと考慮しながら働かなくてはいけません。
しかしプラチナライターとして働く場合は、交通費や残業代といった諸手当等は発生しないので、収入の予想が非常に立てやすく扶養の範囲内でも働きやすいことが挙げられます。そもそもプラチナライターの仕事は「フリーランス」ともいわれ税制上の「経費の特例」が受けられることもあります。その内容は、年間65万円までを経費相当額として差し引いても良いというものです。
これはプラチナライターのような在宅ワークの他に、水道検針や保険外交員などの特定の仕事だけに適用される特例です。プラチナライターとして年間65万円未満の収入だった場合、確定申告をしても「経費だけで所得はなし」ということになります。もちろんプラチナライターの仕事が副業の場合だったり給与所得があったりするとかなり複雑になってくるので、自分の管轄の税務署にきちんと問い合わせをしてみましょう。

こぶたのまとめ

・扶養手当とは、妻が年間130万円未満の収入の場合、夫の会社からもらえる手当である
・パートでの扶養の範囲内で働くことは、意外とややこしく難しいケースがある
・プラチナライターのようなフリーランスの仕事なら、計画が立てやすく税制上の特例が認められるケースもある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・8人 / いいえ・・・2人
  • 題名を見たときに、扶養手当を配偶者控除と間違えて混乱してしまいましたが、何度か読んでみて理解できました。ただ、記事の中で年収と所得という言葉が同じように使われている部分があり、少し分かりづらかったです。今年から自営になったため、扶養手当はなくなってしまいましたが、フリーランスの特例について知ることができ、勉強になる記事でした。
  • プラチナライターとして働くメリットについての説明が非常に分かりやすいです。確かに扶養手当などを考えると頭が痛いことが多かったのですが、プラチナライターであれば交通費やその他の費用を考慮しなくてよいので簡単ですね。
  • 扶養控除の話は記事の説明通り本当に複雑で計算が難しいです。残業や交通費がないという点でプラチナライターとして働くなら計画がしやすいと思いますが、そもそもプラチナライターになるまでが大変なのではないでしょうか。ハードルが高すぎると思いました。
  • 扶養の範囲で働くという事を具体的な数字などを書いてくれていたのでわかりやすかったです。そもそもの扶養手当とは?という所から説明してもらえたので今まであまり理解出来ていなかった事がわかりました。参考になる記事でしたよ。
  • 主婦が働く上で、扶養手当ってどうなっているのか分からない事が多かったんです。でもこの記事を読んでみると、ライターなら扶養の範囲内でも稼ぐ事は可能という事が分かりました。ライターとして働く上で、知っておいた方良い情報が見れて良かったです。
  • 扶養手当の「130万円の壁」について知っているつもりでしたが、交通費も含めて考えるという事は、扶養範囲内ギリギリで働く人にとって重要な事だと思いました。また、フリーランスという言葉の意味や特例についても初めて知りました。私自身が副業で在宅ワークをしているので、もっと賢く得に働くために、副業の場合の特例について更に詳しく知りたいと思いました。
  • わたしも扶養の範囲内でライティングの仕事をはじめています。当初よりも、難しい案件にも挑戦するようになり、収入額が上がってきています。今までは税制についても意識していませんでしたが、しっかりと明確にし、無駄のないようにしたいと思いました。
  • 家族手当をもらうために130万より低い所得でいるのなら、振り切ってフルで働いた方がいいという気もしますね。まさか交通費などもその中に含まれているとは知りませんでした。その点プラチナライターは経費の特例などお得な制度があっていいですね!
  • 税金など法律が絡むと一気に頭がパンクしてしまうので、この記事は完結で分かりやすかったです。私自身も扶養の範囲での仕事がしたいと考えていたので、プラチナライターの仕事なら最適だと感じました。経費特例は特に興味深かったです。
  • 扶養手当という言葉はニュースなどでは聞いたことがあるのですが。具体的なシステムはいまひとつ掴めず今回の記事で深く知ることができたので良かったです。また専業主婦の副業として時間と場所が自由に選択できるウェブライターは魅力的ですね。
ページトップへ戻る