主婦がフリーランスで働くにはどんな方法(職業)があるの?

主婦がフリーランスで働くにはどんな方法(職業)があるの?

インターネットの普及に伴い、なかなか外に働きに出られない主婦の方でもフリーランスとして働けるようになってきました。ですが、この「フリーランス」という言葉は具体的にどのような働き方を示すのかご存知でしょうか?今回はフリーランスとは何か、また主婦がフリーランスとして働く場合どんな職種があるのかご紹介していきます。

フリーランスとは?

フリーランスとは、「組織に属すことなく、個人で仕事を請け負い収入を得る専門職」を指します。単に「在宅ワーク」と言う場合と異なるのは、フリーランスはプロとしての仕事の質が求められる点。

そのため、基本的にフリーランスとして働く場合には何らかのスキルや資格、経験が必要になります。もちろんその分だけ報酬は高額に。イメージしやすいフリーランスとしては、デザイナーやカメラマン、ライターなどが挙げられますが、専門の資格が必要となる司法書士や社会保険労務士、さらに通訳などもフリーランスとして働ける職種になります。

主婦に人気なのはやっぱり「ライター」

以前ライターといえば、自分の足で取材を行い雑誌や新聞に記事を投稿する専門職というイメージが強かったですよね。ですが最近はインターネットの普及に伴い、web記事作成の需要が増えてライターの仕事も幅広くなってきました。

web記事を作成するライターは、フリーランスとはいえスキルがなくても始めやすく、しかもPC1台あれば高価なソフトがなくても始められるため、主婦にとても人気があるお仕事です。

また、web記事のライターであれば取材が必要な場合も少ないため、育児や家事の間に仕事ができるというのも主婦に人気の理由。クラウドソーシングサイトを通せば自分でクライアントを見つける手間がかなり省けるため、仕事を受注しやすいのもライターのメリットと言えるかもしれませんね。

専門スキルがあるなら「デザイナー」がオススメ

安定して需要があり、ライターよりも比較的高額な報酬を得やすいのがデザイナー。デザイナーにはwebサイトを制作するwebデザイナーと、主に紙面を制作するグラフィックデザイナーの2種類があります。

デザイナーとして働くには、基本的にデザイナー養成スクールを卒業する必要があります。また、デザイナーとして認めてもらうにはデザインセンスはもちろん、PC技術が重要。もし以前デザイン事務所等で働いていた経験がある方であれば始めやすい職種と言えます。

手先が器用ならネットショップを活用

もし手先が器用で何かを作るのが好きなら、ネットショップやオークション、フリマアプリを活用して制作物を売るという方法もあります。実際にお店を持つとなると場所代や人件費など様々な経費がかかりますが、ネットショップであれば基本的にこれらのお金はかかりません。

しかも24時間営業で、日本全国どこからでも注文を受けられます。もしアクセサリーやバッグ、洋服などを作るのが得意なのであれば、ネットショップの開業を目指してみるのもオススメですよ。

以前はwebの知識がないとネットショップ用のサイトを作るのがかなり困難でしたが、現在は簡単にネットショップを作成できるサイトが登場しているため、web知識がなくても簡単に自分のお店を持てるようになっています。もし興味があるようでしたら、ぜひ調べてみてくださいね。

フリーランスとして働く時の注意点

主婦に人気No1はやっぱり「ライター」

フリーランスは仕事の時間を自由に調整しやすく、場合によっては会社に勤めるよりも大きな収入を得られる場合があります。ですが、自分の受けた仕事の責任は全て自分で取らなくてはなりませんし、時には全く契約や売り上げがなくて収入が0という月も。

また自分1人しかいませんから、病気や怪我をした時に代わりに仕事を行ってくれる方もいませんし、フリーランスとして収入を得れば「個人事業主」扱いになるため確定申告も自分で行わなければなりません。

とはいえ、育児や夫の仕事の都合などで外に働きに出られない環境にある主婦にとっては、フリーランスの仕事はかなり魅力的。自分に合う職種を見極めて、自分のペースで楽しく仕事をしていきましょう!

▼自分の都合に合わせてお仕事を請けられます。
webライターのお仕事の詳細はこちらから
468_60

こぶたのまとめ

  • フリーランスはプロとしての仕事が求められる専門職
  • 主婦に人気の職種はライターだが、スキルや資格があればデザイナーやネットショップの運営もオススメ
  • フリーランスは仕事の全責任を自分1人で負わねばならず、確定申告等も自分で行う必要がある
  • 自分に合う職種で無理なく仕事をするのが、フリーランスとして働き続けるポイント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 主婦が副業を行うに当たり、色々な選択肢があることが分かって参考になりました。ライターについては知っていましたが、他にもデザイナーやネットショップなどの選択肢もあるのですね。もう一度自分の適性を見つめ直して副業をしてみたいと思いました。
  • 自分の好きな時間に働ける方法の基礎をおさえられますね。専門スキルがないのであれば、やはり在宅ライターが一番適しているということも分かりました。デザイナー業も素敵ですが、少々ハードルが高い気がしますね。
  • 興味のあったフリーランスについて具体的な例が書かれており、とても参考になりました。特別な資格がなくても出来る仕事がある事が分かったので、今後の参考にしたいです。サラリーマン家庭で確定申告とは無縁だったので、そうした注意点もあるんだという事を改めて気づかされました。
  • フリーランスとして働く際における注意点については、全く知らなかったので、とても参考になりました。フリーランスのライターとして、働いていきたいと考えている私にとって、耳寄りの情報だらけで非常に助かりました!
  • これまで会社勤めしかしてこなかったので、フリーランスの人達が確定申告をしているということすら知らなかったです。フリマアプリというものがあることも知りませんでした。売りたいものができたら、アプリをインストールしたいと思います。
  • フリーランスの仕事は意外と多くあるんですね。自分で責任をとらなくてはいけないので大変だと思いますが、自分のペースで仕事ができるというのはとても魅力的だと感じました。自分に合う職種を探してみたいと思います。
  • ここに紹介されている在宅ワークの中ではライターの仕事しかやったことがないのですが、デザイン系やネットショップの仕事も興味があります。ライターの仕事が軌道にのってもしも飽きが出ることがあったら、トライしてみたいなと思いました。
  • 主婦の方が家で出来る仕事にはどんなものがあるのかが分かりました。なかでもライターが1番人気だというのは頷けます。専門的な資格やスキルを求められず、パソコン一台あれば可能ですから、どんな人にもチャレンジしやすい仕事だなと思いました。
  • 自宅で子育てや介護をしている人達にとって、家に居ながら好きな時間に働くことができる仕事は魅力的だと思いました。また、ネットでの仕事が「個人事業主」という扱いになり、確定申告が必要であるということを知らなかったので参考になりました。
  • フリーランスというと格好良い感じでしたが、仕事に全責任を自分で負わなければいけないというところが大変だと思いました。ただ、限られた時間の中で働く方法としては、最適な方法だと感じます。初心者にも分かりやすい、webライターが一番人気なのですね。
ページトップへ戻る