地方都市で在宅ワークを探す方法

地方都市で在宅ワークを探す方法

更新日:2019年3月15日

田舎暮らしを紹介するテレビ番組などを観て、地方都市での生活に憧れる人もいるのではないでしょうか。とある地方都市に暮らす私は現在、在宅ワークに従事しています。ここでは、私の体験談を交えながら「地方都市で在宅ワークを探す方法」に関する情報を紹介していきます。

地方都市で暮らすメリット

まず、私が住んでいる地域を例に、地方都市で暮らすメリットについてお話していきます。私が暮らす地域は、緑豊かな田園風景の中にあります。いわゆる田舎ですが、生まれてこの方ずっとここで生活しているため、特別不便を感じることはありません。近年では開発が進み主要都市まで1時間で行けるようになるなど、ベッドタウンとしての魅力も強まっています。

家賃が安い点も地方都市に暮らすメリットのひとつ。鉄道沿線の家賃は割高ですが、郊外であれば比較的安くなります。ちなみに、私が2018年12月現在住んでいるアパートは郊外にある2DKで、家賃は月4万円。以前住んでいた鉄道沿線の住まいとほぼ同じ条件(築年数、広さ)ですが、家賃は2万6000円安くなりました。

田畑に囲まれており、四季の移ろいを身近に感じながら快適に生活しています。ちなみに、私はずっと賃貸住宅暮らしですが、家賃を払い続けるよりは住宅を購入したほうがお得という考え方も少なくありません。中古物件を探すことも選択肢のひとつです。特に、郊外へ行けば、格安で広々した住宅に出会えることでしょう。

車がないと生活できない点は、都市部の生活に慣れた人にとってはもしかすると不便に感じるかもしれません。しかし、それでも自分のペースで動けるメリットの方を取りたいという方にはお勧めできます。

また、大きな駐車場付きの商業施設が市内あちこちにできたため、日頃の買い物に不便することもほとんどありません。ネット通販を利用すれば、翌日には荷物が届くことがほとんど。都会同様、天候が悪い日などは家から出なくても買い物ができます。

ここまでさまざまなメリットを紹介してきましたが、それを踏まえると地方都市は在宅での仕事には理想的な環境だと言えるのではないでしょうか。

地方都市における働き方

当然ですが、見知らぬ土地で生活するにあたっては、新たな収入源を確保する必要があります。しかし、仕事の選択肢や求人数などを考えると、大都市と同じようにはいかないのが現状です。

他地域から移住してきた人のなかには、自然に溢れた生活に憧れ、農業を営んだりする方もいます。また、自宅を陶芸品工房にする人や、飲食店などを始める人も少なくありません。このように、在宅でできる仕事を探すのも地方都市での生き方のひとつです。

私の場合は見知らぬ土地に引っ越したわけではありませんが、諸事情が重なり勤めていた会社で働き続けることを断念した経緯があります。新たな仕事を探したものの、年齢のこともあり思うように進まず。

それでも根気強く働き口を探し続けましたが、最終的な決断は、21世紀に入って間もない40代半ばのころ。免許や資格を並べたりパソコンのスキルをアピールしたりしても、再就職は叶いませんでした。しかしその後、在宅ワークに出会い、還暦を迎えた今でもパソコンを使った仕事をしています。

在宅でできる仕事とは

ここでは、在宅でできる代表的な仕事を紹介していきます。

<シール貼り>
バーコードや値札、宛名シールなどを貼る仕事です。シワを付けずにまっすぐ貼る必要があり、手先が器用な人や根気強い人に向いています。仕事に必要な材料を置くためのスペースが必要です。

<包装や封筒入れ>
小さいグッズなどを包装する仕事やチラシを封筒に入れる仕事で、シール貼りとセットになることが多いです。チラシ折りに時間が掛かるほか、シール貼り同様仕事材料の置き場所が必要です。

<写真撮影>
手持ちのスマホやタブレットで写真撮影をする仕事。撮影に必要な機器を持っている人におすすめです。

<テストの採点・小論文の添削>
小学生~高校生が作成した答案を対象にすることが多く、教育への関心が強い人におすすめです。綺麗な字が書けると理想的ですが、近年ではパソコンで作業できるパターンも増えています。四年制大学の在学・卒業が条件となる場合が多いです。教員免許があると有利なところもあります。

<語学講師>
オンラインのテレビ電話を使って、日本語や英語などを教える仕事です。語学力はもちろん必須ですが、人と接することが好きで教え方が上手だとより歓迎されます。

<コールセンター>
顧客からの相談に電話で対応する仕事で、専用の電話機やパソコンの貸与があります。在宅ワークの前に企業で研修を受ける必要があります。クレームにも対応しなくてはならないため、接客スキルは不可欠です。仕事に集中できる静かな環境があり、シフトを組みやすい人におすすめです。

<アンケートモニター>
サイト内で質問に答えるほか、座談会や体験アンケートなどもあります。スマホでもアンケートに回答できるため、隙間時間の有効活用におすすめ。アンケート依頼数が多いサイトやポイント還元率が高いサイトを探して複数登録するなど、安定して収入が得られるように工夫しましょう。

<ネットリサーチ>
企業が求める情報をインターネットで収集してまとめる仕事です。海外オンラインショップ関連情報の仕事が多く、見聞を広めたい人におすすめです。

<テープ起こし>
会話やインタビューなどの動画や音声をダウンロードして、文章にする仕事です。「テープ起こし講座」を受けた人や「テープ起こし技術者資格認定試験」に合格した人は有利な傾向にあります。

<翻訳>
専門性の高い仕事で、TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)やHSK(中国語検定)などの資格が最低条件とされます。専門用語などの理解が求められるハイレベルな仕事です。

<設計・製図(CADなど)>
専用ソフトを使ってできる仕事で、Webデザインやイラスト、製図などが好きな人におすすめです。比較的高いスキルが求められますが、在宅ワークのなかでも人気があります。

<データ・文章入力>
こちらも注目の在宅ワークです。コピペ作業からエクセル・ワードのスキルが必要な仕事まで幅広く存在します。オフィスでの業務で経験を積んでから在宅ワークに移行できるところもあります。

<Webライター>
パソコンを使い、テーマや文字数、キーワードなどの条件に従って記事を作成する仕事です。コラムや体験談など多岐にわたります。文章力だけでなく情報収集力も必要です。タイピングが速いほうが効率的な仕事ができます。得意分野があったほうが有利ですが、特別な資格や経験がなくても始められる理想的な在宅ワークのひとつです。

その他、こぶたの鉛筆と同じ運営会社が運営している「サグーワークス」では、Webライティングだけでなく以下のような在宅ワークをしてくださる方も募集しています。
興味がある方はぜひ詳細ページをご覧ください。

▼校正・校閲のお仕事についての詳細はこちら
サグーライティング校正・校閲者

▼デザイナー募集の詳細はこちら
デザイナー募集

在宅ワークと仕事環境

自宅を仕事場にあたっては、仕事をするためのスペースを確保できると良いでしょう。仕事部屋の用意が難しいという場合でも、仕事に専念できるように整理整頓するなどの工夫が大切です。

特に、仕事の材料を預かる場合は、汚損破損や紛失のないように注意したいところ。仕事内容によっては、静かな環境が求められることも知っておきましょう。このように職場環境を整えることを考えれば、地方都市はより良い環境かもしれません。

仕事を探す方法は

いざ在宅ワークをしようと思っても、案外うまく見つけられないなどということも少なくありません。ここでは在宅ワークを探す方法をいくつか紹介します。紹介したうちどれか1つにこだわるのではなく、複数の方法で探してみることが大切です。

また、在宅ワークで十分な収入を得るには複数の会社との契約も視野に入れなくてはならないことも考慮しましょう。

(1)自治体の内職相談窓口を利用
在宅での仕事を探す身近な方法として、自治体の内職相談窓口があるので活用しましょう。職に関する相談窓口といえば「ハローワーク」が身近な存在ですが、在宅ワークの情報は扱っていないので注意。

(2)友人・知人に紹介してもらう
在宅でできる仕事がないか、友人・知人に聞いてみるのもいいでしょう。彼らが働いている職場に限らず、そのまた知り合いの職場に関する情報なども得られるかもしれません。

より多くの情報を得るためにも、日頃からの交友関係を広めておくといいですね。仕事の紹介を頼むと、頼まれたほうも責任があるため、きちんとした仕事先と出会える可能性が高いという点が大きなメリットです。

ただし、紹介を受けた仕事が自分に合わない場合、頼んだほうからは断りにくくなります。そのため、身近な人に仕事を紹介してもらうときは、より慎重になることが大切です。

(3)インターネット上で「地域名」を入れて検索する
インターネットが使える環境にある人は、仕事探しにも有効活用しましょう。検索サイトで情報収集するときに、自分が住んでいる地域名を入力すると情報の絞り込みがしやすくなります。また、インターネット環境があれば、ネットリサーチやWebライターといった在宅ワークの求人にも出会いやすいです。

例えば、ライターの仕事を希望する人は「Webライター」で検索するとよいですね。ほかにも、関連サイトから在宅ワークの求人が見つかる可能性もでてきます。

(4)クラウドソーシングサイトで仕事を探す
こちらもインターネットならではの仕事探し方です。クラウドソーシングとは「クラウド(群衆)とソーシング(業務委託)を合わせた言葉で、インターネット上で仕事が完結できる点に大きな特徴があります。

クラウドソーシングサイトに会員登録すると、そのサイトに掲載される案件から好きなものを選んで仕事ができます。出来高制のため収入には波がありますが、ノルマが課せられないため、自分のペースで仕事をしたい人におすすめできます。

クラウドソーシングサイトは数多く存在しますが、有名なところだと「クラウドワークス」「ランサーズ」「シュフティ」などがあげられます。どのサイトもいろいろなジャンルを総合的に扱っていますが、「ライター向け」「デザイナー向け」といった特徴もあります。

そのため、会員登録するときは、自分がやりたい仕事に出会えるかどうかを確認することが大切です。また、仕事の受注から収入を得られるまでの流れや、サイト運営側のサポート体制なども少しずつ異なっているので調べておくとよいでしょう。

ちなみに、私は2015年夏ごろから複数のクラウドソーシングサイトに登録し、いくつか仕事を経験してきました。後でお話する「サグーワークス」との出会いもこの時期でした。

インターネットで仕事をするときの注意点

インターネットで仕事、あるいは仕事探しをするにあたっては、求人を募集している側の顔が見えない場合が多く、中には悪徳業者が含まれていることもあります。給料をもらうために非常に面倒な手続きを通す必要があったり、それどころか仕事をしても給料がもらえないなどということも。

とはいえ、仕事探しを急ぐような場合は、気持ちに余裕がないこともしばしば。そのため、詐欺や悪徳業者の存在を認識していても、「自分は大丈夫」と思い込んでしまいます。そうならないためにも、インターネットで仕事をするときの注意点をしっかり抑えておきましょう。

(1)費用の請求には応じない
仕事を始めるときに「登録料」や「保証金」を求められたら要注意です。基本的に「働き手が欲しい求人側」が、「お金が欲しくて仕事を探している人」にお金を要求するような事態はあり得ません。

加えて、仕事を始める前になんらかの研修を義務付けられることがありますが、在宅ワークの性質上めったに無いことですのでこちらも気を付けましょう。研修を受けたほうが有利と言われたら気持ちが揺らぐのは無理もないことですが、即答しないように心掛けましょう。

(2)相手の情報確認を徹底する
仕事を始めるためには、相手に関する情報をきちんと収集することが大切です。会社名や所在地がはっきりしないところは要注意。電話番号の記載があり、こちらからの電話が通じるということも一つの判断基準になりますが、それだけでは安心するのは好ましくありません。

疑問に感じたことはメールや電話でしっかり確認しましょう。そのときはこちらの個人情報を知られないように注意しましょう。

(3)別の仕事を持ちかけられたら要注意
たとえば、Webライターの求人に見せかけて、別の仕事を持ちかけるところもあります。こればかりは、フタを開けてみないとわからない部分もありますが、仕事開始後にこのような話が出てきたときは要注意。こちらの出費がともなう場合も多いため、話に乗せられないようにしましょう。

また、試用期間は丁寧なサポートがあって安心しているところを、使用期間が終わった途端手のひらを返すといった手口も知られています。

(4)賃金の支払い体系を明確に
賃金の支払い体系を明確にしましょう。例えばWebライターの場合、1記事あたりの単価や原稿料の締日・支払日など、大事なことは最初に確認しましょう。支払日が遅れたときは要注意です。

(5)1人で悩まずに相談を
悪徳業者にだまされないためには、1人で判断しないことが大切です。新しい仕事を始める前には、必ず身近な人に相談しましょう。もし、仕事を始めてから不安を感じた場合も同じです。

変に自分のプライドを押し通して取り返しのつかないことになる、などという事態は避けるように心がけましょう。それでも何となく憚られるという方は、消費者相談窓口などであれば利用しやすいかもしれません。

(5)口コミを鵜呑みにしない
インターネットで仕事を探すことの難しさは、相手の顔が見えないことや、体験者が身近にいないことに起因します。そのため、インターネット上で公開される口コミが重要な情報源となることが多いです。しかし、口コミはあくまでその人の主観によって書かれていますから、必ずしも自分に当てはまるとは限りません。

そもそも本当に体験した人が口コミを書いているかどうかもわかりません。今の時代、求人側の自作自演ということもあり得ますから、口コミはあくまで参考までにして、鵜呑みにしないことが大切です。

サグーワークス

先にも少し述べたように在宅ワークとして、Webライターは代表的な存在です。テキスト形式の記事をメールで送る方法のほかにも、サイト上で仕事を完結できるクラウドソーシングも増えています。

私が会員登録している「サグーワークス」もそのひとつ。ここでは、サグーワークスの特徴についてお話しましょう。

(1)怪しい会社ではない
サグーワークスは「株式会社ウィルゲート」が運営する、ライティング型特化のクラウドソーシングサイトです。2018年12月現在「登録者数21万人以上」「取引社数4700社以上」(楽天株式会社、住友不動産株式会社など)を有し、業界最大手として注目されています。

会員の活躍ぶりはサイト内のランキングで確認でき、次々と新顔が登場することからも人気の高さがうかがえます。

家族や友人から紹介されて会員登録した人も少なくないようです。取引社数の多さから案件のジャンルも多岐にわたるため、自分の得意分野に応じた仕事が見つかることが大きな強みです。

(2)とにかく単価が高い
サグーワークスではライターが、レギュラー・ゴールド・プラチナの3ランクに分けられています。
プラチナライターには、より高品質の記事作成が求められ、プラチナライターになるには所定のテストに合格することが不可欠です。ただ、会員登録後すぐに受験することが可能なうえ、ライター未経験の人が一発合格したケースもあります。

プラチナライターになると1文字1円以上の案件に挑戦できることが大きなメリットです。

サグーワークス会員登録後は、レギュラーライターとしてスタートします。その後、経験を積むことでゴールドライターへと昇格。レギュラー・ゴールド案件はプラチナ案件よりは単価が低めですが、最近は1文字0.5円以上などの高単価案件も増えてきました。

「ランク特典付案件」など、さらなる高単価が期待できる制度もあります。もちろん、高単価案件は文字数が多くなりますので、まずは得意分野から始めると取り組みやすいかもしれませんね。

といっても、Webライターの待遇の相場がいまいちイメージできない方もいらっしゃると思います。実は1文字0.2~0.3円、1記事100円といった条件の仕事も少なくありません。

その理由は、インターネット上の求人となるためライターの顔が見えず、記事の質が保証できないということにあります。もちろん、サグーワークスにも1文字0.2~0.3円の案件はあります。しかし、相対的に高単価の案件が多いことがサグーワークスの大きな魅力です。

▼プラチナライターテストの詳細とテスト受験はこちらから
サグーライティングプラチナ テストに挑戦

⑶ライティングに専念できる
在宅ワークで収入を得るためには、自分で仕事を探す必要があります。また、仕事に関する細かなやり取りを先方(クライアント、エージェント)と行なうため、ライティング外の雑務に多くの時間を費やすことも少なくないのです。当然、そういった連絡や調整にかかる時間に対して報酬は出ません。

加えて、万が一やり取りを通じてクライアントとのトラブルに陥ってしまった場合には、ライター側が不利を被ることがほとんどです。

その点サグーワークスでは、サイト内に掲載された案件のなかから選んでライティングするのみで、クライアントと直接やり取りをする必要はありません。とはいえ疑問点があれば、サグーワークス運営事務局に照会できる体制も整っています。

なお、投稿した記事が採用されなかった場合もアドバイスが受けられるため、Webライターとしての成長の糧にできます。プラチナ案件に関しては、いきなり不採用となることはまれで、承認者から修正依頼を受けながら記事内容を調整していくことになります。

サグーワークスはユーザビリティも常に進化を続けており、どんどん使いやすくなっています。IT機器が苦手な人もコツをつかめば簡単に使えるでしょう。

⑷ストレスなく換金できる
サグーワークスで投稿した記事が承認されるとポイントがもらえます。貯まったポイントは「1ポイント1円」で利用できます。ポイント交換方法には「現金」「ドットマネー」「Amazonギフト券」があるため、目的に応じて選ぶとよいでしょう。換金時にはポイントから手数料を差し引かれますが、サグーワークスのシステムは簡潔明瞭なためストレスはありません。

現金との交換(換金)は1000ポイント以上から100ポイント単位で可能です。交換手数料は30000ポイント未満で108ポイント、30000ポイント以上で216ポイントかかります。

現金との交換は口座振込にて行われ、ポイント交換申請後はサグーワークスから届く案内に従いCASH POSTの手続きをする必要があります。2018年9月からは一連の手続きが迅速化され、タイミングがよければ即日振込も可能です。

ドットマネーとの交換は500ポイント以上から100ポイント単位で可能です。こちらは即時交換できるほか、交換手数料は掛かりません。ドットマネーを現金・ギフト券・ポイントに交換するにはSMS認証が必要です。SMSは携帯電話間でやり取りする性質上、固定電話では対応できません。

また、携帯端末のなかにはSMSが使えない場合もあるため、ドットマネーと交換するときは事前に確認しましょう。

Amazonギフト券との交換は3000ポイントからで、交換単位は選択式(3000円分・6000円分・9000円分)になっています。こちらは登録メールアドレス宛にギフト券が送付される仕組みとなっています。交換までには7日前後かかりますが、交換手数料はかかりません。

サグーワークスのポイント交換について

サグーワークスでの仕事の進め方は

高単価案件が多い、ライティングに専念できるなど、さまざまなメリットがあるサグーワークス。ここではサグーワークスの仕事の流れを説明していきます。

サグーワークスに会員登録すると、すぐにサイトに掲載されているタスクに取り掛かれます。記事の作成・投稿は自分のペースで行えるため、ライフスタイルに合わせて無理なく仕事できることが大きな魅力です。

もちろん、たくさん投稿して収入を増やすこともできます。投稿した記事が承認されるとポイントが加算され、マイページで確認できます。

ポイントが貯まり、希望する交換方法(現金・ドットマネー・Amazonギフト)の最低交換ラインに達すると、報酬の受け取り手続きが可能になります。交換のタイミングもライフスタイルに合わせて自由に設定できるのもうれしいですね。

サグーワークスには「サグーリサーチ」というアンケートモニターの仕事もあります。ポイント獲得までのプロセスが少ないため取り組みやすいことが大きな特徴です。ライティングに敷居の高さを感じる人は、サグーリサーチから始めてもよいでしょう。

▼テストや面接なしで今すぐ始められます!
サグーワークスの詳細と無料ライター登録はこちらから
468_60

この記事をシェアする

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 地方都市で在宅ワークを探す方法について詳しく書かれていたので、すごく勉強になりました。地方都市に住んでいても在宅ワークなら天候などに振り回されず、自宅で自分のペースで仕事をすることができるので、ハローワークやインターネットで仕事を見つけられたら有意義な生活を送れるんだなと思いました。
  • 記事で紹介されている在宅ワークを探す方法は、3種類とも私自身がもうすでにやり終えた方法ばかりだったので、個人的に参考になりませんでした。もし、ほかにも在宅ワークを探す方法があるのであれば、紹介して欲しいと思いました。
  • 私も地方都市在住です。いいところもたくさんありますが、仕事面で言うと職種が限られていたり、条件が合わなかったり、自分のやりたい仕事を探すのは難しいと感じます。特に子育てをしていれば外に出て働くのも難しいものです。記事を読んで在宅ワークは、そんな地方都市の主婦や副業としてまさにうってつけの仕事だと思いました。私もプラチナライター目指して頑張ります。
  • 年を取ったら田舎で静かな生活を送りたい、という気持ちがあります。なぜ「年を取ったら」なのかというと、それは田舎では仕事を見つけるのが難しいからです。しかし現代は在宅でできるライターの仕事など、インターネット接続ができれば住んでいる場所に関係なく稼ぐことができるクラウドソーシングがどんどん増えています。自分の決断次第で住む場所を柔軟に変えられるのは有難いです。
  • 依頼者とのやり取りがない分責任が伴うとも言えますので、どのようにその文章が使われるのかを想像した上で、なるべく自分の手に負えると確信できる範囲のものしか私は行わないようにしていて、それでプラチナもOKだという人が多ければみんなそうなっていくと思います。対人ストレスに敏感な人でネットがホームグラウンドなら、調べて悪徳業者を見分けるのはそう難しくないですよね。
  • 内職を探すときにインターネットを使っていましたが、怪しいものが多かったです。探す際に注意する点が分かりました。友人などに聞く手もあるのだとわかりました。ネットにつないで在宅で仕事ができるのはやっぱり便利でいいなと思いました。
  • わたしも地方在住で在宅ワークをいろいろ探していた経験があるので、今回の記事は参考になりました。やはりわたし自身最後にサグーワークスさんにたどりついたのですが、他の在宅のお仕事より断然メリットが多いので、今回の記事はたくさんの人に読んでもらいたいなと思いました。
  • 地方都市で仕事を探すよりも、在宅ワークで登録したほうがすぐに仕事もさがせ、その日からどんどん稼げるように感じました。余計な生活費もかからないのが在宅ワークだと思うので、地方都市暮らしの人のニーズに合った仕事だと思います。
  • 地方都市や田舎でもネットライターという仕事は共通ですし、場合によっては現地のバイトの時給よりも大幅に稼げることができるのは魅力的ですよね。特にプラチナライターはメリットも多いので私も目指したいなと思いました。
  • インターネット全盛期なので、地方に住むデメリットも昔に比べ減っているのが分かりました。通販で買い物出来たり、落ち着いた環境でゆったり暮らせるのがメリットだと思いました。サグーライティングのような仕事に出来るものもあるので、インターネットさえあれば、どこでも暮らせそうです。
ページトップへ戻る