文章で稼ぐ!好きなことを仕事にする4つのやり方

文章で稼ぐ!好きなことを仕事にする4つのやり方

「文章を書くことに興味がある」というそこのアナタ。「自分の文章がお金になったらいいなあ」と思ったことはありませんか。インターネットが発達した現代は、以前と比べて「文章で稼ぐこと」がずっと身近になりました。出版業界関係者や著名人ではない普通の人が文章を書いて稼げる時代になったのです。

さて、文章で稼ぐ方法といっても、初心者向けから上級者向けまでいろいろな方法がありますよね。この記事では、文章をお金に変えるための具体的な方法を系統別に紹介します。難易度や収入などの比較も行っているので、自分に合った稼ぎ方を探してみてはいかがでしょうか。

すぐに文章で稼ぐ

「とりあえず手軽に稼いでみたい」という人には、クラウドソーシングサイトで仕事を探してみることをおすすめします。

クラウドソーシングサイトとはクライアントと在宅ワーカーのマッチングサイトです。さまざまな内容の求人がありますが、アンケートモニターやWebライターのように文章を書くことが求められる仕事の募集も数多くあります。

アンケートモニター

Web上で簡単なアンケートに答える仕事です。Webで完結するものは報酬が低めですが、数分で終わる作業が多くスキマ時間で取り組みやすいです。通勤時間や電車待ちの時間などを有効活用している人も多いようですよ。

また、特別なスキルも不要なため、初心者でも手軽に取り組めます。アンケートの仕事はアンケートサイトやクラウドソーシングサイトで探すことができます。

<評価>
・はじめやすさ ☆☆☆
・時間の柔軟性 ☆☆☆
・場所 ☆☆☆
・月収 ☆
・誰でもできるか ☆☆☆

Webライター

Web上で公開される記事を書く仕事です。パソコンとネット環境さえあれば、いつでもどこでも作業できるため、在宅でできる副業として人気があります。報酬レベルは案件によってまちまちですが、本人のスキルや努力によっては高収入が狙える仕事です。

たとえば、記事作成サービスの『サグーワークス』の場合、テストを受けてプラチナライターになると1文字1円以上の案件を受けられます。この文章を書いている筆者始めサグーワークスの活動だけで、専業ライターとして活躍している人もたくさんいます。

<評価>
・はじめやすさ ☆☆☆
・時間の柔軟性 ☆☆☆
・場所 ☆☆☆
・月収 ☆~☆☆☆
・誰でもできるか ☆☆

名前も売りながら文章で稼ぐ

このコラムを読んでいる人の中には、「自分の書いた文章で有名になりたい」という人もいるかもしれませんね。そんな人向けの仕事としては、小説家やブロガーなどがあります。

小説家、脚本家、エッセイストなどの創作系

小説家や脚本家など、プロの作家として創作の世界で食べている人も存在します。この場合、新人賞経由で、プロデビューを狙うのが王道です。ただ、現代ではインターネットの発展に伴い、投稿サイトなど作品の発表の場は増えつつあります。

たとえば小説家の場合、投稿サイトへの投稿がきっかけでプロデビューするケースも増えてきました。ただし、そもそもプロになるのは狭き門ですし、作家活動だけで食べていくのはもっと難しいことです。

先ほどの小説家の例でいえば、単行本の印税はよくても10%程度です。2000円の本が1万部売れたとしても、200×1万で200万にしかなりません(しかも、出版不況の現代ではそもそも本を1万部売るのが大変です)。

<評価>
はじめやすさ☆☆
時間の柔軟性☆☆☆
場所☆☆☆
月収☆
誰でもできるか☆

ブロガー

ブロガーとは、ブログを書いて収入を得ている人のこと。有名ブロガーともなれば、社会に与える影響力も大きくなります。ブロガーの主な収入源はアフィリエイトやGoogle AdSenseなどの広告収入です。ブログの読者が表示された広告をクリックしたり、リンク先から商品を買ってくれたりした場合に広告主から報酬がもらえます。つまり、ブログを読んでくれる読者の数が多いほど収入に結びつくということになります。ブロガー収入はPV数に左右される傾向があるため、収益を上げるためには努力と工夫が必要です。

また、読者数を増やすには一定の期間が必要なため、収入を得られるまで時間がかかる傾向があります。

<評価>
はじめやすさ☆☆
時間の柔軟性☆☆
場所☆☆
月収☆~☆☆
誰でもできるか☆☆

他の特技や経験と掛け合わせて文章で稼ぐ

語学力や前職のコネなどすでに持っている特技や人脈と文章力を掛け合わせて活躍する道もあります。

翻訳

日本語力に加え、英語など語学力に自信がある人におすすめの仕事です。ただ、経験者向けの求人が多かったり、TOEIC800点以上などの資格が応募条件になっていたりと、誰でもできるという仕事ではないかもしれません。特に、未経験者は資格が重視されます。翻訳の中でも、専門性の高い特許翻訳、医薬翻訳は稼ぎやすいといわれています。一方、IT翻訳やマニュアル翻訳など価格破壊が起きている分野もあるようです。

<評価>
はじめやすさ☆
時間の柔軟性☆☆☆
場所☆☆☆
月収☆☆
誰でもできるか☆

紙媒体のライター

雑誌などの紙媒体のライターは、Web媒体のライターよりも文字単価が高い傾向があります。しかし、もともと求人数が少なかったり、ライター・編集者としての実績や人脈が必要だったりと参入までのハードルは高めです。出版業界に身を置いたことのない初心者がいきなり目指すのは難しいかもしれません。

<評価>
はじめやすさ☆
時間の柔軟性☆☆
場所☆☆
月収☆☆
誰でもできるか☆

文章で大きく稼ぐ

当たれば大きいものの、人によって稼げるかどうかの差がでやすい仕事も存在します。それが広告収入で稼いだり、自作のコンテンツを売ったりして稼ぐ方法です。

アフィリエイター

アフィリエイト広告(成果報酬型広告)で稼ぐ仕事です。自分の持っているサイトやブログなどに企業の広告を貼って商品を紹介し、実際に集客につながった場合に報酬が発生します。ブロガー同様、集客力のあるコンテンツを提供する必要があるため、稼げる人と稼げない人の差が激しいです。

<評価>
はじめやすさ☆☆☆
時間の柔軟性☆☆☆
場所☆☆☆
月収☆~☆☆☆
誰でもできるか☆☆

note販売

noteは文章や音楽、写真などのコンテンツを気軽に発信できるサービスです。作成したコンテンツは無料で公開することも可能ですが、有料で販売することもできます。売上から手数料・振込手数料を引いたものが利益となります。

ただ、実際にコンテンツが売れるかどうかは「人による」というのが実情です。note内のフォロワー数やSNS・ブログなどのフォロワー数、本人の実績・知名度などに左右されます。

<評価>
はじめやすさ☆☆
時間の柔軟性☆☆☆
場所☆☆☆
月収☆~☆☆
誰でもできるか☆

自費出版

電子書籍の登場により、低コストで自分の作品を本として出版できるようになりました。たとえば、Amazonでは無料でKindle本の出版が可能です。その場合、本が売れた分のロイヤリティのほか、kindle unlimitedに登録すると利用者数に応じた収益が手に入ります。

ただし、読者の数が収益と結びついているため、アフィリエイターやnote同様必ずしも稼げるとは限りません。

<評価>
はじめやすさ☆☆
時間の柔軟性☆☆☆
場所☆☆☆
月収☆~☆☆
誰でもできるか☆☆

まずは「Webライター」がおすすめ!

文章を使って稼ぐ方法を複数紹介してきましたが、初心者が手軽に始められるものとなるとWebを使った仕事が中心になるでしょうか。Webライターやアフィリエイター、ブロガーなどですね。これらの仕事は初期費用もかかりませんし、特別なスキル・人脈を持たない一般人でも始められそうです。

ただ、そのなかでも効率よく稼げる方法というのは意外と少ないです。Web上でコンテンツを売ったり、広告収入で稼いだりする方法は軌道に乗るまで時間がかかります。根気強く続けてようやく利益が出るか、あるいは継続できても全くお金にならないかといったものなので、すぐに、確実に稼ぎたいという人にはあまり向いていないかもしれません。

もし、文章ですぐに収入を得たいなら、書いた文章がそのままお金になるWebライターが確実です。作業時間と収入が比例するので、一定の作業時間を確保できれば収入が安定しますよ。稼ぐコンテンツを作るのに必要な文章力の鍛錬にもなるので、将来ブロガー、紙媒体のライターなど他の「書く仕事」を目指す人の最初の一歩にもおすすめです。

▼webライターなら無料で、テストや面接なしですぐにお仕事を始められます。
詳細と無料ライター登録はこちらから
468_60

こぶたのまとめ

文章で稼ぐ方法にも様々なものがあり、大きく分けると以下のようになります。

  • すぐに文章で稼ぐ
  • 名前も売りながら文章で稼ぐ
  • 他の特技や経験と掛け合わせて文章で稼ぐ
  • 文章で大きく稼ぐ

おすすめのやり方は、すぐに文章で稼いでスキルや実績を蓄積してから、
難易度の高い仕事に挑戦することです。

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 月に5万円を稼ぐのも難しくないと思える記事でした。論文対策にもなり、情報をまとめる知識もつくので一石二鳥だと思います。社会人になる前の予行練習でお金を稼ぎながら、文章能力が上がるのは一石二鳥でいいと思います。
  • いままで、月5万を稼ぐことは、学生にとってとても難しいことだと思いました。しかし、記事を読んだらそんなこともなく、簡単に稼げるように感じました。文章能力もあがるので学生にとってはとても良い経験だと感じます。
  • 確かにライティングの在宅ワークは、将来的に考えて自己流の勉強になると思いました。内容を調べて、それを簡潔にわかりやすく書くという事は論文などの良い練習になりますよね。私も学生の時からこういったお仕事を知っていればまた変わったのかなぁと思いました。
  • 月5万円も稼ぐことが出来るなんて凄いなと思いました。自分の目標金額を決めて、案件をこなすことが大切なのだなと思います。また、非承認になっても再投稿ができるというシステムのお陰で自分のダメなところを知ることが出来て、とても良いなと思います。
  • 学生時代にこういうサイトを知って通学時間などを使い文章を書いて、文章力を上げることができるのはいいなと思います。どういったところが悪かったかも教えてくれるので、自分も学生時代にしておけば良かったなと思いました。
  • こんなにも簡単に学生でも稼げるのはすごいと思いました。自分も学生なので、なんとかプラチナライターまでいって、もっと稼げるようになりたいです。学生に希望がもてるような記事だったので、私にもっと上を目指せそうです。
  • 一万円稼ぐだけでとても難しかったのですが、この記事を読んだらもっと上の金額を目指せるように感じました。時間もあり、自分の空いた時間を見つけやすい学生なら不可能ではないと思います。学生に希望がもてる記事だったのでとてもうれしいです。
  • わたしは主婦なので学生さんではないのですが、今回の記事を読んでいて、月5万円稼げるかどうかに目を奪われました。やはり一定額を稼ぐのは大変ですが、その分いろんなことが身につくし、挑戦してみて損はないと思いました。学生さんならば、ちょっと一見する価値ありの記事ですね。
  • タイトルがうまいなと思いました。在宅で5万円稼げるか、すごく魅力的なタイトルだと思います。わたしは主婦なのですが、この記事のタイトルを見たときどれどれと読みたくなりました。時間のない学生さんでもやれないことはないと思わせる、背中を押してくれるような良い記事でした。
  • しっかり稼ごうと思ったら、目標額を決めて計画的に仕事をしていくことが大切だと思いました。プラチナライターになることで、大学生でも、バイトくらい稼ぐことができ、文章を書く力も付くのはとても良いと思います。
ページトップへ戻る