副業するならWebライティング!月5万円を安定して稼ぐ方法

副業するならWebライティング!月5万円を安定して稼ぐ方法

主婦として家計を助けるために副業をしたい、会社からもらう給料以外に副業をして年収を増やしたい、自分の空き時間を有効活用してお金に換えたいなど、副業をしたい人の動機はいろいろ考えられます。しかし、副業で稼ぐ目標金額は不思議と似たような数字になることが多く、月5万円程度稼ぎたいと考えている人が多いようです。そこで、副業Webライターで安定して月5万円稼ぐ方法についてご紹介します。

副業するならWebライティングがおすすめ

月5万円を目指して副業をする場合、仮に時給1,000円だったとすると月50時間、週12時間程度働く必要があります。スーパーやコンビニなどのパートやアルバイトとして週4日で1日3時間働くと月5万円は稼げる計算になります。しかし、子育て中の主婦や本業がある会社員は週4日3時間、通勤時間も入れたらそれ以上の時間をコンスタントに確保するのは難しいでしょう。
パートやアルバイトで副業をする場合の最大のデメリットは、まとまった時間拘束されることでしょう。副業にあてるために連続した数時間を生み出せる人は少ないはずです。それでも、細切れのスキマ時間なら確保できるという人は多いのではないでしょうか?10分、30分といったスキマ時間も、積み重なるとまとまった時間に匹敵する長さになるはずです。このスキマ時間を有効活用できる副業があります。それがWebライティングです。
Webライティングとは、クラウドソーシングの仕組みを利用してネットで記事を作成して投稿する仕事です。募集しているテーマについて文章を書いて投稿したり、直接記事作成を依頼され納期までに書き上げたりします。Webライティングのメリットは、家に居ながらスキマ時間を活用してできることです。

空いた時間を活用して月5万円を稼ぐ方法

Webライティングにトライしてみたい人が、次に気になるのは「月5万円程度は稼げるのだろうか?」でしょう。1日で積み上げられるすきま時間は、個人差はありますが仮に2時間程度とれると考えた場合に、どの程度のライティング作業をすればいいのかを確認してみましょう。
1日2時間で月60時間、余裕を見て50時間とすると、時給1,000円であれば月5万円稼げることになります。問題はWebライティングで時給1,000円稼げるのかという点です。結論からいうと可能です。経験を積んで文字単価が上がっていけばもっと稼ぐことも夢ではありません。しかし、初心者で書けるテーマも少なく文字単価も低ければ時給数百円程度が精一杯という可能性もあります。ただ、長期間、地道に書き続けることによって文字単価も上がり、書けるテーマは多くなってくるはずです。
時給1,000円に届かないうちは、月5万円を最終目標として持ちながら中間目標として2~3万円を目指す方法もあります。また、どうしても月5万円にこだわるのであれば作業時間を増やすことで実現できます。自分の都合に合わせて作業量を決められるのがWebライティングの魅力です。

月5万円以上を稼ぐためのコツは?

副業としてWebライティングをすることで月5万円の収入も夢ではないことが計算上はわかったと思いますが、実際の記事作成はどの程度大変なことなのか、自分にもできるのかといった不安を感じている人もいるはずです。その不安を解消する効果的な方法は、とりあえず1つ作成して投稿してみること、百聞は一見にしかず、です。実際に投稿することによって、文章を書く大変さや少額であっても承認されて稼いだ実感が得られます。
承認されやすい記事作成のコツもあります。文章は「ですます調」で書くことが指定される場合が多いですが、文末が同じにならないように工夫すると承認されやすくなります。また、書いた文章は投稿前に読み直して誤字脱字がない状態にすることも基本的なテクニックです。さらに、難しい文章を書こうとせずわかりやすい文章を心がけるのがポイントです。自分で書いたものを客観的に読み返して「わかりやすい」と感じられることが基本で、さらに想定読者に向けた内容になっているかを再度確認しましょう。書けるテーマを広げる努力も大切です。自分にまったく基礎知識がなくても、ネットを使えばほとんどのことが調べられます。その内容を理解した上で自分の言葉で書くようにすれば、どんなテーマでも書けるようになるでしょう。書けるテーマが多くなると、書ける案件がなくてスキマ時間が活かせないといった事態を避けることができ、安定して稼げるようになります。

副業でWebライターをやるなら長時間作業は避けた方がいい

副業でWebライターをやる場合には注意点もあります。それは、作業時間のコントロールです。最初のうちは慣れない作業ですので、短時間の作業であってもかなり疲れを感じるでしょう。しかし、慣れてきてスムーズに記事が作成できるようになると、面白くなってきます。記事が承認されるたびにお金を稼いでいる実感が得られるため、「もっともっと」と記事作成時間が長時間化する傾向があります。また、書ける案件があるうちに書いておきたいと考えて、集中して長時間作業する可能性もあるでしょう。しかし、長時間の作業は長い目でみるとデメリットが大きいといわれています。
人間の集中力には限界がありますが、短期間であれば限界に近い集中力を維持できます。しかし、集中した後は回復に時間がかかってしまうのです。例えば、昨日は集中して1日6時間やったけど、その後の数日は疲れてやる気が出ずまったく作業できなかったということになると長時間やることは逆効果です。1日だけ頑張って数千円稼ぐことはできますが、長期間にわたって月5万円を稼ごうと思ったら毎日少しずつ続けることが成功への近道です。
継続することによって文章力も上がってきます。サグーワークスではプラチナライターの制度も用意されています。ライティング力を確認するテストがありますが、テストにパスすると文字単価が一気に高くなり、月10万円以上稼ぐことも可能になります。まずは1記事から、そして長期間コツコツと継続して文字単価アップを目指しましょう。

サグーライティングプラチナ テストに挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サグーワークス
ライティングで在宅ワーク!
サグーワークスはWEB上で気軽にできるライティングのクラウドソーシングサービスです。様々な案件を在宅で好きな時間にできるので、あなたの都合に合わせた稼ぎ方ができます!また、実力が認められてプラチナライターになると、文字単価1円以上の案件も!いますぐ見に行く
ライター募集中