テーマだけの案件はどう対応したらいいの?

皆さんは「きっちり書く内容が決まっている案件」と「テーマだけ与えられる自由度が高い案件」とではどちらがお好きですか?仕事がはかどるのはパーツごとの文字数や書く内容まできっちりと指定されている案件なのかもしれませんが、私は自由度が高い案件の方が好きです。

でも聞くところによると、サグーワークスのタスク案件では、テーマしかない案件はどうも敬遠され気味で進捗が遅いのだとか。そこで、今回はテーマだけの案件を書くときの注意事項についてお話します。

単純にテーマの範囲に収まっていればよいのではない!

サグーライティングの「タスク案件」には、タイトルや小見出しがきちんと固定された案件が多いようですが、私が主に手掛けている「専属案件」の方は、テーマやキーワードしか決まっていないものがほとんどです。ですから、専属案件はタスク案件と比べると、書く内容についてはライターの裁量が認められている自由度が高いものが多いと言えます。

しかし、テーマに沿っていればどういった内容でも通るのかというと、決してそうではありません。少なくとも「テーマ」という縛りがあり、細かい条件も付けられているため、その条件に沿った内容を考え、記事を仕上げなければなりません。ですから、テーマだけしか決まっていない案件でも、決して自由課題ではないのです。

しかも、そこまで考えて記事を書いたにもかかわらず、たまに修正依頼がくることがあります。それはなぜなのか?テーマの捉え方がクライアントと違っていたからです。

修正依頼を受けると、一瞬「なぜ?テーマ通りに書いたのに」と思ってしまいますが、与えられたお題がかなりざっくりしていても、実はクライアントの頭の中には「このように書かせたい」というもっと範囲の狭い「テーマ」があるということです。
ですから、クライアントの頭の中にあるのがテーマのどの部分なのかを読み取って、その範囲で書くという作業が必要なのです。

クライアントの業種などから推測する

私が普段書いている専任案件では、あまりにもテーマが漠然としているようなときは、運営事務局にお願いしてクライアントが想定しているテーマの範囲をもっと細かく聞き出してもらうようにしています。しかし、タスク案件ではそこまでしにくいかもしれません。それなら、自分自身でできるやり方でクライアントの求めるテーマの範囲を調べてみましょう。

例えば、記事作成の注意事項や条件をよく読んで、クライアントがどういったサイトに記事を掲載しようとしているのか、想定読者はどんな人たちかといった点を調べ、与えられたテーマの中ではどんな内容の記事が欲しいと思われているかを考えてみてはどうでしょうか?そうすれば、自然とテーマの捉え方がわかってくるはずです。

読み手の立場で読みたい内容を考える

クライアントがどのような立場でサイトに記事を掲載するか、どんな人たちが読む記事なのかといった点がわかれば、どういったテーマの捉え方をすればよいかが見えてきます。そうしたら、次は読み手として読みたい内容について考えてみればよいでしょう。

例えば、同じ「美容」がテーマでも、夏場と冬場では読みたい記事の内容が異なります。また、「女性向けの美容記事」がテーマだとしても、読者層が20代の場合と40代の場合とで読みたい内容がまるで違います。ですから、テーマしか決まっていない場合でも、「自分が書きたい内容」を考えて記事を書くのではなく、「多くの人が読みたいと思う内容」を考えて書くことが大事です。

書き始める前に段落ごとの小見出しを作る

テーマしかない案件を書くときには、まず、タイトルと各段落の小見出しを作ってしまい、最終的に記事をどうまとめるか、落としどころを先に決めてしまうと書きやすくなります。それは、タイトルや小見出しが固定されている案件の方が書きやすいのと同じことです。自分でそこまでの作業を先にしておけば、後は小見出しが固定の案件と同じになります。

タイトルや小見出しが固定された案件はきちんと承認されるのに、テーマだけの案件となると非承認が増えるという人は、タイトルや小見出しのつけ方がクライアントの思っている方向と違っているのが非承認の原因なのかもしれません。ですから、クライアントの考えているテーマの範囲を正しく捉えられるようになって、それに合ったタイトルや小見出しを付けられるようになりさえすれば、承認率は飛躍的にアップするはずです。

▼サグーワークスの詳細チェックはこちらから!
468_60

こぶたのまとめ

  • テーマだけの案件もただテーマにそっていればOKというわけではない。
  • クライアントの頭の中にあるテーマをつかむことが大事。
  • クライアントがどんなサイトに掲載するかを考えて、想定読者層をつかむ。
  • 読者層が欲しがる内容を考えて、テーマの中身を絞っていく。
  • 書き始める前に自分で固定タイトルと小見出しを作る。

テーマを正しく捉えて、タイトルと小見出しを作れるようになれば、後はどんな案件も同じです。
 

この記事をシェアする

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 実は私もテーマだけの案件は苦手でした。その案件を敬遠していたと言っても過言ではありません。何を書いて欲しいのかをクライアントの業種から推測することまでは思いつきませんでした。バリバリ活躍しているライターさんがどれだけ苦労して一つの記事を書いているかがよくわかりました。
  • テーマだけの専門案件を依頼してくれたクライアントさんがどういう風に書いてほしいのかまでちゃんと細かい要求を読み取ってその要求に沿った文章を書けるレベルにまで私もなりたいなと思いました。注意事項まで丁寧に説明してくれて非常にためになりました。
  • クライアントと読者層が欲しがる内容をしっかり配慮して記事を書くというのは、意外と難しく自分も課題としてしっかり配慮しながら今後取り組んでいきたいです。また書き始める前に小見出しを用意するといったテクニックはすぐ実践したいなと思いました。
  • クライアントの希望や想定読者層を考え、テーマを掴んでいくのは難しそうだなと感じました。ですが、ライティングの仕事を続けていくためにも正しくテーマを捉え、クライアントが望む記事を書けるようにもっと勉強してみようと思います。
  • テーマに沿って自由に書くだけではなく、クライアントや読者の気持ちを考え、相手側の求めている内容を想定して文章を書くことが大事だと知りました。自分で固定タイトルと小見出しを作ることもブレずに文章を書くコツだなと思いました。
  • テーマ無しと言う案件は確かに敬遠しています。スラスラとは正直書けないというのが本音です。どこまで自由に書いて良いのか悩みますし、字数が多い事もあるので、非承認されたらと考えてしまうのです。そんな苦手意識を持っていますが、タイトルと小見出しを作ってしまうと言うのは良いアイデアだなと思いました。
  • サグーワークスでも書きにくいテーマだけの案件の対応方法とコツを学べて良かったです。小見出しを作る方法は今直ぐに出来そうなので、次回からやってみたいと感じました。記事を参考に承認率アップ目指して頑張りたいです。
  • 自分はテーマだけの案件は極力避けていました。どのように記事を書けばいいのかわからないですし、逆に指定をしてもらったほうがとても書きやすいものです。しかし、今回の記事を見て、テーマの案件の書き方を学んだので今後は挑戦しようと思います。
  • 文章を書くという仕事は、読む人の属性と共に、クライアントがどのような文章を欲しているのかも考えて書かないと承認されないという部分に、ライターとして求められているのはそれなのだと言われたように感じる記事でした。
  • テーマのみの案件はどう書いたらよいのかが難しいと感じていたため避けていたのですが、チャレンジしてみようと思います。どういう点を意識しながら書き始めていったらよいのかが、わかりやすくまとめられているので読みやすかったです。
ページトップへ戻る