専業プラチナライターも一人二役!ライターの割合が大きいだけ!

専業プラチナライターも一人二役!ライターの割合が大きいだけ!

今回は、こぶたの鉛筆スタッフさんから「うめこんさん、フリーライターとしての1日の過ごし方を教えてください!」と言われました。私は確かにフリーランスでライターをしていますが、基本的には他の主婦ライターさんとそれほど違わないような気がします。ただ、ライターの方の割合はかなり大きいかもしれません。せっかくのご指名ですから、私がどのような過ごし方をしているのかを書いてみます。

【うめこんで仕事をする日のスケジュール】

うめこんとして仕事をする日のスケジュールは次の通りです。
うめこんで仕事をする日のスケジュール

朝型だったのが夜型になってしまったのが悩み

毎日6時ごろに起きて

  • 朝食の支度
  • 子どもを起こす
  • 朝食を食べさせて子どもを学校に送り出す(自分も朝食を食べる)
  • 食事の後片付け
  • ゴミ出しなどをしてから洗濯機を回す

という一連の主婦業をします。

1年くらい前までは「5時ごろから1時間ウォーキングする」というのがあったのですが、すっかり夜型になってしまって朝型に戻せず、すっかり運動不足になっています。

少し話が横道にそれましたが、毎朝8時半ごろになったら、洗濯機を回している状態でパソコンの前に座ります。最初にメールの確認をして、次にサグーライティングプラチナのページを確認して、不明点や気になることがあるときはサグーワークスの運営事務局にメールか電話で連絡を入れます。仕事が専属案件ばかりで、しかも複数の仕事を並行して行っているため、毎朝仕事の優先順位を確認しなければならないのです。

どの順番に仕事をするかを決めたら仕事を開始しますが、たいていこのタイミングで洗濯機が止まるので、洗濯物を干します。

洗濯物を干し終わったら、午前中のライティング。一旦書き始めたら集中しますが、キリがついたら息抜きも兼ねて掃除をします。

 

お昼の休憩は取り忘れることもよくある!

12時ごろになったらお昼の休憩を取るようにしていますが、気がついたら14時過ぎということもよくあります。最近、パソコンの前の壁にテレビを取り付けてしまったので、ますますパソコンの前にいることが増え、お昼休みが短くなりました。

お昼ご飯を軽く食べたらまた夕方まで仕事をします。でも、どこかのタイミングで買い物に出ないと、晩ごはんの支度ができないので、キリが付いたところで買い物に出ます。

たまに、パソコン前での仕事に飽きたら、買い物ついでに資料とノートを持ってカフェで仕事をしてくることもあります。あくまでもパソコンに飽きたときなので、ノートパソコンではなく超アナログモードです。書評のための本を外で読んでくることもあります。

夕方はただの母親タイム!

17時か18時頃まで仕事をしたら、一旦ライターの時間は終了です。もちろん、急ぎの案件があるときは時間をずらして仕事をしますが、母親業もやっているので、夕方から21時頃までは母親タイムにしています。晩ごはんの支度をして、子どもと一緒に食事をして、後片付けをしたら、ゆっくりお茶を飲みながらテレビを見ます。子どもの習い事の送り迎えも母親タイムの仕事。どっちが息抜きかわかりませんが、とにかくメリハリのある生活にしています。

21時から0時…いや2時ごろまでまたまた仕事タイム!

夜は21時頃からまた仕事タイムです。すっかり夜型になったせいか、夜の方がはかどるので、ほぼ毎日0時ごろまでは仕事をしています。本を読んだり、資料を集めたりすることもありますが、何かしら仕事に関係することをやっている時間帯です。

一旦12時ごろにお風呂に入りに行きますが、出てきてからパソコンの前に座るとまた仕事をしてしまいます。そうなってしまうと、気がついたときには2時ごろになっていることが多いです。

仕事が詰まっているときは、外で朝刊を配るバイクの音がすることも。貫徹できる年ではなくなってきたので、最低でも2時間は寝ますが、締切だらけのときや大量に仕事が来たときは2時間睡眠が1週間や10日続くこともあります。私の場合、ライターが生業ですし、母親業もやめられないので24時間を一人二役で使っています。

プライベートタイムを半日作ってリフレッシュ!

ライターの仕事は好きでやっているし、母親業も嫌いではないので、意識してメリハリを付けないと一生懸命になりすぎてしまいます。そこで、ライター業の隙間時間で行っている家事は、できるだけ息抜きだと思ってするようにしています。

しかし、疲れてくるといろいろな面でマイナス思考になりがちですから、10日に1度くらいは、丸1日休めなくても、半日は仕事も家事も考えないでよい時間を作って自分の好きなことをするようにしています。映画を見に行くとか、マッサージ屋さんに行くとか、1人カラオケしてくるとかその程度ですが、いいリフレッシュになりますよ。

とまあ、私の1日はこのような感じです。主婦ライターさんとあまり変わりませんよね?ただ、私の場合はメインが家事ではなくライター業の方にあるというだけです。ですから、お子さんが生まれる前の方や、お子さんの手が離れた方なら、専業ライターにシフトするのは簡単かもしれません。

こぶたのまとめ

専業プラチナライターの1日は?

  • 毎日スケジュールの確認から始める!
  • 不明なことや気になることは運営事務局に直接確認!
  • 家事は隙間時間で息抜きとしてやる!
  • パソコン前に飽きたら外で仕事をする!
  • ある程度毎日の仕事時間は決めておく!

半日でも完全に自分だけの時間を作ってリフレッシュするのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • サグーワークスで月に何十万円も稼いだ実績のあるうめこんさんの一日のスケジュールを見れたのはとても良かったです。予想以上にライティングをしている時間が長くて驚きました。またこういったトップライターさんの記事を載せて欲しいと思います。
  • 1日の過ごし方を見て、プラチナライターの方も普通の主婦とかわらず主婦業をやられているのだな~と親近感が湧きました。ただ、ライター業に割く時間は普通より長いですし、専属案件などは締め切りや責任もあるでしょうし、あまり休む時間が無さそうで大変だなとも思いました。
  • プラチナライターの仕事に興味があったので、具体的なスケジュールが知れて興味深かったです。想像していたよりも、オンとオフのメリハリが有るんだと感じました。また、プラチナライターともなると勉強意欲も高いんだなと感心させられました。
  • ライティングに気を取られすぎて、プライベートタイムを忘れてしまうことがあります。記事にもあるように、休憩や自分だけの時間を作ることは大切だと改めて思いました。専属ライターではないですが、参考にしたいです。
  • 主婦業をしながらもライターとしても働いている方のスケジュールを拝見出来て「凄い」と思います。しかし、毎日が同じリズムにはならない事も書かれているので、どんな事でも切り替えが重要であると認識させられます。
  • 私は一応昼は仕事をしていますが、将来リタイアした場合はライターとして一人前になりたいと考えています。専業主婦の仕事の合間をうまく使っているというか、ライターの合間に息抜きで家事をするという考え方は素晴らしいと思います。やはりどんな仕事でもオンとオフの切り替えが大事だと思いました。
  • 専業プラチナライターさんの実際のスケジュールを拝見して上手に時間を活用して凄いなと感動しました。またしっかりとスケジュールを立ててリフレッシュの時間も忘れないなど継続するには様々な工夫することが必要なんだなと思いました。
  • プラチナライターでもトップクラスにいる、うめこんさんの話は面白くて参考になりました。サグーワークスだけで毎月数十万円を稼ぎ出す人は、やはり意識の持ち方が違うと感じます。家事と仕事の切り替え方、リフレッシュ方法など、すべてをお手本にしたいほどです。
  • 毎月高収入を得ているライターの方は、やはりそれだけ1日の中でライティングにかける時間も多く、自己管理が大変なのだとあらためて感じました。在宅ワークでまとまった収入を得るためには、プラチナライターの方でも仕事にかなりの時間を割いているのだと知った記事でした。
  • ライターの多くは主婦であったり別の仕事を持っていたりします。それぞれのライフスタイルにあわせた時間配分ってとても大事ですよね。主婦業、子育て、別の仕事など、全て「楽しみながらやる」という意識を工夫することが重要だと感じました。
ページトップへ戻る