パートと併用も可能!魅力的なライティングのお仕事をしよう!

はじめまして、パート社員としても、在宅ライターとしても働いているくまちびです。

いまやお仕事をしている主婦の方って多い時代ですよね。でもパートだけの収入では不安、他にも仕事を併用出来たらと考えている方も実は多いのでは?

そんな方におススメしたいのが在宅でも仕事ができる「ライティング」の仕事です。まずは私がどうやってパート仕事とライティングの仕事をしているか、簡単にご説明します。

なぜパート仕事とライティングの仕事もしているのか

私は普段「古本屋さんでのパート仕事」をしています。親せきが経営している古本屋さんであり、はじめは「お手伝い」のような形で手伝っていました。お仕事は楽で融通も利く。しかしそのぶん「お給料は大変安い」のが実情でした。

古本に関わるお仕事自体楽しく辞めたくありませんでしたが、給料は安く、生活費は稼げない…。そこで少しでも生活の足しになるよう、図書券などをもらえる「アンケート」の仕事をしていました。そのうちに少額でも稼げる「ライティングの仕事」をウェブ上で発見。挑戦していくうちにだんだんと長文も書けるようになり、今ではパート仕事を上回るお給料を稼げるようになりました。

パートの仕事を変えることなく、効率よく生活費を稼げる方法。「ライティングの仕事」は自分にとってまさに一石二鳥だったのです。

パート仕事とライティング、その一日を見てみよう

私の一日の流れはこんな感じです。
パート主婦1日のスケジュール

ライティングの仕事は家でいつでもできるので、つい「夜型」になりがちです。しかし夜間にパソコンを見る事で寝不足になってしまい、家事が疎かになったり家族にも迷惑をかけたりと反省することもよくありました。パートの仕事が午後ということもあり、そこであえて「午前中」にライティングの仕事を集中させることにしました。

なるべく早朝に起きて家事をやらないと、ライティングの仕事をすることが出来ない。そう行動することにより、以前はダラダラ行っていた家事も短縮することが出来ました。一見忙しそうに見えるパートとライティングの仕事の併用ですが、時間の使い方を覚えてしまえばそれほど負担はありません。

外で働くことにより、ライティングの仕事も効率アップ!?

パートの仕事より稼げるようになった現在、パートの仕事を辞めて家でずっとライティングの仕事をしていたほうが、きっと稼げるとも思います。

しかしライティングの仕事をしていて思うのは、どうしても「運動不足」になってしまうこと。またパソコンを見続けることによる眼精疲労や肩こりというのは、多くのライターさんが経験しているのでは? 家からあまり出ない生活というのは、健康面からみてもきっと良くないと思うのです。

適度に「外へ出て働く」事で、体を動かし、運動不足も多少防いでくれます。また「外に出て人と会う事」で、コミュニケーションスキルも身につき、ライティングに必要な情報を得る事もできます。最近はこうしたものが流行っている、ニュースでこんな事をやっていたなど。人と会話することで、ライティングの記事に参考になりそうな情報をゲットすることもあるのです。

また私の友人は在宅でWebデザインのお仕事をしていますが、半年でみるみるうちに太ってしまいました。家族以外会話することも無く、仕事が嫌になってしまったそうです。そのため週に一回「ボランティア活動」に出るようにして、外からの刺激を積極的に受けるようにしたそうです。社会のつながりを実感してからは自分の仕事に誇りを持ち、仕事の効率もはかどったと話していました。

もちろん「ライティング一本」でお仕事をしていく事も立派です。ただ適度に外に出ることにより、ライティングの仕事にも良い刺激が出る事もあります。

「他の仕事との併用」も可能なライティングの仕事。ライティングの仕事をすでに始めている人も、これからやろうと思っている人も、効率よいタイムスケジュールを考えてお互い頑張っていきましょうね。

こぶたのまとめ

パートとライティングの仕事を併用

  • パートで適度に「外へ出て働く」事ができ運動不足解消
  • パートで人とコミュニケーションをとることによりライティングに必要な情報を得る事ができる
  • 時間の使い方を覚えられる

パートのお仕事をしている方でもライティングのお仕事をして収入アップしてみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの感想文

この記事は役立ちましたか?
はい・・・10人 / いいえ・・・0人
  • 他の仕事と並行しながらライティングの仕事をするのには、自分の中でどうやって時間を使うかを考えて他のことも行わないといけないんだと思いました。家族以外のまわりの人とのかかわりも、ライティングをしていく中で大切だなと思いました。
  • 最近在宅でのお仕事を始めたばかりで時間の使い分けがまだうまくできていないのですが、きちんと予定を立てて、お仕事以外の時間もきちんと作ることも大切だなと思いました。そして、没頭してしまうと体を動かすことが減ってしまいますが、外に出ることも大切ですね。運動不足にも注意しなければと感じました。
  • とてもわかりやすくていいと思います。例えば、在宅のみだと人との出会いが少なくなりがち、など少しネガティブな文章も書いていて、いいところだけではなく、ここでは副業として息抜きをしながらできるという点など在宅ワークに魅力を感じる文章だと思います。
  • パートとライティングの両立について、午前の時間に作業することや、時間グラフで表示されることによって実際に両立できるイメージができました。また、ライティングのお仕事は家にひきこもりがちというイメージでしたが、外に出ることによって仕事効率もあがると分かり、お仕事に取り掛かりやすくなると思いました。
  • 外に出てアルバイトやパート、家の中で暇な時間に在宅のライターの仕事というのは気分も入れ換えることができますし、効率よく稼げそうでいいなと思いました。特にライターの仕事は人とのコミュニケーションが希薄になりがちですからね。
  • 大いに親近感を持てる記事でした。実は、私自身が在宅ワーク兼パート主婦と名乗っているからです。記事をお書きになったライターさんが古本屋さんでパートをされているところにも感銘しました。私は学校の図書事務をしています。また、午前中に夕食の下ごしらえをしておくところに共感しました。私も同じです。
  • 私も正社員として働きながら、ライティングの仕事をしています。正社員といっても低所得。ボーナスもないのですで貯金もままならないです。そこでライティングの仕事にネットで出会えて本当に感謝ですね。会社の昼休憩にもサックと稼ぐことができます。
  • ただ家にこもってライティングをやるだけでは、書くことも尽きてしまいます。なので、外へ出て情報を得たり自分が見たり体験するなど、積極的に刺激を受けることで、書く内容にボリュームを持たせる要点になることを学びました。
  • わたしは、学生のとき、授業やサークル活動もしていましたが、合間の時間にアルバイトをしていました。しかし、なかなか上手く時間を使えず十分に稼ぐことができませんでした。在宅でできるライティングの仕事があると、隙間時間を活用してできるので、学生や主婦にとって、とても便利であると思います。
  • 子供が小学生になったら、まさにパートとライティングの両立を考えていたので、大変参考になりました。記事の通り、現在は夜に集中的にライティングをしているので、寝不足気味です。時間を組み替えてチャレンジしてみようかなぁと思いました。
ページトップへ戻る