副業は会社にバレるのか?こっそり副収入を得たい人が押さえるべきポイント

副業は会社にバレるのか?こっそり副収入を得たい人が押さえるべきポイント

「働き方改革」の影響で、従業員の副業を許可するようになった企業は少なくありません。しかし、相変わらず多くの企業が副業を禁止にしたままです。家計を楽にするために副収入を得たくても、会社にバレる恐れがあるならなかなか副業には踏み切れないでしょう。

ただし、会社に秘密のまま副業をこっそり続ける方法もあります。この記事では、副業が会社に見つかってしまう原因や、会社にバレない副業の種類について解説していきます。

そもそも副業はいけないこと?法的に違反でないのに禁止される職場も

そもそも日本国憲法では22条第1項で「職業選択の自由」を認めています。これに照らし合わせれば、誰がどんな仕事を掛け持ちしようと法律には違反しません。しかも、2018年1月には「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が厚生労働省から発表されました。それ以降、副業を認める会社、組織は増えています。法的には、副業をしてもまったく問題ないといえるでしょう。

しかし、いまだに副業禁止の職場がなくならないのは、本業に支障をきたすリスクも無視できないからです。こうした会社は就業規則内にはっきりと、副業禁止の旨を記載しています。

また、働き方改革の影響で状況は変わっているとはいえ、国家公務員の多くも副業を禁止されています。公務員は社会的信用が大切な職業であるうえ、取り扱う情報の守秘義務も生じるからです。気軽に仕事を掛け持ちすると、地域住民からの心象を悪くしてしまうでしょう。つまり、すべての職場が全面的に副業を解禁しているとは言いがたい状況が続いているのです。

秘密にするのは難しい!副業が会社にバレる理由

こっそり副業をすれば会社にバレることはないと思う人もいるでしょう。もちろん、ごくたまに少しだけ副業をするなら、会社に隠し通せる可能性はあります。しかし、生活を支えるレベルの副収入を得るつもりなら、会社に気づかれないまま続けるのはほぼ不可能です。副業の時間が長くなると体力的、精神的に苦しいため、様子がおかしいと周囲に勘付かれだします。また、うっかり同僚に副業の話をしてしまい、噂が広まることもありえるでしょう。

何より、住民税が会社に通達されたときに副業はバレてしまいます。副業の収入が年間20万円を超えると、会社員でもその分を自ら確定申告しなければいけません。すると、本業の収入に副収入が加算され、役所で住民税が計算されます。そして、住民税が増えたと会社に連絡されるため、この時点で「会社以外に収入源がある」と判明するのです。

ちなみに、確定申告を省くのは脱税にあたるので国からの調査が入ります。どのみち副業を秘密にすることはできません。

罰や左遷もある?副業が会社にバレたときはどうなるのか

就業規則に反して副業を行っていた場合でも、明確にペナルティを設定している会社は少数派です。とはいえ、ペナルティがないわけではありません。副業の内容に応じて、処分が言い渡されるリスクは非常に高いでしょう。

たとえば、副業を長期間続けていたとバレたら、それだけ本業が片手間になっていたことを意味します。上層部からの厳重注意は避けられないでしょう。停職や減給、ひどいときには免職や解雇になってもおかしくありません。

たとえ注意だけで終わったとしても、安心とはいえない状況です。上層部からすれば、副業をしていたこと以上に「会社のルールを守れなかった事実」を問題視します。そんな社員に重大な仕事を任せられないと考える上司も当然出てくるでしょう。その結果、人事評価に大きく傷がつき、出世や昇給から見放されることもありえます。上司に睨まれながら会社で働くのは、なんとも肩身の狭い毎日になってしまいます。

会社にバレずに副業をする方法!コツはクラウドソーシングにアリ

副業だけで年収20万円以上稼いだとしても、会社にバレない方法はあります。まず、「経費で相殺すること」です。確定申告では収入から経費を差し引き、納税額を算出します。つまり、副収入が高くても経費も一緒に申告すれば、住民税は変動しません。パソコンを使った副業なら本体の費用に加え、サプライ品や通信費なども経費に計上できます。会社バレ対策にはぴったりでしょう。

そのほか、会社から税金を納めてもらう「特別徴収」を個人で収める「普通徴収」に変えるのもひとつのやり方です。確定申告時に普通徴収を選択すれば、役所から会社に連絡は行きません。自分で納税する手間は増えるものの、会社にバレる危険は格段に少なくなります。

そして、会社に違和感を持たれないよう「体力的、時間的に楽な副業をする」ようにしましょう。サグーワークスをはじめとしたクラウドソーシングなら、空き時間で好きな分量をこなせます。負担にならない程度で毎日コツコツ続けられるので、本業への影響は少ないでしょう。

▼マイペースに自宅でライターの副業♪
サグーワークスの詳細と無料ライター登録はこちらから
468_60

こぶたのまとめ

副業がバレない方法

  • 経費で収入を相殺する
  • 住民税の納税方法を普通徴収にする
  • 楽な副業を選ぶ

サグーワークスなら負担にならず、会社にバレない副業を続けられます。

この記事をシェアする

ページトップへ戻る