在宅で経理の仕事がしたい!探し方や働き方について解説

在宅で経理の仕事がしたい!探し方や働き方について解説

「在宅ワーク」や「テレワーク」といった言葉が定着してくるとともに、自宅でできる仕事の幅も広がりつつあります。副業で将来に備えたい場合や、子育てや介護など家庭の事情で働きに出るのが難しいケースなど、在宅で働くことを選択する理由はさまざまですが、仕事の選び方には「自分の経験や知識を活かす」という考え方が主流となっているようです。

今回は経理関係の実務経験がある人や資格を保有している人が、その経験や知識を活かして在宅で働くことはできるのかという内容について紹介していきます。

在宅ワークの仕事に経理はあるのか?

在宅ワークには記事作成やwebデザイン、データ入力などさまざまな仕事があります。経理業務も例外ではなく、経理代行という在宅ワークをしてくれる人を求めている企業や個人が多数存在しています。在宅ワークはオンライン上でやり取りできることが前提になる分野であれば、比較的簡単に実現可能です。経理業務についても、基本的にはパソコンを使っての作業となるので、在宅でする仕事としては相性がよいということができるでしょう。

在宅ワークは自宅で働くという大原則があるので、結婚やパートナーの転勤といったライフイベントによる影響がより小さく、自分の時間に合わせて働けるのがメリットです。さらに、これまでの経験やスキルを活かして活躍することができれば、日常生活を充実させたり、自分に自信を持つことができたりするのも魅力ではないでしょうか。

経理の仕事はどうやって探せばいい?仕事の種類は?

在宅でできる経理の仕事を探す主な方法は2つです。1つはクラウドソーシングサイトで探す方法、もう1つはindeedなどの求人情報サイトで探す方法です。インターネットで検索してみると、在宅での経理の仕事はたくさんあることがわかります。具体的には、伝票整理、仕訳入力や勘定科目の確認といった記帳代行、請求書の管理・発行、確定申告手続きのフォローといったものです。実務を経験してきた人にとって記帳や伝票の管理は基本的なことかもしれませんが、人手が足りない事務所や経理業務に不慣れな人にとっては、こうした仕事ができる人の存在は力強い味方となります。

経理業務は案件が豊富で報酬もさまざまなので、事前にどのくらいの時間働きたいのか、どの程度稼ぎたいのかをイメージしておいたほうが、選択肢を絞り込みやすいです。また、自分がこれまで経験してきた仕事内容や、現在持っている知識や資格と照らし合わせて仕事を選べば、よりスムーズに仕事を始められます。経理業務はビジネスをする上で欠かせない事務作業ですから、クライアントとの相性が良ければ継続して仕事をお願いしてもらえる可能性があり、在宅でも収入の目安を立てやすいのが利点です。

在宅での経理業務はどんな働き方になるのか?

在宅で経理の仕事をする場合、働き方のスタイルは大きく分けて2つあります。1つは税理士事務所や会計事務所に所属して、割り振られた仕事をこなしていくパターンです。税理士事務所や会計事務所を個人で経営する人にとって、経理の実務経験者は貴重な存在となります。求人募集を出しても問い合わせがない、思うような人材に出会えないといった問題を抱えている場合があるからです。

現代はチャットやGoogle Appsなどのツールを使えば、業務上のやり取りはオンラインで簡単にできるので、仕事をしっかりこなしてくれる実務経験者であれば住所は問わないという求人が豊富にあります。勤務日数や時間は仕事によるので、自分のライフスタイルに合うかどうか確認しながら探すとよさそうです。

もう1つは自分で経理の仕事を受注して仕事をしていくパターンです。たとえば、個人事業主やフリーランスという働き方をしている人たちの中には、レシート1枚の記帳で悩んでしまうという人もいます。仕訳の仕方がわからない、勘定科目がわからないといった日常的な疑問から、確定申告書の書き方や手続きの仕方はどうなっているのかなど、専門家に相談したくなることもあります。

また、会計ソフトを導入しても、会計ソフトの使い方自体がよくわからなくて記帳が続かないという人もいるようです。

そうした問題を抱えている人たちにとって、経理業務を引き受けてくれる人はありがたい存在です。クラウドソーシングサイトには経理業務代行の案件が豊富にあるので、より自由な働き方をしたい人は自分のペースに合わせて案件を受注するという方法が合っているかもしれません。

視野を広げると「経理の知識・経験」を活かした他の選択肢も見えてくる!

現代は個人の経験やスキルを活かして自由に働ける時代ですから、少し視野を広げることで新しいチャンスを見つけることもできます。場合によっては経理にこだわらずとも、経理の知識・経験を活かしつつ、新たな分野に挑戦するといったことも可能です。

例えば、経理の知識を分かりやすく人に教えるといった仕事というものも存在します。具体的には、webライターとして経理関係の記事を書くといった仕事がこれにあたります。

一見すると、経理と記事作成は共通点がなさそうですが、実はそんなことはありません。記事作成の案件の中には、経理や会計の知識を必要とするものが豊富に存在するからです。たとえば、税金の仕組みや確定申告の仕方をわかりやすく解説するといった内容の記事を依頼されることがあります。経理の経験やスキルがあるということは、もともと専門知識を持っているということですから、より説得力のある記事を作成することができるのではないでしょうか。

また、webライターとして経理関連の記事の執筆をしているうちに、自分の好きな分野を執筆する機会に出会えたり、新たに興味をもった分野に挑戦したりと、より仕事の幅を広げることもできます。したがって、あまり最初から分野を絞り込みすぎずに、自分の経験やスキル、好きなことを活かすという視点で仕事探してみると、新しい発見ができるかもしれません。

▼どんな仕事があるかまずは確かめてみて、短文の案件から挑戦してみませんか?
詳細チェックと無料ライター登録はこちらから
468_60

こぶたのまとめ

在宅で経理の仕事はできるか?

  • 経理は在宅でできる
  • 記帳代行のなどの仕事がある
  • 働き方も選べる
  • 経験を活かしてwebライターもできる

知識や経験を活かすことで、在宅ワークを充実させることができる。

この記事をシェアする

ページトップへ戻る