世の中うまくいかないことばかり…そんな時に心技体を整えて効率的にライティングを進める3つの方法とは?

世の中うまくいかないことばかり…そんな時に心技体を整えて効率的にライティングを進める3つの方法とは?

日々生活をしていると思わぬトラブルや心身の不調に見舞われて思い通りに物事が進まないということがあります。ライターの場合、一般的な会社員と違って上司などの強制力が働きにくいことが多いでしょう。そのため、うまくいかないときであっても自分自身で気持ちを高めたりメンタルコントロールをしなければ仕事がはかどらず、記事のクオリティが下がってしまったり納期に遅れてしまうといった事態に陥りかねません。

そういった事態を防ぐためには心身をリフレッシュして切り替える方法をいくつか用意しておくことが有効です。これから紹介する方法は実際に試して有効だと感じたものばかりですので、自分に合ったものを取り入れてライターとしての生産性を高めていきましょう。

心を整えるには10分程度の〇〇が有効!

まず、心技体のうち心を整える方法から考えましょう。一番手っ取り早く、かつ効果が高いと思われるのは瞑想を取り入れることです。

瞑想を行うために必要なものはありません。目を閉じて、自分の呼吸に全意識を集中するだけです。たったそれだけですが、10分間瞑想を続けた後は自分の頭がクリアになっていることが感じられるでしょう。

こう書くと簡単に思えるかもしれませんが、実際に試してみると10分間呼吸に意識を向け続けることが意外と難しいと感じられるかもしれません。無意識のうちに意識が今抱えている問題ごとや仕事、興味のあることに移ってしまいがちです。しかし、そのことに気づいても途中で瞑想を中断せず、再度呼吸に意識を向けて瞑想を続けるといいでしょう。

瞑想は大手IT企業でも採用されるくらい効果の高いリフレッシュ方法です。もし、精神的に不安定だったり不調でライティングが進まないというときは思い切って作業の手を止めて10分程度の瞑想をしてみるといいでしょう。

参考元URL:
Google推奨の瞑想「マインドフルネス」って何だ? | ZUU online

体を整えるには実際に体を動かすのが一番!

ライターは肉体労働ではありませんが、身体的な不調を抱えると仕事が効率的に進められなくなってしまいます。また、日々の生活を送る上でも体の不調は深刻な影響を及ぼすかもしれません。そのため、体をきちんと整えることは重要です。体を整える方法としては運動によって自分の体を動かすのがいいでしょう。どういった運動がいいかはその人の考え方にもよりますが、ライターが取り入れやすいものとしてウォーキングと筋トレがおすすめです。

ウォーキングは体への負担が少ない有酸素運動という点の他に、歩きながらいろいろ考えられる点がライターに向いています。記事の構成や企画案などを考えるときに、デスクで考え続けてもアイデアが浮かばずに困ってしまったことはありませんか。そういったときは思い切ってデスクを離れ、ウォーキングをしましょう。国内外の作家でもウォーキングをしている途中にアイデアがひらめいたという事例はたくさんあります。

筋トレは、わずかな時間で自宅でもできる点が魅力です。ちょっとした気分転換としてウォーキングをするのもいいですが、時間がかかってしまいます。その点、筋トレであれば自宅で手軽にできます。腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの簡単な種目を2セットくらいすれば10分程度で程よく体を動かせるのでリフレッシュできるでしょう。

ライターはデスクワークがメインになりやすく、意識しないと運動不足に陥りがちです。運動不足が健康に悪影響を及ぼし、生活習慣病に繋がることは知られています。自身の健康のために、そしてライティング活動を効率的に進めるためにも自分に合った運動を積極的に取り入れるといいでしょう。

技を高めるには挑戦心が欠かせない!

ライターとして活動していると、自身のライティングスキルの向上に行き詰まりを感じる、スランプのような時期があるかもしれません。スランプ期に入るとライターとして活動する気分が高まらず、仕事に集中できなくなってしまいがちです。そのため、心身が整っていても、スキル面で不調を感じる場合にもきちんと対策を取る必要があります。スキル面を整え、向上させるにはとにかくスキルアップへの挑戦心、モチベーションを持ち続けることが重要です。

そうした意識を持ち続けるためには積極的に技術の高さが求められる環境に身を置くことが有効でしょう。例えば、プラチナライター試験に挑戦しようとすれば、おのずと高いライティングスキルが求められます。試験に合格すれば自身のライティングスキルへの自信を深められる上に収入アップも見込めるため、モチベーションを高める方法としては適しているでしょう。すでにプラチナライターとして活動している場合は、今までの自分の記事のポートフォリオを作成するのも方法の一つです。今までの実績を振り返ることで自分のスキルへの自信を深めるとともに、新しく挑戦したい分野が見つかるなど、これからの活動のヒントが見つかるかもしれません。

ライティングスキルを高める難しさの一つに、明確なゴールが見つけにくいという点が挙げられます。そのため、途中でモチベーションが下がってしまうライターもいることでしょう。そうした人は、積極的に挑戦の場を探しに行き、現状打破を図るのが有効です。

こぶたのまとめ

  • 心を整えるには10分程度の瞑想が有効
  • 体を整えるには自分に合った運動を取り入れる
  • 技(スキル)を整えるには新しいことに挑戦したり今までの実績を振り返る
ページトップへ戻る