ライター活動応援企画!信頼できるデータをジャンルごとにまとめて紹介

ライター活動応援企画!信頼できるデータをジャンルごとにまとめて紹介

ライター活動を行ううえでもっとも大切なのが、情報収集能力です。信頼できるデータをどれほど手に入れることができるかで、記事の質や信頼性が変わってきます。しかし、慣れないうちは、どこにどんなデータがあるのかわからずに困ってしまうことも多いのではないでしょうか。

情報収集を行うだけで何時間もかかってしまうと、収入にも影響が出てしまいます。なるべく素早く、かつ正確なデータを入手するためには、信頼のおけるデータを提供してくれる官公庁のサイトや大手企業、リサーチ会社などのサイトを活用することが大切です。

そこで今回は、ライター活動をするうえで欠かせない信頼できるデータの入手サイトを紹介します。

美容系記事を書くならここ!信頼のおけるデータを探せ!

美容系の記事を書くときにおすすめのサイトが、リクルートライフスタイルが運営する「ホットペッパービューティーアカデミー」です。

ホットペッパービューティーアカデミーは、学びの機会の提供と調査・研究を行う機関として設立し、調査結果や研究結果などを無料提供しています。男女の美容サロン利用に関する定点調査や業界別の意識調査の結果など、幅広いデータを一度に閲覧できるのも魅力です。

幅広い美容情報を得たいときに参考にしたいのが、リッチメディアが運営する「スキンケア大学」です。スキンケア大学はドクターをはじめとした美の専門家が多数協力しており、医学的根拠に基づいた情報や専門的知見からのアドバイスなどを参考にすることができます。女性向けの情報はもとより、男性のスキンケアに対するアドバイスなども参考にできるため、美容記事を書くときの必須サイトといえるでしょう。

実際の使用者の意見や人気の商品などを参考にしたいときに活躍するのが、小学館が発行する美容専門雑誌として人気の「美的」が運営する「美的.com」です。美容専門誌と連動した独自の記事を毎日更新しており、最新の美容情報を入手することができます。スキンケアやメイクアップの悩み、流行りのダイエット方法など、読者に関心の高い情報を得ることができ、記事作りの参考になります。

転職系(働き方系)記事の執筆に欠かせないサイトは?

転職系(働き方系)の記事を執筆するときに注意することは、常に最新の情報を入手することです。企業は毎年必ず決算報告などを出しているので、最新の情報を参考にして、業界全体の景気やニーズなどを読み解くことが大切です。

企業の業績をひと目でわかるように集約してある「会社四季報ONLINE」を参考にして業績や株価の値動きなどをチェックし、今のトレンドを探るようにしましょう。日本経済全体を意識して常にアンテナを張り、各業界の景気を読み解くことで、より良い就職先を探したいと考えている人にとって有益な情報を提供することが可能になります。

年収の高い企業や働きやすい企業の情報など、就職の際にすぐに役立つデータを提供してくれるのが「調査のチカラ」です。正社員の情報だけでなく、アルバイトやパート、女性の働き方など、幅広いジャンルの情報を集めることが可能です。就職活動に関する記事を書くときはぜひ参考にしてみてください。

実際の求人情報を見ながら記事を書くなら、リクルートの主催する求人情報サイトの「リクナビ」がおすすめです。学生のためのインターンシップや就職準備情報も豊富で、就職活動に役立つコンテンツなども豊富にそろっています。社会人のための転職情報と合わせて、旬の情報をゲットしましょう。

マネー系記事は基礎知識が大切!官公庁のホームページを活用して知識の底上げをしよう

マネー系記事を書くとき、まず確認しておきたいサイトが金融庁のホームページです。マネー系記事を書くときは、法律的な観点から確認しなければならないことも多くあるため、公共のサイトを通じて一つ一つ丁寧に確認していきましょう。

次に確認しておきたいのが、全国銀行協会のサイトです。銀行で口座を作りたいときやカードを作りたいときの本人確認書類の種類なども詳しく明記されており、さまざまな金融商品の知識吸収に役立ちます。普段の生活においても役立つサイトなので、一度目を通しておくと便利です。

もうひとつ知っておきたいのが、消費者庁のサイトです。消費者庁は消費生活の安心のために政策を行う省庁で、消費者契約法の周知活動や消費者庁調査、特定商取引などの取り締まりを行っています。健全な事業運営のための知識や法律について知ることができるほか、暮らしに役立つ知識や法律も知ることができ、マネー系記事で法律やデータに基づいた記事を書くときには欠かせないサイトです。消費者の立場からの記事を書かなければいけないとき、どのような法律が守ってくるのかを具体的に知ることができます。

参考にするときは信頼性の高いサイトを選ぼう

これまで取り上げてきたサイトはほんの一例ですが、どれも信頼性の高いサイトです。情報収集を行うときは、信頼性の高いサイトをどれだけ知っているかがポイントとなります。まずは官公庁の運営する公的なサイト、次に大手企業が運営するサイトや各種専門家が運営するサイトを選ぶようにしましょう。

▼様々な分野の記事を執筆できる!
サグーワークスの詳細と無料ライター登録はこちらから
468_60

こぶたのまとめ

参考サイトの選び方

  • 官公庁のサイトを優先
  • 信頼できる大手企業のサイトをチョイス
  • リサーチ会社を活用する

情報を制するものが記事を制する。

ページトップへ戻る